« 調査に踏み切る(その�@) | トップページ | 調査に踏み切る(その�B) »

2009年9月29日 (火)

調査に踏み切る(その�A)

 今日も時間がありませんので、ちゃちゃっと書き上げて現場に行かなくてはいけません。全くもう、何でこんなに時間がないのでしょうか。

B1

 これが武蔵境駅から東京方向への1番目。武蔵小金井駅のところと並んで開かずの踏切として名高い『五宿踏切』です。向こうに茶色い建物が見えますが、あれが『踏切パン』です。本当はフランス語の店名だけど、たぶんみんな『踏切のパン屋』と呼んでいる。実はそれで正しいらしいのだけど。

B2

 その踏切パンの前あたりから見た『五宿踏切』。もー、ごちゃごちゃ煩いったらありゃしない。鉄ヲタでなければ許し難い光景です。まぁこーゆう黄と黒のモノも全部なくなってしまうワケなのですが……。そう考えると寂しい……。

B3

 しかし踏切の向こうには北口から出てくるバスの通る道路があって、ここには信号が付かないと非常に都合が悪いことになります。この道を横断して駅に向かう人も少なくはありません。

B4

 五宿からちょっと三鷹方面に行くと地下道があります。五宿がマヂ開かずになった場合には遮断機を潜らないでこっちを通れと書かれています。高架になったら無用になりますが、放っておくと良からぬことが起こりそうだから閉鎖でしょうか?

B5

 次に現れるのがこの踏切です。これは結構有名。

B6

 何やらコンクリートの柱が不気味ですが、この踏切は出るそうです

 ジーパンを履いた足だけが遮断機を通って行くところが監視カメラに写っただの、いろいろ逸話があるそうですが。私はあまり感じません。何か『化物語』ってアニメのエピソードにも登場したらしい。

B7

 反対側にもポールが立っていて、自転車が通るのに非常に邪魔です。「ポールに注意」って書かれても、そんな危険なモノなら取っ払っちまえって黄がします。

B8

 この踏切がなくなったら、ここに憑いてらした方々はどうするのでしょうかね?

B9

 そう言えば、緊急ボタンの付近にはこの『ちゅうおうほん(以下略)』って掲示板が全部の箇所に付いていますが、何でこんな表記なのでしょうか?

B10

 ご覧の通り、自転車の通行が非常に多いのですが、皆さん苦労なさってます。

B11

 ここが中央線の一番東側にある踏切でして、この先は三鷹の電車区。あとは全部上下線高架になっています。この先にも中央線の名物がありますので、ついでですからちょっと見ていきましょう。

 また続く

« 調査に踏み切る(その�@) | トップページ | 調査に踏み切る(その�B) »

ヲタな話」カテゴリの記事

街情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735949

この記事へのトラックバック一覧です: 調査に踏み切る(その�A):

« 調査に踏み切る(その�@) | トップページ | 調査に踏み切る(その�B) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック