« 臭気判定士的体臭チェックの方法 | トップページ | 最も危険な場所に呼ばれる »

2009年9月16日 (水)

Bacillus Head

 女房がスーパーで見つけてきまして。

Dai1

 新潟で買った『ロシアパン』みたいですが、砂糖コーティングの量が少ないような気がします。

Dai2

 しかし何せこのサイズ。1回に4分の1くらいしか食べられません。牛乳なしでイッキ食いしようとしたら相当苦しいかも。しかし安くて量があるので人気らしいです。

 新型インフルがひたひたと近寄って来ていまして。事務の女性のマンションでも、どこかの家のお子さんが感染したらしいです。

 ウチのマンションの場合お年寄りが多いから危険だな。共用部のドアノブとかエレベーターのボタンとか、消毒するように頼んでおこうかな。

En

 何せこっちには対菌対ウィルスには強力な武器があります。

 そう言えばこれ。細菌……、じゃなくて最近話題になったマンションの共用部エアコンのニオイを見事に消しました。

 ず〜っと掃除していないエアコンだったので翌日にはまたニオイが出てしまったそうですが、定期的に使っていれば除去できると思います。元は医療用なのでちょっと高いのが辛いところですが。

 菌と言えば。アメリカでの話ですが『シャワーヘッドは細菌の巣窟』だそうです(GiGAZINE→AFP)。

 向こうの水道水がヤヴァ過ぎなのか世界共通の問題なのか判りませんが、『特に妊婦やお年寄り、ほかの疾患などで免疫力が低下した人に、トリ型結核菌による肺疾患リスクが高いことが分かった(記事より)』だそうで、これわ新型インフルと一緒だな。

 ウチではシャワーヘッドの水カビ除去も兼ねて、月に1回程度シャワーヘッドをハイター浸しにしています。これは特に浄水フィルター入りシャワーヘッドで、フィルター交換を怠っている場合に起こりやすい問題なのではないかと。

 水道用のナノチューブフィルターも、塩素まで取ってしまうものだから浄化後の水が浄水器の内部に溜まっていると、夏場なんかは細菌がどんどん繁殖するらしい。こっちはそのまま流せば問題はないのだけど、シャワーの場合は細菌たっぷりの飛沫が飛び散ってしまうんだならばQ)。存在するかどうかも不明なマイナスイオンなんて問題じゃありません。

« 臭気判定士的体臭チェックの方法 | トップページ | 最も危険な場所に呼ばれる »

住まいトラブル/災害」カテゴリの記事

コメント

シャワーヘッドで塩素を除去するフィルターがついているようなものがありますが、
あれは、塩素を取った後の水をシャワーヘッド内部に長々と停滞させておくことにはならないんでしょうかね。

水道水シャワーで皮膚から塩素を取ると癌になる!!なんていう広告もよく見かけますが
細菌シャワーとどちらがいいのか。。。

とりあえず、家の掃除をサボっているシャワーで試験してみようかな。

我が家でもシャワーヘッドをハイターに付けてます。
黒カビさんがいらっしゃるときがあるので。(苦笑)
我が家はボロ家なので、カビだらけです。

最近、消毒液としてハサップアクアを使っております。
ちゃんと除菌されているか否かは目に見えないので、効果のほどはわかりませんが、「効いている!」という自己暗示をプラスして新型フルーと戦おうと思います。(なんとなく間違っている気がしますが。)

moako様

どうもです。
お子ちゃまはお元気でしょうか?
何らかのかたちで「細菌を取り入れてしまう」っての、考えて
みればごく当たり前な気がするのですが。それが危険なこと
となってしまうのは、細菌が強力になったからでしょうか?
それとも人間が弱ってきたからでしょうかねぇ?

がらさん

毎度どうもです。
「ハサップアクア」ですか?
え〜と(調べちう)。
おお。pH調整次亜ですな。これは確かに効きます。
以前に何かの展示会でこんな製品の説明を聞いていたら
液じゃなくて製造機(1千万円)を買ってくれと言われて
サイナラしたことがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735935

この記事へのトラックバック一覧です: Bacillus Head:

« 臭気判定士的体臭チェックの方法 | トップページ | 最も危険な場所に呼ばれる »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック