« レールスター | トップページ | 調査に踏み切る(その�A) »

2009年9月28日 (月)

調査に踏み切る(その�@)

 昨日『12月5日に中央線上りも高架化』と書いたら、「……ってコトわ、踏切がなくなっちゃうじゃん」と気がつきました。踏切こそは子供を含めた鉄男子(女子)の萌え基本です。

1

 昨日の記事を書き終えると、急いで自転車に乗って武蔵野市の踏切巡礼に出かけて参りました。

 線路の高架移設が終わると、いよいよこのタワークレーンズもお仕事開始なんだな。『地下鉄の電車はどこから入れたの?』なんて昔の漫才にありましたが、まさかこれで電車を高架線に載せるんじゃないよな。

2

 まず『天文台踏切』です。高架工事と道路整備が終わると、どうやらこっちが南北を繋ぐメイン道路になるらしいです。

3

 ホームの端まで10mもありません。ここからダイブしてホームの近くまですっ飛ばされた方もいたそうですが、もうムリですな。

4

 南側から見たところ。ガード下の薄暗さが気になるところですが、どう対応するのでしょう? 突き当たりは三鷹と小金井に繋がる東西方向の道路。武蔵境限定で「温泉通り」と呼ばれます。銭湯があるからってソレはないでしょと思いますが。

5

 まず西(八王子方向)に向かって『境西踏切』。ご覧の通り歩行者専用です。

6

 西武線と中央線下りがあった部分がそのまま工事部分で残っていますので、道幅に比べてやたらと長い。あっ、旧型だ。これも今度の改正で全車引退らしい。

7

 ここの上には西武多摩川線と中央本線間の『渡り線』があります。鉄ヲタ以外には何のことだか判りませんが。

8

 『山中踏切』南から北への一方通行です。ここも拡張する計画のようですが、踏切から先の土地収用がぜんぜんできていません。

9

 南側から見たところ。踏切の先に『止まれ』の標識がありますが、見落とすドライバーが多くお巡りさんの良い点数稼ぎポイントになっています。特に土日。

10

 『西原踏切』線路脇の木造家屋が良いカンジです。ここも歩行者専用。

11

 すぐ南側には地上に降りたばかりの西武線の踏切があります。

12

 北側から来ると、唐突に踏切が立ちふさがっています。この先道路をどうするつもりなのか、想像もつきません。この先にはもういっこ歩行者専用踏切がありますが、そこはもう小金井市。明日は開かずの踏切として名高かった『五宿踏切』から東側の調査レポートです。

« レールスター | トップページ | 調査に踏み切る(その�A) »

ヲタな話」カテゴリの記事

街情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735948

この記事へのトラックバック一覧です: 調査に踏み切る(その�@):

« レールスター | トップページ | 調査に踏み切る(その�A) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック