« 日経住まいのリフォーム博2009 | トップページ | 侮りがたい学生の町 »

2009年9月25日 (金)

奥へお詰め下さ〜い

 気がついてみれば、2005年9月15日から書き始めてもう5年が過ぎてしまいました。1500本も記事書いちゃったよ。

 しかし別に気負いも何もなく、日課に近い気分で書いておりますので今日もテケトーに書き始める。『日経住まいのリフォーム展』の書き残しネタもあるし。

Nik1

 このような無料イベントに来場する客の務めとしてアンケートがあります。主催者や企業のやる気を維持してもらうためにできるだけ協力します。……何かくれるアンケートには。

Rai1

 排水管のライナー補修(マルナカ)、こんな形状でもできるんだ。

Rai2

 ライナー(管の内側に貼り付いて樹脂のベースになる布チューブ)と施工管の見本。内径80だと1.5ミリくらいの厚さになるらしい。これ『普通盛り』なんだろうな。

Nik2

 「お!」と思ったのがこれ駐輪スライドラックシステム(日本鉄構建設工業)。

Nik3

 自転車を乗せたラックが「すい〜」と横にスライドして簡単に幅詰めできます。4〜5台一緒に軽く動きます。説明では2〜30台でも片手で動かせるそうです。

Nik4

 機械式駐輪場と言いますと奥にあるような立体が多いですが、あれはお年寄りには敬遠されてしまいます。安全と解っていてもちょっと不安があります、数秒だけど斜めになった自転車を支えなくちゃいけないし。

Nik5

 100台分だと100万円〜150万円だそうだ。リーズナブルなラックだと良く見るこんなupwardleftのがあります。1セット7,350円(税込送料工事費別)4台分です。

 固定式だと自転車間のピッチは45センチ、これがスライド式だと一気に20センチ。半分以下になります。つまり駐輪場スペースが半分になる!

Nik6

 何が良いかって言いますと。これupwardrightが現在のウチの駐輪場。ここに写っているだけで約60台。左右でレーンの長さが違いますが、まあ10m以上はあります。つまり約20mに60台止まっている。

 これをスライド式にすると、左右に壁があってハンドル幅分のデッドスペースができたとしても最小限の5.4mのユニットに20台が置けて楽に出し入れができます。レールを長くすれば理論上長さ4万キロメートルの駐輪場も作れますが。……ってコトはえ〜と、何台入るんだ?

 ムダな計算はやめまして。ってコトは、16.2mでもって60台が収容できちゃう。ってコトは3.8mの空き場所が作れる! やった! 防災倉庫を置くスペースができる! これは見積してもらお。

« 日経住まいのリフォーム博2009 | トップページ | 侮りがたい学生の町 »

自治会ドタバタ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735945

この記事へのトラックバック一覧です: 奥へお詰め下さ〜い:

« 日経住まいのリフォーム博2009 | トップページ | 侮りがたい学生の町 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック