« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

ブローアップ

 昨日は珍しく有給をとって、女房の実家両親の引越し準備を手伝いに行っておりました。かなり古い団地で狭い間取りでしたが、いろいろレトロな部分が多く味わいのある建物でした。

Dscn1855

 引越しを見に来た団地住みノラ猫。寄っては来るのですが撫でようとすると「シャー」します。油断すると勝手に家に入ってきてしまう厚かましいヤツだそうですが、にゃぢよりツンデレ。オスだったけど。

 で、朝からレンタカーを取りに行ったりバタバタしていると、テレビで気になる映像を流していました。確か「とくダネ!」だったような気がしたのですが。

 『耐震構造と従来構造住宅の1分の1模型で「震度8」の揺れを再現したら、何と耐震構造の方が潰れちゃった』

 従来構造の住宅は半壊しながらも何とか建っていたのですが、耐震のほうは1階部分が潰れて2階は横転。スタジオでは何かいろいろフォローするような解説をしていましたが、実際のところ何であんな結果になってしまったのか詳しく知りたいところです。

 それから、別の番組だったような記憶があるのですが、何せ忙しかったのであまり覚えていません。『エアー免振システム』ってのが凄かった。

 『地震を感知すると高圧空気を基礎と建物の間に吹き込み、建物を数センチ浮揚させる』豪快にして効果テキメンなシステムです。建物が浮いちゃうんだから揺れは絶対伝わりません。耐震→制振→免振の上を行く『断振』と呼ぶそうです。

 開発もとのHP写真を見ますと、どうやらエアー源のタンクは建物内にあってそれを基礎側、つまり下から噴き上げる状態でブローするらしいです。

 ブローする空気の圧力を最大限に利用するため、建物と基礎の隙間はほとんど設けられていないようで、さらに空気を逃さず隙間に残すためのスカートも付けられます。ホバークラフトの下に付いてるブワブワのあれと同じ効果を発揮するのですな。

 新築の際に組み込むならたった300万円だそうです。既存に後付するなら1000万円。でもこれだけの高圧エア用タンクって、届出と定期点検が要るだろうな。

 もうひとつ気になることがありまして。

 このシステムを付けた住宅の上下水道配管ってどうやるんでしょう? 数センチの上昇は吸収できるとしても、本番の地震で左右に揺れたら破断することだってあるはず。どこにどーやって配管するのかとても気になります。

2009年10月30日 (金)

別名鰐梨

 空いた鉢に何気なくアボカドの種を埋めてみた。そのまま忘れていたのですが。

Abo1

 気がついたら見事に発芽していました。すでに発芽段階を通り越して発育してます。

Abo2

 確かにあのでかい種子が割れて、中からにょっきり生えてます。しかしこれ鉢じゃなくて使わなくなった100円クズカゴだな、植え替えてやらないと。しかしこれから冬になるって言うのに、こんな亜熱帯の植物をどうしたらいいんだ?

2009年10月29日 (木)

三軍共同

 護衛艦「くらま」とコンテナ船の衝突事故、まるで「前の車を追い越そうとして対向車線に出たら、前から……」というよくある交通事故みたいな話です。

 何だか「海上保安庁の誘導が悪かった」「いやあれは強制力のない情報提供だ」とか、圏外でもモメているようですが、護衛艦「くらま」もすでに30年働いている船だそうでリアリズムと防衛を学ぶ)、アメリカならこれを機に退役解体となりそうです。でも自衛隊は装備に余裕が無いからたぶん修理して次の艦が就役するまで使われるんだろうな。

Ji1

 その事故とは全く関係ないのですが、市ヶ谷の役所に呼ばれたのでついでにこれを買って来ました。

Ji2

 発行は朝雲新聞社。何か懸賞があるようですが民間人が応募してもいいのでしょうか? 民間人があっさり買えちゃうモノだから、きっと大丈夫だと思いますが。

Ji3

 赤いところが通常の手帳部分で、黒いページは自衛隊関係の資料です。

Ji4

 ここはごく普通。

Ji5

 資料ページは各駐屯地の住所電話番号から装備の簡単なスペックまで、何でも載っています。これで誰でも自衛隊通になれます。

2009年10月28日 (水)

板橋のペット火葬場

 板橋区に「さかうえペット霊園」という施設がありまして。最初は文字通り納骨堂だけだったのですが、利用者の利便を考えたのか火葬炉を設置したそうです。

 それだけでも周辺から反対の声が上がるでしょうが、ここが大きな問題になったのは周辺がマンションだらけだったことでした。

 昨日家に帰ったら、mixiのニュースで見たという女房に心配されました。地裁から炉の使用禁止命令が出たと言うニュースだったようです。

 実はこの件、ずいぶん前に私の所にも持ち込まれていました。どこかの設備屋経由でしたが、その担当者も薄々感づいていたらしく「どうもトラブっている依頼先らしい」と警告をしてくれました。

 調査ではなく設備改善についての問いあわせだったので、いくつか使えそうな物を提案して終わったのですが。後で検索してみると周辺住民の反対運動のブログなどが見つかって、思っていた以上に深刻な事態になっていることが判りました。

 どこのページで見たのか忘れてしまいましたが、実際の火葬炉稼働中の動画もアップされていました。

 何と……。

 炉の煙が隣の高齢者福祉施設を直撃している。

 だいたい今時の火葬炉から煙が出ちゃうってのがすでに間違っています。炉の能力が低くて温度が上がらないのか、バーナーがショボかったのか燃料が悪いのか。それにしてもそんなトラブルに備えて煙やニオイを取り除く脱臭装置が付いていなくてはいけないのですが、動画を見る限り恐らく何も処理されていません。

 それにしても、高齢者福祉施設は何も文句言わなかったのか? 多分熱風まで建物に届いていたと思うのだが。

 世田谷でやはりお寺のペット火葬炉を調べましたが、出て来た煙にもう一度火を入れる「アフターバーナー」という装置が付いていたので、煙もなくニオイは灯油の燃焼臭だけでした。

 このような問題があると、ネット上では必ず「じゃあどこでやれば良いんだ!」「住民エゴだ!」と反論を目にします。事実反対運動の掲示板にも書き込まれています。

 しかし板橋の場合には間違いなく、不適切な設備を導入して不適切な運用をしてしまった事業者の責任です。周辺住民が苦情を言うのは当然です。不適切な設備を見抜けなかった役所も責任を問われても仕方ないですね。

2009年10月27日 (火)

全品70円セール中

 かつてスマッチも利用していた「ドリコムブログ」が終了するそうですが、いろいろパフォーマンスが低いだけじゃなくてこんな問題もあって移転したのでしょうかね?(GiGAZINE)

 それはそれとして。

 家から駅に向かう途中にかつてセブンイレブンがありました。現在は閉店して、何やら介護関係のテナントが入るらしい。セブンイレブンが撤退するってのもあまり見ないことですが。

 そのセブンイレブンですが、これが困ったことに店内がひどく臭かった。強さに波があったようですが、ひどいときには○ームレスが入って来ているんじゃないかと疑ったほど。

 店員に風呂嫌いのバイトがいるんじゃないかとも考えましたが、スタッフが違っていてもやはり臭い。

 しかしそれとなく店内を嗅覚サーチしても、「これか」って発生源が見つからない。なのに店内の空気は強烈に臭っている状態の日もありました。それを臭気判定士的に注意深く嗅ぐと、○ームレス臭とは何となく違う。ビミョーに違う。どう違うのか説明しろと言われても困るが違う。

 そのうちニオイ対策屋として本部にメールでも出してやった方が良いかなと考えていたのですが、実行しないうちに閉店してしまいました。

 そしたら。

 今度は会社の近くにあるセブンイレブンが、似たようなニオイがしはじめたんだな。まあ新宿って土地柄○ームレスのヒトには事欠きませんが、そーゆう方は遠慮するのか滅多にコンビニに入ってくることはないようです。

 で、ここのニオイは境のに比べてまだ軽微。ニオイ質がまだ凶悪じゃありません。ってコトは、分析可能だったのですな。

 はい。臭気判定できました。

 これはおでんが原因です。

 練り物はあまり煮込んでしまってはいけません。特に質の良いモノは汁でもって暖める程度にしないとせっかくの味が抜けてしまいます。その結果汁の方が美味くなって、飯にぶっかけて食うには良いのですが。

 そうでなく。

 これはおでん鍋から立ち上る湯気がエアコンに入り込んだことがそもそもの原因。セブンイレブンのシンボルと言っても過言ではないおでんのカホリ。中国に進出しても盛大におでんをやっているらしいですが。(パンダはおやつに入りますか?

 あのカホリは湯気と共に立ち上る様々な気化成分の混合体なのですが、それだけに栄養分たっぷりな湯気なのです。

 

 その湯気は全て店員やお客が吸い込むのかと言えばそんなことはなく。天井近くまで立ち上ってエアコンに吸い込まれるんだな。

 これがまた。困ったことに最近は夏でもおでんをやっているものだから、エアコンの結露水におでん湯気が混ざり込んでエアコンの中に『希薄おでんだし』ができてしまうんだな。

 当然微生物タンがそんなオイシイ物を放っておくはずもなく、セブンイレブンのおでんだしをたらふく味わって微生物は大繁殖。エアコンの熱交換コイルはカビやら微生物でお祭り騒ぎ。

 これじゃニオイが出ない方がおかしいな。

 う〜ん。この問題はセブン&アイの本部に話してもムダだろうし、やっぱエアコン屋の方から攻めてみるしかないか。

Seal2

  

ただ今楽天で、デオドール製品セール中です

2009年10月26日 (月)

スパイス・マジック

 昨日は終日出かけておりまして。夜の8時過ぎに帰ってきて、「どこ行ってたのよ〜annoy」と怒る“にゃぢ”のゴキゲンを取りつつ慌ただしく入浴と夕食を採っていますと。どこかで見たことがあるお方がタレントの首筋を「くん」していらっしゃる。

 おお。あれは五味クリニックの五味先生ではありませんか。『となりのマエストロ』って番組で、「加齢臭の謎を解き明かすこの道25年においのマエストロ」って煽り文句で登場なさっておりました。

 加齢臭が発生するひとつの原因は、汗腺の機能不全であるようです。血液中から余計な成分を漉し取って、わずかな塩分と水分を出すのが正しい汗腺の働き。ところがこの汗腺を働かせることが少ないと、そのフィルター機能が甘くなってしまって塩分以外の分泌物がダダ漏れしてしまうようになります。

 人体だって機械だって、使わないと具合が悪くなります。

 ともかく、水と塩以外の成分が汗に出て来てしまうのが加齢臭のひとつの原因なんだな。それでさらにノネナールが生成される体の状態が出来上がっちゃうと立派な加齢オヤヂのできあがりと……。

 要は正しい汗をかける体にすれば良いワケですな。「汗をかくときには汗をかく」って当たり前なことができなくなっているから変なことになる。

 中国の寒い地方だって、厳寒時に汗をかかないことが体に良くないことを知っていたから、食事を摂った時に汗が出るようにう〜んと辛い味付けにしてあるらしい。唐辛子と山椒の料理だな。寒くなって来たからそろそろ「陳麻婆豆腐」が食べたいです。

 あ、料理と言えば。奇しくも五味先生と一緒に紹介されていたのが『スパイス一筋25年』のマエストロで……。誰だったか忘れてしまった。

 「イチローの記録の秘訣は朝カレーのスパイスに入っているカルダモンである……」とかのあたりから話が始まっていたような気がしますが、“にゃぢ”構うのが忙しくてあまり覚えていなかった。

 そう言えば……。スーパーの棚に「スープカレー」ってものを見かけなくなってしまったのだが、あれも一時的な流行だったのか? あんな良いモノちょっとなかったのに。

 吉祥寺東急のイベントに札幌の『マジックスパイス』が来たときに初めて食べたのですが、大量の汗が出た後に、体がスッと軽くなる感じがしました。あれはクセになるのが解ります。つーか、絶対中毒性があると思う。

 もともとスパイスは欧米諸国で、「人間の能力を高めるもの」と信じられていたようでして。それをモロにネタにしちゃったのが『砂の惑星』ですな。

 あれは『メランジ=スパイス』でもってほぼ超能力を使えるようになってしまうのですが、使い過ぎると白目が青目になったり、体が人間状体じゃなくなる弊害もあるようです。

 カルダモンは集中力を高める作用があるそうですが、他にも『体の脂肪を取り、食品の消化を助け、口臭を除去』する効能があるそうです。ってコトは、加齢臭の予防にも効果があると言えるな。この話題、番組の中でリンクしてたのかな?

 他にも、番組では多分言ってなかったと思うけど、『フェンネルシード』が口臭予防効果、特に酒を飲んだ後の口の臭いを除去してくれるそうです。でも酔いまで除去はしませんから、飲酒検問をごまかすことはできません。

 『フェンネル』の本体の方はセロリみたいな茎塊で(あれもこれも)、ポトフに入れても美味そうです。

Seal2

ただ今楽天で、デオドール製品セール中です

2009年10月25日 (日)

概要にして基本です

 臭気判定士の国家試験が近づいてまいりました。

Koshu1

 そんなワケで、こちらも年に一度の『臭気判定士直前講習会』です。臭気判定士会で主催しております。

Koshu2

 私の受け持ちは『嗅覚概論』。ニオイと嗅覚の基本的なところについての講義です。

 他の講師の方は、そりゃもう凄いボリュームのプリントく配って、みっちり密度な内容の講義を行いますが、私は過去の出題例などは最小限にして、嗅覚検査を受ける際のコツのようなものから始まって、ニオイとメンタル的なところを中心に話して行きます。

 ちょっとしたことで感じにくい基準臭のニオイが判るようになります。呼吸の方法、臭気判定士的な鼻の使い方とか。

 しかしこれが。

 どれだけ原稿内容を盛っても1時間で終わってしまうんだな。また10分以上も早く終わってしまった。

 そろそろ原稿を全面的に見直さないといけないようです。

2009年10月24日 (土)

ハエソサエティ

 埼玉深部の現場に向かっております。

Kaeru

 今日はレンタカー。マツダのデミオなのですが、ダッシュボードにカエルが潜んでいることに気がつきました。

Bokuso

 さすがディープ埼玉です。牧草山積みトラックが走っております。後ろにいると良いカオリです。時々何か飛んできますけど。

Huko

 のどかな風景の中で測定です。とてもかさばりますがアナクロな風向風速計。風速計ならデジタルの小さな物が市販されていますが、風向ばかりはこーやって測るしかありません。

Temochi

 しかも手持ちです。しかも方位磁石が見にくいです。

 こちらの産廃屋さん、以前は生ごみ臭で周辺から苦情が絶えなかったところです。私が2年がかりで指導を行いました。場内の清掃をこまめに行って、設備の扉は必ず閉める。それから水が溜まる場所には粉末バイオ剤『GB1003』を撒いてもらうことで驚くほどの改善となりました。発酵臭しかしない。

 結局マジメに手を動かすってことが一番有効なのです。しかしハエは多いな、これは仕方ないけど。でもどーゆう訳かウジがいないな。

 寄ってはくるけどGBが出す酵素で繁殖産卵ができないのか? 可能性あるな、メーカーに知らせないと。

今日はこれから臭気判定士の直前講習会です。『嗅覚概論』1時間10分の講義。

2009年10月23日 (金)

カウントダウン

 今週はず〜っと、5時起床6時出社でして。

Asa

 家には9時間ちょっとしかいられません。常に秒読み状態で動いている。明るい状態で家にいたためしがない。朝日が昇る頃にはもう事務所で現場に出る支度。

 こうして記事を書いている間にも「残り○分」と常に時間を気にしている状態です。そのうちストレスでどっか壊れるな。あ、携帯充電しないと。

 充電と言えば東芝の燃料電池。もう少しでパソコン用になりそうです。メタノール注入しながら使うパソコンってのも変で良い。

Dscf1821

 先日九段下で発見したトマソン疑惑物件。何故か水飲み台とその横の壁だけが変な汚れからをしている。どーしてこうなった?

2009年10月22日 (木)

襲い来るもの

 湘南新宿ラインは新川崎駅のあたりに来ております。向こうに小さく見えるのは武蔵小杉のマンション群、意外と近い。

Den

 この近辺にも再開発とマンション建設の波がひたひたと押し寄せて来ております。するってぇと、何十年もここで操業していた工場の肩身が狭くなるわけだ。

 苦情が出るようになってようやく対策に取り組まなくちゃいけないと考え始めるのですが、工場の規模が大きくなればなるほど何から手を付けたら良いのか判らないんだな。

 これからどんどん開発が始まって、マンションに取り囲まれてしまわないうちに計画を立てて少しずつ始めていかないと工場が立ちゆかなくなります。たぶんこの辺武蔵小杉と繋がるんじゃないかってくらいの勢いですから。

 そのようなニオイに関する困難な事案が出ますと、回り回ってほぼ間違いなく私の所にやって来ます。だだっ広い工場の中をひたすら歩き回ってニオイを探し出し、来春までに改善できるものはやっておく。規模が大きな排出は実情を細かく調べて設備屋に引き渡す。

 調べ出すだけで2週間はかかるな……。もう年内は手一杯です。

2009年10月21日 (水)

や、屋根専

 相も変わらず谷根千歩きが続いております。

21_2 

 このようなモノも、この町では何だか風情と感じてしまうから不思議。

22

 ツタがてっぺんに到達するまで続いているでしょうか、お風呂屋さん。

23

 お寺街を抜けて『愛玉子』の前を通り、とある路地に入ります。フリマで賑わう路地から枝分かれ、やっと赤いトタン屋根が見えてまいりました。

24

ここは木造家屋を改造した『時代空間ねこじゃらし』というギャラリーです。『全国ノコギリ屋根写真展』なるものを開催しておりました。

31

 下町にあるノコギリ屋根の工場と言えば、モルタル壁にトタンかスレートの屋根と相場が決まっておりますが。地方に行くとこんなにも風情あふれるノコギリが存在しているらしいです。主に小規模な紡績工場とからしい。

25

 それはそうと。この建物自体もなかなか素晴らしい作品です。この部分、1間を取っ払って建材を他の部分から移植してベランダ風の空間にしております。

 向こうに見える家を含めた雰囲気が非常に良いです。

26

 手入れされた木と錆びたトタンの取り合わせが面白い。明かり取りの小窓とか、細かい仕事がしてあったんだよな、昔の家って。真ん中に何かあるのはセミの抜け殻です。

27

 中は天井取り払って屋根の裏面が見えます。配線の碍子とかもそのまんま使ってます。

28

 菊花模様の大正時代のガラス。すでに骨董。

29

 ノコギリ屋根工場が残っているところだそうです。

32

 根津まで戻ってきました。元祖猫カフェ?

30

 お猫様よーやっと3匹目。何で繋がれているんだろ?

 繋ぐと言えば。『ペット避難用ジャケット』なるものが開発されたそうです。(カラパイア)

Nuko

 水や食料まで背負って行ける優れモノのようです。重いから本にゃんは迷惑でしょうけど。

2009年10月20日 (火)

クレベリンについてのあれこれ

 『クレベリンを買ってみた』が、あちこちのブログにリンクを貼られておりますが。スマッチ新サーバーになってから直に飛べなくなってしまったようです。

 何かやれば行けるのだろうけど、世の中そう器用なヒトばっかではありません。なのでリンクページがトップに来るように時々書き直します。

 クレベリンゲルの使い方と使用上の注意について

クレベリンを買ってみた

 室内使用濃度基準なんかの疑問点について製造元に問いあわせてみた

大幸薬品にきいてみた

 クレベリンゲルを家の中で安全で効果的に使用する方法

消毒大使

ね、猫専

 野良猫を探して路地を覗いて歩きますが、全然姿が見えません。江ノ島なんかだとプロの野良猫があっちにもこっちにも居座っているのですが。

1

 路地の奥に稲荷の鳥居が。

2

3

 思ったより大きな祠です。階段の両脇がアロエの鉢で少々危険です。奉納なのか単に日当たりが良いから置いてあるのか、謎です。

4

 猫ではなくてお狐の影。

5

 敷地の奉納なんてのもアリなのですな。

6

 道が狭くなったのに、なぜか人は増えます。

7

 名所『ねんねこや』どこからがお店なのか判りません。

8

 猫注意

9

 ちょうど店長シンイチさんの巡回タイムだったようです。

10

 あの〜。そんな水飲んで大丈夫なんですか? おウチにキレイな水あるでしょ?

11

 おみやげは『ネコムセキュリティー』と『にゃんかっぷ志太泉

12

 これわ『トマソン物件』かな? 実際に使用されている雰囲気だから違うな。プランターで開けられないから疑惑物件ではあるな、コンクリで固められていたら間違いなくトマソンです。

13

 この先はお寺街。まだまだ坂道は続いています。

−もう1回続く−

2009年10月19日 (月)

や、谷根千

 その昔、トーキョージャイアンツは米メジャーリーグから「ゲイリー・トマソン」と言う選手を呼び寄せました。

 このヒトがまた。

               全然役に立たなかったんだな。

  まともにプレーしたのは最初の1年だけで。あとはず〜〜〜〜っと、4番にいながら空振りし続けてベンチを暖め続けていらっしゃったそうです。たしかその後の4番が原さん。

 かように。ゲイリーさんは『役に立たない』『無用の長物』という本人にとっては全然有難くないイメージで今に至るまで日本人の記憶に残っております。

 そして赤瀬川原平先生が「不動産に付属してあたかも芸術のように美しく保存された無用の長物」という意味で街中の奇妙な物体を『トマソン』と呼ぶことにしたんだな。確か『超芸術トマソン』は六本木ヒルズの一帯が再開発を始めたばかりの頃の写真がたくさん載っていました。

1

 で、そのトマソン写真展『ト、トマソン谷根千』 写真展が千駄木付近で開催されておりました。(昨日まで)

2

 会場はこんなお店やカフェやら、街中に4箇所ほど。全部廻るには結構気力と時間が要ります。

3

 気力を充実させるためには食べなくてはいけません。

4

 店頭の幕ですと「狸」と見えなくも無いですが、「三里」です。鴨つけ1500円。濃厚鴨脂味で美味かった。代わりせいろが欲しいくらいでしたが、あまりにお腹を一杯にしてはいけません。買い食いができなくなる。

5

 女房は「卵とじ」これがまた、卵を溶く時に酒が加えてあってとても良い香りです。

6

 お腹が落ち着いたら町歩き再開。空いている道もあれば人の姿が絶えない道もあります。

7

 猫の姿を求めて路地覗き。大丈夫なのか? この増設3階建て。

8

 良い光景です。狭い路地でも暗くないし。

9

 ポスト……、じゃないよな。トマソンでもない。

Kare

 最初のお店『不思議(はてな)』で見つけた年代モノのカレー粉。中身入ってます。

Muroran

 室蘭が栄えていた頃のパノラマ(風)絵葉書。遠景は合っているが線路が……。こんな風景確かに見ていたなぁ。

 −写真はいっぱい撮ったのでまだ続く−

2009年10月18日 (日)

防災倉庫を作ろう(その4)

 昨日は定例理事会がありました。屋上の無断熱会議室、いいカンジで温度が下がってきております。次回は上着が要るな。

 議題は『雑配水管更新工事』と『耐震診断』がメイン。しかし両方一度になんてできるお金はありませんから、当然雑配水管の方が優先。だって耐震診断受けたら次は補強工事しないことには意味がありません。

 そんなこんなで、地震に対しては次善の策を講じるしかありません。

List

 防災倉庫の試算表を作った。

 参考までに。まず容れ物『イナバ社シンプリーMJ-179D』あたりを想定。

 幅1750 奥行927 高さ1603 最低これならコケないだろ。これが定価96,600円

 その中身。

 まず震災直後の救助道具

「ヘルメット」1000〜2000円×6個=6000〜12000円

「革手袋」400円×6双=2400円

「鉄板入り安全スニーカー」10000円×5足=60000円

「バールのような物」3000〜5000円×3本=9000〜15000円

「パンタジャッキ(パンク修理用で可)」2000〜3000円×2式=4000〜6000円

「ハンマー」1000円×2本=2000円

「ブルーシート(1.8m×1.8m)500〜600円×10枚=5000〜6000円

「懐中電灯(作業灯兼非常灯)」1000円×10個=10000円

「スペア電池(単1:4個入)」1000円×25個=25000円

「ハンドスピーカー」3000円×2個=6000円

 ここまでで計144,400円

 続いて非常生活用具

 食料は各世帯にあるモノで2〜3日はしのげるでしょ、77世帯分の非常食は激しくかさばる。同様に水の備蓄もかさばります。なので地下の消防水槽を水源にする。ここでやはり浸透膜式浄水装置。

「カタディン社エクスペディションフィルター」200,000円×1台

 使うかどうかの装置にしては高すぎる気がするなら。

「スウィートウォーター社ガーディアン」20,000円×5台=100,000円

 カタディンなら毎分4L、ガーディアンなら毎分1Lの浄化ができます。カタディンは泥水OKですがガーディアンはオプションのフィルターが必要です、しかし消防水槽なら要らないだろ。

「折りたたみ式水パック5L」1200円×80個=96,000円

「50人用救急キット」70,000円×2式=140,000円

「非常用トイレキット(50回分)」9800円×80セット=784,000円

 組合員ではない賃貸の住人がいますが、非常時に分け隔てなんてしていられません。同じ建物に住んでいるのだから一蓮托生です。

 炊き出しのことまで考えたらカセットコンロにボンベや鍋やらが必要になりますが、そこまで始めたらキリがない。でも冬に罹災したことを考えたらすぐお湯があった方が良いか。

 イワタニ「カセットフー」で防風屋外用『マーベラス』ってのがあるけど、2万円もするな。汎用のを準備してブルーシートで囲うか。

「カセットコンロ(ケース付)」5000円×3台=15,000円

「スペアボンベ」近所で3本398円×10セット=3980円

 やかんか鍋くらいどっかから出てくるだろ。

 中身集計1,168,980円(高め計算)

 総額1,479,980円

 計算合ってるか? まあいいや。

 う〜ん。割引なんか考えても、これでは100万円をオーバーしそうだな。トイレキットが豪華すぎだな、濡れティッシュまで入っているし。

 もっと安いのにしないと、それに箱が結構大きいから倉庫に入りきらないかも知れないぞ。この『トイレスQ』ってのに問い合わせてみるか。

 しかし肝心なのは「お年よりでも簡単に使える」ってことだよな。お試しセットってもらえるのかな? (マヂでやる気か?)

2009年10月17日 (土)

カロリーコントロール

 昨日は不調のまま、午後1時から調査の現場でした。嗅覚まで不調にならないように、昼食は抜いて現場に臨みます。

 これがまた。

 何年もモメて裁判沙汰になっている現場でして。マンション1階にある飲食店の排気が隣のクリニックに入ってしまう典型的なトラブル。裁判がらみなので写真は一切使えません。

 飲食店側ではレンジフードを改良したり換気扇を増やしたり、いろいろ手を尽くしてはいるのですが、何をやっても効果がない。絶えかねたクリニック側がニオイを止めるよう仮処分申請を出しちゃって、以後タイヘンな状態に。

 最初に私のところに話が持ち込まれたのは去年のことでしたが、以後事態は何ら進展しなかったようです。時間が解決してくれる種類のものじゃありませんから。

 しかしここに至るまでの経緯を裁判資料で見てみますと。どう考えたって排気が漏れているだけのトラブルなのですが……。何でここまでこじれたんだ?

 で、公園で昼食をとっているサラリーマンOLを横目で見ながら、空腹抱えたままの臭気判定士師弟が飲食店の天井裏に潜ります。そして厨房で調理を始めてもらいますと……。

 やっぱり漏れてる。

 何か造作のスキマから煙が出ています。それだけなら何てことはないのですが、ここのマンションは1階テナントが軒天で繋がってるんだな。そこから煙が走ったんだ。

 漏れている箇所の修繕で何とかなるだろうけど、マンション自体の構造も何とかしないとまた同じトラブルが起こるわな。

 つーか。

 漏れてるってことは最初から判っているんだから誰か気付けよ!

Dscf1653a

 終わって3時のお昼。モスバーガーの『とびきりハンバーグサンドチーズ』。この間仕方なく食べたマックのチーズバーガーと同じ食い物か? カロリー摂取して少し気力が回復。

 カロリーと言えば。

 『運動による消費カロリーと食事による摂取カロリーの比較』ってグラフが面白いです。(ひろぶろ→)

 ハンバーガーが『マックハンバーガー』になっていることは良いとして。カツカレーより普通のカレーの方がカロリー高いのか? マヂで?

2009年10月16日 (金)

やや限界

 連日立ちっぱなしの現場なので、疲れて頭が働かなくなってきております。しかし調査の依頼は容赦なく入って来ます。管理組合でやらなくちゃならないこともいっぱいあるし、激しくしんどくなってきております。

Damari

 今朝の猫だまり。奥にいる小さめのは見かけない猫だな。

 あ〜。そういえば臭気判定士試験の直前講習会が来週の24日に行われます。また私は嗅覚概論の講義を垂れるのですが、講義内容を一新したいと考えてはいてもその時間がありません。

 う〜む。やっぱり脳の働きが鈍いぞ。こーゆう時には甘い物が良いってわけで、今日はコーヒーに砂糖を入れて飲んでおります。でもすでにカフェインも効かない。

Kuro

 全く書くことが思いつかないので猫写真でごまかす。近所の黒にゃん。良く見るとシマが見えます。

2009年10月15日 (木)

悲しき雨音

 昨日の帰り、境のイトーヨーカドーでツマミを買っていたら『悲しき雨音』が流れました。これは店員に雨が降り始めたことを知らせる、言ってみれば符丁です。お客様に渡す紙袋などに雨カバーとか売り場に雨具出せとか。

 ちなみに食品売り場のレジが混んでくると『ヘルプ!』がかかる。噂では『サザエさん』は万引き常習犯が店に入ってきたことを知らせているとか。

 それはそれとして、「走って帰ればいいや〜」ぐらいに考えて1階に出たら。

Ame1

 ハンパない豪雨じゃないか!

Ame2

 悲しき雨音聞いて2〜3分しか経ってないってのに、もう道路が川です。傘を持っている人まで避難してくる状態。これわヘタに走ったら転んで溺れます。

Ame3

 出るのはしばらくムリそうなので、さっき買ったばかりの物出して酒盛り始める。小やみになって学生らしい男子ふたりが「今だチャ〜ンス!」と言って走り出しましたが、道路を渡り切ったところで再び始まった豪雨の中に消えてしまいました。東京湾まで流されてなきゃ良いのだが。

 そう言えば『テクノラティジャパン』がサービスを終了するそうです(GiGAZINE)。このブログを始めた当初からブログ検索でいろいろ利用していたのですが。そう言えば『テクノバーンジャパン』も、いつの間にかサイエンス部門なんかの日本語サービスやめちゃったなぁ。

2009年10月14日 (水)

猫またぎ缶

Mentuu

 先日買い物ついでに、いつもは通らない吉祥寺の路地をうろうろしていたら。何と麺通団が吉祥寺に進出していました。しかも『カレー玉』なる未知メニューもある。今度行ってみよ。

Nekobukuro

 猫服屋さん。『ゆく年福袋』? 年末に売るってことでしょうか?

Nekomesi

 目的はロヂャースへ“にゃぢ”ゴハンの買い出しなのですが、最近のネコ缶は侮れません。もはやヒトが食べる物レベルです。

 ここで毎度のことながら、猫ごはんの買い出しに来たひとたちの話を横から聞く。「残ったのを出しても食べないのよね〜」とか「しょっちゅう換えてやらないと……」やはり皆さん苦労なさってます。

Nukome1

 ネコ缶と言えば、先日おみやげに貰ったジョルノ国製ですが。試食してみました。もちろん“にゃぢ”がですけど。

Nukome2

 ジョルノ語で何と発音するのか知りませんが、グルメゴールドと書いてあります。右上に『マウス』と読めるので、さすがジョルノはやることが違うと思ったのですが『ムース』だったんだな。

 困ったことに“にゃぢ”はゼリータイプとかが嫌いなんだな。わざわざイタリアから担いで来て貰ったのに、食べなかったら申し訳ないぞ。

Nukome3

 このように、確かにムースタイプ。

Nukome4

 パンに塗って食べられそうです。きっと味がしないだけで普通に食えるんだろうな。

 しかしこれが。思った通りに“にゃぢ”が食べないんだな。安い血合いだらけの猫缶が好きだから。仕方ないのでいつもの魚のと混ぜて食べさせる。猫イタ飯が台無し。

2009年10月13日 (火)

硬直両用

 先日広尾で見かけたモノ。

Huu1

 何かあります。

Hu2

 空中撮影用ミニ飛行船ですか?

Huu3

 動力が付いていないから安定板付きのアドバルーンってところか。これで建築予定のタワーマンションからの眺望なんかを先に撮っちゃうんだな。

 マンション程度の高度は法律で飛行が禁止されているから、飛行機もヘリも使えません。ラジコンヘリかこんなモノじゃないと確かにムリ。

 ラジコンヘリよりこっちの方がエコっぽいし可愛いです、それに風があってもあんま揺れないから撮影するには都合が良い。名前もいっそ『ぷよぷよ3号』とかにすればいいのに。

 風と言えば。

 アメリカじゃ風力発電に力を入れまくって、モハベ砂漠じゃ風車が5000基も建っているとか。現在風力発電はこれでよーやっと1%をまかなっている状態ですが、これを20%にまで引き上げる計画だとか。日本じゃ場所がなくて考えることもできないスケールです。

 まあ風車の発生させる低周波での健康問題なんてのも問題になり始めているようですが。確かに若洲にある風車の近くに行くと、妙な「気配」に打たれる感覚があるんだよな。

 ……しかし。20%までってコトは、え〜と。あと何個建てりゃいいんだ?

 しかしそれだけ風のエネルギーを『食って』しまったら自然現象の阻害ってことになって、何か「イヤなこと」が起こったりしないだろうな。

 まあいいや。

 ところで風車で発電するのは交流か直流か? 売電するには交流じゃないと都合が悪いからたぶん交流なんだろな。自家用発電なら直流発電機でバッテリー充電する方式の方が良いような気がするのだが。DC24ボルトで出てくりゃパソコンなんかにそのまま使える。

 と思ったら東電のAC100ボルトからいちいちDCに変換する際のロスがもったいないから、DCで配電するって案もあることはあるんだな(誠)。

 そう言えば電気機関車なんかはずっと前から『交直両用』ってのがあったな。

 LED照明もよーやっと市販レベルまで達してきたから、マンションの貴重なスペースを食う『変電施設』なんてものを必要としない直流配電も良いのではないかと

2009年10月12日 (月)

休日天獄

 相変わらず世間的には連休らしいです。

1

 そんなモノで、ビジネス街の虎ノ門には私しかいなかったりします。

2

 オフィスが使用中では調査できない場所ですから、休日にやるっきゃありません。しかしマヂで人いないな。

275

 どれくらい人が居ないかって言うと、でかいクレーンが道を塞いでも平気なくらいです。

25

 さらに、こっそり家を壊しても誰も気づかないくらいです。

 調べるのはトイレです。私が日曜に出てくるくらいですから、普通なニオイ発生じゃありません。結局建材。

35

 何かここだけ人だかりがあると思ったら、こっちでは道を塞いでロケをやっていました。あちこち凹んでる劇用車、きっとこの後事故らされるんでしょう。写真じゃよく見えませんが、なぜかあちこちに紙コップを被せて何かを隠しています。

4

 新宿に戻ってきたらこっちは人だらけ。『ゲーヂツ天国』とな?

5

 どの辺にゲーヂツが置いてあるのかよく解りませんが。これわ巨大ブランコじゃないようです。

575

 このように、リボンを自らの体の回転を利用して「ぐりゅんぐりゅん」巻きついて登っていく遊びらしい。危険なので当然遊んで良いのはこのヒトだけです。結構体力要りそう。

6

 あ、ゲーヂツが落ちてた。 

2009年10月10日 (土)

苦闘2時間半

 そう言えば、以前に貰ったアマゾンポイントで『ゲバゲバ90分』のDVD買ったし、この際だから『防災クマさん』をAmazonアソシエイトで紹介してみようかな……。

                 1時間後

 何が何だか解らなくなって、焦ってあちこちのヘルプ見まくる

                 2時間後

Kuma

 もしかして自分の知識では不可能ではないのかと疑い始める

                2時間半後

 有馬さんのところにそんなエントリーがあったことを思い出して見に行く。

                2時間45分後

 やはり最初から不可能だったことを知って「今日の午前中は何のために出て来たんだ?」と虚しくなる。

  クマデター   ウソォ  マジ?
  〇_〇  〇_〇  〇_〇
  ( ・(ェ)・) (・(ェ)・ )(・(ェ)・ )
 /J ▽J   /J ▽J  し▽ J\
 し―-J   し―-J    し―-J

やあハニー。おいらと一緒に逃げてみないか?

 え〜。また連休らしいのですが、私は相も変わらず仕事です。今日は午後から組合の配管更新工事の技術説明会。場所は代々木なものだから、朝から事務所に出てまだ溜まっている報告書を片付けています。

 明日は虎ノ門で調査。もはやホームインスペクター試験の勉強なんてやっている時間がありません。

 もう来週は定例の理事会だからそれまでに防災倉庫の試算表を作らないと……。

 いっそ1世帯に一匹ずつ『防災クマさん』配るか? 非常の際に皆クマ抱えて逃げてきたら、かなりシュールな光景です。

Exkuma1 Exnakami263s

 ↑クマさんの中に非常用グッズが収納されています。非常用トランプ? 代わりに簡易ツール入れておいてほしいぞ。それにクマさんがホイッスル提げているから中には要らないんじゃないかと思いますが。

 大人用と子供用があって、当然大きさが違います。上の写真が子供用。

Exnakami263

こっちが大人用。防災ガイドと手回し発電機、携帯各社用充電コネクターが付きます。コンビニトイレの『便袋』って身もフタもない書き方が良いぞ。

 しかし、何かイマイチ物足りない内容だな〜。いっそクマさん自体が防災頭巾になればいいのに。

 やはり「かわい〜」とは思いながら、コレを背負うことに抵抗を感じるヒトはいらっしゃるらしいです(お犬さまと私)。ティディベアはパジャマ着て目を擦りながら引きずって歩くモノだよな。子供に限るが。

512210074

 楽天の商品だと22種入っているんだな。何故かこっちには『便袋』が入っていない、しかし非常用トランプは何があっても外せないアイテムらしいです。どう見ても避難所生活用って感じだな。(・(ェ)・)ノ クマ~

2009年10月 9日 (金)

丸い茶色の

 台風だけあって、かなり雨も降ったようです。ウチの池の水が大盛り状態です。防災用水としても考えていますので少ないより多い方が良い。あ、防災計画の試算をやらないと。

Ike

 とりあえず、何か異変があったと言えばこの程度だったようです。良かった良かった。

 風も収まった昨日の帰りに、あちこちでキンモクセイが匂っていました。昔は『トイレのにおい』と変な認識を持たれてしまった香りですが、みんなもう忘れてしまって市場でも『良い香り』としての復権を果たしつつあるようです。

Atm

 で。今度はこんな場所を調べております臭気判定士。ATM内に入ってしまった偽札のニオイ……。じゃありませんが、ATMコーナーのニオイ調査です。

 ここに一歩入った瞬間に、ニオイで原因は判ってしまったのですが。それでも他の原因があることは考えられます。いちお可能性がある部分は全部嗅いで調べます。当然営業中ですからお客さんが入って来て不審の目で私を見ます。

 笑顔で「いらっしゃいませ、どうぞご利用下さい」とか言っても、作業着で変な道具を持ったオヂサンでは引かれるだけです。

 とりあえずコーナー内全て調べて、おもむろにエアコン止めてもらいます。ほら、ニオイ止まったでしょ。そう言えば今年はエアコントラブルが多いな。

 帰りの日暮里駅。おお、遂に阪急電車まで乗り入れになったのか? ここから宝塚まで各駅だと何時間かかるんだ?

Yamanote1

 山手線1世紀記念。コレはホントにチョコレートの色なんだな。しかし全然レトロに見えないのだが。

Yamanote2

 やはりこんな感じ↓で角張っててくれないと雰囲気が出ません。

Yamanote3

 しかしすごいな〜。100年前の有楽町か新橋のあたりか? 瓦屋根ばっかり。

             − CM −

Photo_3

 快眠サポーター“ティフラ”が関西の『FM COCOLO“Ter&Biscuits”』でも紹介されました。モニター募集はまもなく締めきりです

2009年10月 8日 (木)

タイフーンだがエンジン不調じゃないらしい

 今朝の猫だまりです。台風のためか出勤はお一匹様だけ。

Nuko

 暴風雨の中を出勤する覚悟で、昨日は作業着のまま帰ったのですが。今朝は思ったほどではありませんでした。でもJR各線赤やら黄色やらで大変です。

Jr1

 中央線はまだ『間引き』にはなっていないらしいです。

Jr2

 でも武蔵境6時20分「高尾発東京行」は約7分遅れ、車内は8時台の超過密状態です。荻窪で一度降りた人が乗れずに諦めました。

Jr3

 運行状況が24画面分! タイフーン18型、気合い入って暴れているようです。改良型のMk.IBに違いありません。しかし調子に乗っているとそのうちシッポがちぎれます。

Jr4

 会社に着いたら、他の社員から「電車止まった」やら「遅刻確定」の連絡が続々。でも新宿は現在陽が出ています。雲の流れる速度が凄い。

 今日はメンテがあったのですが、ビルの屋上での作業だったので昨日のうちに日程変更にしてもらいました。報告書も溜まっているし。

100

 そう言えば、昨日立ち寄った百均では、防災用品の品揃えが非常に充実していました。『ロープ3m+軍手+ホイッスル』のセットが100円とは。……少々心配な気も、それにちょっと高いような気がするぞ。100円のサイリュームライトって使い物になるのかな?

Hijou

 感動したので非常持ち出し袋を買ってみた。当然中身は入っていませんが。また市ヶ谷の役所に呼ばれるみたいだから、軍用品買ってきて会社用セットを作っておこう。

2009年10月 7日 (水)

地底のアラクネー

 これは先日の現場です。あっ、オーブが……。

Yukasita1_2

 新築後半年経ってから床下がえらくカビくさいことになりまして、大工さんやメーカーのサービスが潜っても何も発見できないまま時間ばっか経ってしまいました。当然そんな時は私の出番となります。

Yukasita2

 普段の床下状態を再現するために下に入ったら点検口を閉めてもらいます。来世までお元気で。

Yukasita3

 平気でネタ写真撮っておりますが、実は狭いところはあんま得意じゃありません。最初に無言で自分に気合い入れてからじゃないと入れません。でも調査モードになればそんなこと気にならなくなります。

Yukasita4

 点検口の位置を見失わないために最小限の明かりにします。まず最初に床下空気流の観察です。微妙な風とニオイを感じ取るために視覚情報遮断。つまり懐中電灯も消して嗅覚に集中させる。

Yukasita5

 当然こうなります。

うわ〜ん!狭いよ!暗いよ!恐いよ〜!

 ですが、これで約10分観察を行います。あ、こっちだ。

Yukasita6

 何だ排水管のところのモルタルが浮いてたんだ。こっから基礎の土のニオイが入って来てたんだな。

 ところで。こんな真っ暗な場所の近接撮影ってのはなかなか難しいものです。フラッシュ焚くと真っ白に飛んじゃうし、懐中電灯じゃ狭い範囲しか照らせない。カンテラ持って匍匐前進はできないし、いちいち取りに戻るなんてのはゴメンです。後ろ向きに這って戻らなくちゃいけない場合だってありますので。

 なのでコンパクトデジカメの前面に『有機ELフラッシュ』が付いたのなんかが発売されると、とても助かります(GiGAZINE)。

2009年10月 6日 (火)

シュバルツさんからの相談�A

 タモリさん流生姜焼きは、『小麦粉を肉にまぶし、油を使わずに焼く』ってところにコツがあるらしいです。

 え〜と。どこまで書いたっけ?

 何しろ換気扇の排気口直下で測ったら、タモリさん流でなくても生姜焼きを作り始めたら、たちまち「臭気指数34」とか出てしまいます。何もやっていない厨房排気で「臭気指数24」はちょっと考えにくい数字です。そんな薄い排気だったら、すぐ隣の家でない限り苦情は出にくいと思います。

 しかしこのような小規模なお店で厳密に『排出口での指数24以下遵守』なんてことにして脱臭装置付けさせたら、毎日生姜焼き定食を1000食以上売らなくちゃいけなくなります。

Haikikou

 これは銀座のビルの8階屋上にある焼き鳥屋さんの排気。こんな高い場所から出しても苦情が出ちゃうんだな。

 ちなみに、厨房排気の場合には「アンモニアが○ppm」というような測定は行いません。臭気指数測定になります。

 小さな店、それもチェーン店じゃなくて個人経営の場合は、まず脱臭装置なんて付けるのはムリです。いいとこウチの『DC−4S消臭装置』がイニシャルもランニングも限界。

 ですから排気口のすぐ近くで臭気を採取しても、同じ場所で解決の方法がないためにそのデータは役に立ちません。工場であれば「改善しないと操業停止になりますよ」と言えますが、それでは小さな飲食店はたちまち暮らしが立ちゆかなくなる。

 なのでこの場合苦情を申し立てている世帯の付近で臭気を採取して、『どうやったらこのニオイがここに来なくなるか、あるいは気にならない程度に薄くなるか』を考えることになります。

 ここでもうひとつ担当者が確認しておかなくてはならないことがあります。「問題になっている排気は、この世帯以外にも迷惑をかけていないのか」って点です。周辺で何件も苦情が発生していれば、やはりお店の排気を何とかしなくては解決できない恐れがあります。

 逆に、ただ1軒の家からだけ苦情が出ている場合には「何でここからだけ苦情が出るのか」を考えてみなくてはいけません。局地的な風の流れやら、排気口とは別のニオイ流出があるとか、いろいろなことが考えられます。

 特殊になればなるほど役所の担当者では手に負えなくなる恐れが増してきます。そうなると臭気判定士に来て貰わないと実態把握と解決索の立案は難しいでしょうね。

 さて。一般的な事例で何をどうするか説明しましたが、シュバルツさんの家と問題の飲食店との距離関係、何を作っているお店なのか、お店の営業時間や他に苦情が出ていないかどうか、その辺のことも重要なデータになります。

 役所の動きがイマイチのようでしたらまた相談してください。

シュバルツさんからの相談�@

 え〜。昨日は約2時間、住宅の床下を這い回ったために体中ベキベキに痛いです。そこ持ってきて、今週は毎日調査やら現場やらが入っておりまして非常に不安です。

 それで、『住まいの相談室』に私ご氏名の内容のが来ておりまして、早速見てみましょう。

 私は、現在の場所にずっと住んでおりまして、去年あたりから、 近所に飲食店ができました。夕方ぐらいになると、調理臭が漂ってきて、 窓を開けっぱなしにはできません。

そこで、役所に相談したところ、臭気測定を行ってもらうことになりました。

ここで疑問なのですが。

 飲食店は第2種区域で、私の家は第1種区域に建っています。 そうした場合は、やはり、飲食店が建っている第2種区域での臭気指数が適応されるのでしょうか?
 
 ちなみに、そこは、換気扇が3つあり、排出口の高さがすべて15m未満です。
 それぞれが、排出口の口径が0.6未満です。
 となると、0.6未満×3ヵ所=0.9以上なら、臭気指数は、24になるのでしょうか?

 また、臭気指数以下なら、やはり、ガマンするしかないのでしょうか???

 都市部では非常に多いタイプの苦情です。排出口高さ15m未満とか口径いくつとかは、工場のエントツなどの排気口の測定で使うデータです。

Haiki

 こんなの↑

 これに排気の温度やら湿度やら周囲の建物の高さなんかまで調べて計算ソフトに入力します。すると敷地境界線での臭気指数が求められます。

 しかし飲食店のキッチンから出る排気、私たちは厨房排気と呼んでいますが、この場合上に挙げたようなソフトでは計算できません。敷地境界なんて実質存在しない場合が多いですし、見ただけで「拡散しね〜」状態で排出されている場所も珍しくありません。

 法律上は飲食店を含めて『事業所』で認められている敷地境界での排気のニオイは『住宅地で10以下』『商業地域で30』とか決められています。でも実際のところまず不可能です

 なので、お役所の考え方としては「ニオイは出しても苦情を出すな」になります。

 一見矛盾したことに感じますが、要は『隣近所仲良くしていれば多少ニオイが出ていたところで苦情にはならない』ってことです。 

 で、そのような状況で苦情が発生してしまった場合には、役所の担当者さんの裁量に任されることになります。あくまでも法律に則って測定しようとしても悪臭防止法マニュアルが役に立たない場合が多いので。

 以下に書くことは、あくまで私が役所の担当者だった場合の手順です。全ての環境保全課や生活環境課の職員が同じようにできる訳ではありませんので、参考ってことにしてください。

 このような場合何が重要かと言いますと「苦情の実態がどうなのかを明らかにする」ことにつきます。計算上どうのこうのではなくて、『苦情となっているニオイは実際のところどんな状態なのか』ってことに注目する必要があります。

 そうするとまずニオイの発生元である飲食店を視察して、設備に不備なところがないかを調べます。それから実際に排出されている臭気を確認して、次にそのニオイが確かに苦情申し立て人の住居に流れているかを確認します。

 次に判断します。ここが難しい。ちょっと嗅いで「この程度?」と思ってしまうようなレベルの強さや質のニオイでも、ほとんど一日中嗅がされていたら忍耐レベル振り切ってしまうものです。

 次に口頭で指導と言う運びになるのですが、シュバルツさんの場合は指数測定のところまで来てしまっているのですな。

 指数測定の場合にも、やはり担当者の裁量が大きく働きます。それは『この問題をどう解決していくのか』という動きの一部になるからです。

 つまり、解決の方法として。

�@お店の排気システムを改善させて、排気出口で規制をクリアさせる

�A役所が当事者の間に立って、協議の上排気の規制レベルを定める

�B規制クリアは見込めず、当事者間の合意も期待できないので排気の場所などを改善させる

 このように『どうやって店の営業を妨げず、また苦情も出ないようにするか』を考えた上で、『どの場所のニオイを測ってこの紛争の代表データとするか』を考えなくてはいけません。頭いたい。

 え〜と、やはり長くなったぞ。電話もかかってきたから一度アップしてしまおう。

2009年10月 5日 (月)

危機! すべりすぎ

 「どーしてそうなった」なログイントラブル、原因不明でしたが治りました。で、ついでだから何か書いておく。

Dscn1012

 目黒で見かけたのですが、滑るどころか後ろ手に縛られたみたいな状態ですでに転倒しています。おまけに腰なんか骨折しちゃってます。さらにお腹の上にでかいイガグリが落ちてきています。はたして先輩の運命やいかに?

中距離移動

 月初の会議を途中で抜けて、戸塚へ調査に向かっております。移動約一時間半ですが、これくらいの距離が一番辛い。
 全行程三時間とかになれば、あきらめて直行とかにもできるのですが、これくらいではギリギリまで仕事するしかありません。
 結果電車の時間ギリになって電話が入って時間がなくなる。
 湘南新宿ラインに回送でやってきた新型NEX。
 何か車体が高い感じがするな。今日は、パソコンからログインできなくなってしまったので携帯からアップです。

2009年10月 4日 (日)

還れフィレンツェへ

 ヲタ夫婦、吉祥寺を物色して歩いております。

1

 友人との夕食会の店探しなのですが、ちょっと途中で買い食いなんかしたりする。『カーニバル』でトッピングし放題。かぼちゃプリン+ソフトクリーム。食べている間にM&Mの色が溶け出して、良いカンジにジャンクな雰囲気に変わります。

Mise1

 ウチらのお店選びの基準として、「あまり狭くない」「あまり混んでない」「薄暗すぎない」って条件が入るので、なかなか難しい。何せこんなupwardleftモノが必ず登場するので、周囲を凍らせないための配慮が必要です。

Jingi1

 夕べ入ったところは北海道料理。『ハモニカキッチン』も良かったのですが、何しろ狭すぎる。

Jingi2

 ジンギスカン用鍋ですが、このようにスリットが入っているタイプもあります。直火で肉が焦げやすいのですが、炭火用なのでしょうかね?

Lonlon

 デザートを食べに別の店に。炭水化物を摂らなかったのでパスタに惹かれたりします。

Sato

 『POOH』(黄色い熊さんじゃなく)のコンサートツアーを追いかけて、 パルマ、フィレンツェ、ローマ、ヴォルノ とイタリア各地を転戦(?)してきた彼の土産話を聞きます。ウチらが時々行くイタ飯屋が今日の選定に入らなかったのはそのため。ナポリタンを食べるって極悪非道な案もありましたが。

 呆れたことに、イタリアでは演奏中だろうが何だろうが撮影&録音までフリーだそうです。以前にあった荷物チェックでも、カメラより「正露丸」に不審の目を向けられたほどだとか。

Seken

 「おみやげはホテルのアメニティのセッケン」と頼んでおいたのですが、ちゃんと買ってきてくれました。においネタになりそうなモノを。

 『DOVE』(「ドベ」と読んでいたが、ドイツ製なのでマヂでドベらしい)は何か動物系を連想させるフェロモンなカホリです。これは妙齢の女性しか使えないだろ。

 あとの2個は柑橘系ブレンド、イタリア語なので書かれていることがいっこも読めません。向こうで買うと1個1ユーロくらいだそうですが、日本だと500円以上で売っているらしい。

Can

 『にゃぢ』にもおみやげ。女房がぐぐってみたらどうやら子牛肉らしい。あと細かいことはやっぱりジョルノ語なので不明。

 子牛肉と言えば、ヨーロッパあたりじゃ安くてクセのない肉らしいそうです。何せ、種牛以外の雄の子牛はミルクだけ飲んでいるうちにお肉にされちゃいますから飼育コストも凄く安い。従ってキャットフードにもなると……。

 そう言えば、魚系キャットフードがやたらに多いのは日本だけだとも聞きましたが。長らく日本で飼われた猫はやはり昔の日本文化の影響を大きく受けまして。自前で獲るネズミ以外の動物性タンパクは飼い主が与える魚だけだったので、自然と嗜好が魚になってしまったとか。

 ところが魚中心の食事だと猫生理に必要なタウリンが不足してしまうので、昔の日本猫は小柄で寿命も長くはなかったと何かで読みました。つーことは『カリカリフード』はやはり猫にとっては良いゴハンなんだな。

Kake1

 季節のケーキ。「ローソクくれなきゃかっちゃくぞ〜」

Kake2

 これが、やたらにツヤテカでプラじゃないかと疑いたくなりましたが。ちゃんと食べられました。

2009年10月 2日 (金)

最近使わぬ魚グリル

Sanma

 サンマやイワシのような脂が多い魚はフライパンで焼くに限ります。これはティファールのソテーパン。フライパンとどう違うかと言えば全面平べったいんだな。

 確か3年くらい前の東急吉祥寺の初売りで買った福袋、フライパンとソテーパンと片手鍋大小に電気ケトルまで入って1万2千円だったか。5点全部が大活躍で、非常に良い買い物でした。

 熱いところにジュッと乗せると皮が焦げて縮んでしまうので、冷たい状態でサンマを載せてそれから中火でじわじわ焼きます。すると脂もあんまり撥ねない。

 ヘタにグリルで焼こうものなら、換気の悪いマンションじゃ家中煙が充満するし。窓を開けて焼いたら消防車が来てしまいます。(livedoor News)。ウチではグリルは野菜やシイタケ焼く方が多いです。

 以前はこうしてサンマを焼いていると、背後から「ニャぁーン!!!!」とグランドスタンド前直線をフルスピードで走り抜けるF1マシンのような鳴き声がしたのですが。

Nya

 最近はちゃんと貰えることが判っているから、催促にも来やしません。「食べてあげるからここ持って来ニャさい」

 そう言えば。

 三鷹には『寿司猫』ってのがいるらしいのですが(kousyoublog)、いったいどこの店なんだろ。今度探索の旅に出てみようかな。

Nuko1

 近所の三毛。何やら路面にご執心ですが…。

Nuko2

 うわ! こら、道路掃除なんかしなくて良いから! お前飼い猫でしょ!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック