« 防災倉庫を作ろう(その4) | トップページ | ね、猫専 »

2009年10月19日 (月)

や、谷根千

 その昔、トーキョージャイアンツは米メジャーリーグから「ゲイリー・トマソン」と言う選手を呼び寄せました。

 このヒトがまた。

               全然役に立たなかったんだな。

  まともにプレーしたのは最初の1年だけで。あとはず〜〜〜〜っと、4番にいながら空振りし続けてベンチを暖め続けていらっしゃったそうです。たしかその後の4番が原さん。

 かように。ゲイリーさんは『役に立たない』『無用の長物』という本人にとっては全然有難くないイメージで今に至るまで日本人の記憶に残っております。

 そして赤瀬川原平先生が「不動産に付属してあたかも芸術のように美しく保存された無用の長物」という意味で街中の奇妙な物体を『トマソン』と呼ぶことにしたんだな。確か『超芸術トマソン』は六本木ヒルズの一帯が再開発を始めたばかりの頃の写真がたくさん載っていました。

1

 で、そのトマソン写真展『ト、トマソン谷根千』 写真展が千駄木付近で開催されておりました。(昨日まで)

2

 会場はこんなお店やカフェやら、街中に4箇所ほど。全部廻るには結構気力と時間が要ります。

3

 気力を充実させるためには食べなくてはいけません。

4

 店頭の幕ですと「狸」と見えなくも無いですが、「三里」です。鴨つけ1500円。濃厚鴨脂味で美味かった。代わりせいろが欲しいくらいでしたが、あまりにお腹を一杯にしてはいけません。買い食いができなくなる。

5

 女房は「卵とじ」これがまた、卵を溶く時に酒が加えてあってとても良い香りです。

6

 お腹が落ち着いたら町歩き再開。空いている道もあれば人の姿が絶えない道もあります。

7

 猫の姿を求めて路地覗き。大丈夫なのか? この増設3階建て。

8

 良い光景です。狭い路地でも暗くないし。

9

 ポスト……、じゃないよな。トマソンでもない。

Kare

 最初のお店『不思議(はてな)』で見つけた年代モノのカレー粉。中身入ってます。

Muroran

 室蘭が栄えていた頃のパノラマ(風)絵葉書。遠景は合っているが線路が……。こんな風景確かに見ていたなぁ。

 −写真はいっぱい撮ったのでまだ続く−

« 防災倉庫を作ろう(その4) | トップページ | ね、猫専 »

街情報」カテゴリの記事

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735970

この記事へのトラックバック一覧です: や、谷根千:

« 防災倉庫を作ろう(その4) | トップページ | ね、猫専 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック