« 概要にして基本です | トップページ | 全品70円セール中 »

2009年10月26日 (月)

スパイス・マジック

 昨日は終日出かけておりまして。夜の8時過ぎに帰ってきて、「どこ行ってたのよ〜annoy」と怒る“にゃぢ”のゴキゲンを取りつつ慌ただしく入浴と夕食を採っていますと。どこかで見たことがあるお方がタレントの首筋を「くん」していらっしゃる。

 おお。あれは五味クリニックの五味先生ではありませんか。『となりのマエストロ』って番組で、「加齢臭の謎を解き明かすこの道25年においのマエストロ」って煽り文句で登場なさっておりました。

 加齢臭が発生するひとつの原因は、汗腺の機能不全であるようです。血液中から余計な成分を漉し取って、わずかな塩分と水分を出すのが正しい汗腺の働き。ところがこの汗腺を働かせることが少ないと、そのフィルター機能が甘くなってしまって塩分以外の分泌物がダダ漏れしてしまうようになります。

 人体だって機械だって、使わないと具合が悪くなります。

 ともかく、水と塩以外の成分が汗に出て来てしまうのが加齢臭のひとつの原因なんだな。それでさらにノネナールが生成される体の状態が出来上がっちゃうと立派な加齢オヤヂのできあがりと……。

 要は正しい汗をかける体にすれば良いワケですな。「汗をかくときには汗をかく」って当たり前なことができなくなっているから変なことになる。

 中国の寒い地方だって、厳寒時に汗をかかないことが体に良くないことを知っていたから、食事を摂った時に汗が出るようにう〜んと辛い味付けにしてあるらしい。唐辛子と山椒の料理だな。寒くなって来たからそろそろ「陳麻婆豆腐」が食べたいです。

 あ、料理と言えば。奇しくも五味先生と一緒に紹介されていたのが『スパイス一筋25年』のマエストロで……。誰だったか忘れてしまった。

 「イチローの記録の秘訣は朝カレーのスパイスに入っているカルダモンである……」とかのあたりから話が始まっていたような気がしますが、“にゃぢ”構うのが忙しくてあまり覚えていなかった。

 そう言えば……。スーパーの棚に「スープカレー」ってものを見かけなくなってしまったのだが、あれも一時的な流行だったのか? あんな良いモノちょっとなかったのに。

 吉祥寺東急のイベントに札幌の『マジックスパイス』が来たときに初めて食べたのですが、大量の汗が出た後に、体がスッと軽くなる感じがしました。あれはクセになるのが解ります。つーか、絶対中毒性があると思う。

 もともとスパイスは欧米諸国で、「人間の能力を高めるもの」と信じられていたようでして。それをモロにネタにしちゃったのが『砂の惑星』ですな。

 あれは『メランジ=スパイス』でもってほぼ超能力を使えるようになってしまうのですが、使い過ぎると白目が青目になったり、体が人間状体じゃなくなる弊害もあるようです。

 カルダモンは集中力を高める作用があるそうですが、他にも『体の脂肪を取り、食品の消化を助け、口臭を除去』する効能があるそうです。ってコトは、加齢臭の予防にも効果があると言えるな。この話題、番組の中でリンクしてたのかな?

 他にも、番組では多分言ってなかったと思うけど、『フェンネルシード』が口臭予防効果、特に酒を飲んだ後の口の臭いを除去してくれるそうです。でも酔いまで除去はしませんから、飲酒検問をごまかすことはできません。

 『フェンネル』の本体の方はセロリみたいな茎塊で(あれもこれも)、ポトフに入れても美味そうです。

Seal2

ただ今楽天で、デオドール製品セール中です

« 概要にして基本です | トップページ | 全品70円セール中 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735978

この記事へのトラックバック一覧です: スパイス・マジック:

« 概要にして基本です | トップページ | 全品70円セール中 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック