« 危機! すべりすぎ | トップページ | シュバルツさんからの相談�A »

2009年10月 6日 (火)

シュバルツさんからの相談�@

 え〜。昨日は約2時間、住宅の床下を這い回ったために体中ベキベキに痛いです。そこ持ってきて、今週は毎日調査やら現場やらが入っておりまして非常に不安です。

 それで、『住まいの相談室』に私ご氏名の内容のが来ておりまして、早速見てみましょう。

 私は、現在の場所にずっと住んでおりまして、去年あたりから、 近所に飲食店ができました。夕方ぐらいになると、調理臭が漂ってきて、 窓を開けっぱなしにはできません。

そこで、役所に相談したところ、臭気測定を行ってもらうことになりました。

ここで疑問なのですが。

 飲食店は第2種区域で、私の家は第1種区域に建っています。 そうした場合は、やはり、飲食店が建っている第2種区域での臭気指数が適応されるのでしょうか?
 
 ちなみに、そこは、換気扇が3つあり、排出口の高さがすべて15m未満です。
 それぞれが、排出口の口径が0.6未満です。
 となると、0.6未満×3ヵ所=0.9以上なら、臭気指数は、24になるのでしょうか?

 また、臭気指数以下なら、やはり、ガマンするしかないのでしょうか???

 都市部では非常に多いタイプの苦情です。排出口高さ15m未満とか口径いくつとかは、工場のエントツなどの排気口の測定で使うデータです。

Haiki

 こんなの↑

 これに排気の温度やら湿度やら周囲の建物の高さなんかまで調べて計算ソフトに入力します。すると敷地境界線での臭気指数が求められます。

 しかし飲食店のキッチンから出る排気、私たちは厨房排気と呼んでいますが、この場合上に挙げたようなソフトでは計算できません。敷地境界なんて実質存在しない場合が多いですし、見ただけで「拡散しね〜」状態で排出されている場所も珍しくありません。

 法律上は飲食店を含めて『事業所』で認められている敷地境界での排気のニオイは『住宅地で10以下』『商業地域で30』とか決められています。でも実際のところまず不可能です

 なので、お役所の考え方としては「ニオイは出しても苦情を出すな」になります。

 一見矛盾したことに感じますが、要は『隣近所仲良くしていれば多少ニオイが出ていたところで苦情にはならない』ってことです。 

 で、そのような状況で苦情が発生してしまった場合には、役所の担当者さんの裁量に任されることになります。あくまでも法律に則って測定しようとしても悪臭防止法マニュアルが役に立たない場合が多いので。

 以下に書くことは、あくまで私が役所の担当者だった場合の手順です。全ての環境保全課や生活環境課の職員が同じようにできる訳ではありませんので、参考ってことにしてください。

 このような場合何が重要かと言いますと「苦情の実態がどうなのかを明らかにする」ことにつきます。計算上どうのこうのではなくて、『苦情となっているニオイは実際のところどんな状態なのか』ってことに注目する必要があります。

 そうするとまずニオイの発生元である飲食店を視察して、設備に不備なところがないかを調べます。それから実際に排出されている臭気を確認して、次にそのニオイが確かに苦情申し立て人の住居に流れているかを確認します。

 次に判断します。ここが難しい。ちょっと嗅いで「この程度?」と思ってしまうようなレベルの強さや質のニオイでも、ほとんど一日中嗅がされていたら忍耐レベル振り切ってしまうものです。

 次に口頭で指導と言う運びになるのですが、シュバルツさんの場合は指数測定のところまで来てしまっているのですな。

 指数測定の場合にも、やはり担当者の裁量が大きく働きます。それは『この問題をどう解決していくのか』という動きの一部になるからです。

 つまり、解決の方法として。

�@お店の排気システムを改善させて、排気出口で規制をクリアさせる

�A役所が当事者の間に立って、協議の上排気の規制レベルを定める

�B規制クリアは見込めず、当事者間の合意も期待できないので排気の場所などを改善させる

 このように『どうやって店の営業を妨げず、また苦情も出ないようにするか』を考えた上で、『どの場所のニオイを測ってこの紛争の代表データとするか』を考えなくてはいけません。頭いたい。

 え〜と、やはり長くなったぞ。電話もかかってきたから一度アップしてしまおう。

« 危機! すべりすぎ | トップページ | シュバルツさんからの相談�A »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

石川様

さっそくご返信ありがとうございます。

保全課とは違い、専門家の方の意見はとても参考になります。


さて、石川様からのご質問についてですが、
住まいの相談室にて回答しております。

ここに記載しては、あまりに長くなってしまいそうだったもので(汗)

よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735955

この記事へのトラックバック一覧です: シュバルツさんからの相談�@:

« 危機! すべりすぎ | トップページ | シュバルツさんからの相談�A »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック