« シュバルツさんからの相談�A | トップページ | タイフーンだがエンジン不調じゃないらしい »

2009年10月 7日 (水)

地底のアラクネー

 これは先日の現場です。あっ、オーブが……。

Yukasita1_2

 新築後半年経ってから床下がえらくカビくさいことになりまして、大工さんやメーカーのサービスが潜っても何も発見できないまま時間ばっか経ってしまいました。当然そんな時は私の出番となります。

Yukasita2

 普段の床下状態を再現するために下に入ったら点検口を閉めてもらいます。来世までお元気で。

Yukasita3

 平気でネタ写真撮っておりますが、実は狭いところはあんま得意じゃありません。最初に無言で自分に気合い入れてからじゃないと入れません。でも調査モードになればそんなこと気にならなくなります。

Yukasita4

 点検口の位置を見失わないために最小限の明かりにします。まず最初に床下空気流の観察です。微妙な風とニオイを感じ取るために視覚情報遮断。つまり懐中電灯も消して嗅覚に集中させる。

Yukasita5

 当然こうなります。

うわ〜ん!狭いよ!暗いよ!恐いよ〜!

 ですが、これで約10分観察を行います。あ、こっちだ。

Yukasita6

 何だ排水管のところのモルタルが浮いてたんだ。こっから基礎の土のニオイが入って来てたんだな。

 ところで。こんな真っ暗な場所の近接撮影ってのはなかなか難しいものです。フラッシュ焚くと真っ白に飛んじゃうし、懐中電灯じゃ狭い範囲しか照らせない。カンテラ持って匍匐前進はできないし、いちいち取りに戻るなんてのはゴメンです。後ろ向きに這って戻らなくちゃいけない場合だってありますので。

 なのでコンパクトデジカメの前面に『有機ELフラッシュ』が付いたのなんかが発売されると、とても助かります(GiGAZINE)。

« シュバルツさんからの相談�A | トップページ | タイフーンだがエンジン不調じゃないらしい »

住まいトラブル/災害」カテゴリの記事

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39735957

この記事へのトラックバック一覧です: 地底のアラクネー:

« シュバルツさんからの相談�A | トップページ | タイフーンだがエンジン不調じゃないらしい »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック