« 虫も殺せぬ | トップページ | スマッチ! 編集部に行ってきた »

2009年12月11日 (金)

健康を守る“3秒ルール”

 以前から疑問に思っていたことなのですが。ヨソのお宅に調査に伺って、チリひとつ落ちていないピカピカな家ほど、お子さんがアトピーにかかっていることが多いようです。

 果たしてアトピーだからお母さんが一生懸命清潔な環境を作ろうと努力しているのか、それともキレイ過ぎるからこそ逆に悪い影響が出ているのか。

 『アトピーにならないためには幼児期に動物の糞尿に接触させた方が良い』なんて話も聞きましたが、そのうち何かの研究成果が発表されると思っていたら。

 「幼少期に非常に清潔で衛生的な環境にいると、成人してから炎症を起こしやすくなり、多様な疾病にかかるリスクが高まる可能性があることが分かった」(GiGAZINE→AFP)って結果がノースウエスタン大により確認されたそうです。

 免疫系も脳の発育と一緒で、様々な刺激に晒されないと発達しないんだな。つまり幼少時にいろいろな菌や微生物に接触していないと成人してからの疾病リスクが高くなる。弱っちい大人が出来上がってしまうんだな。

 考えてみたら今小さい子供を育てている親自体が、『清潔第一』の中で育てられた可能性が大きい。もしかして親の免疫系バランスの悪さがその子供に出て、それを治そうとして却って悪い影響が出ているのか?

 するってーと。自分のお尻掃除したばっかのネコが赤ちゃんの顔を「ぺろん」するのは、赤ちゃんにとっては良いことなんだな。ペットが家にいることは、情緒面だけでなく免疫的な面でも有意義らしい。床に落ちた食べ物は決して捨てないで“3秒ルール”で食べさせる方が将来の健康にとっては良いことなのです。

« 虫も殺せぬ | トップページ | スマッチ! 編集部に行ってきた »

ペットと暮らす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736020

この記事へのトラックバック一覧です: 健康を守る“3秒ルール”:

« 虫も殺せぬ | トップページ | スマッチ! 編集部に行ってきた »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック