« シュバルツさんからの相談(その後) | トップページ | 虫も殺せぬ »

2009年12月 9日 (水)

猫換気で結露知らず

 このマンションに引っ越してくる前に住んでいたコーポは、『夏暖かく冬涼しい』という、非情〜に優れた建物でした。ガスファンヒーターを使っていたので、窓もちゃんと結露しました。

 で、現在はどうかと言いますと、結露なんか見たことがありません。暖房が電気ストーブとエアコンになったのと、非常に優秀な24時間換気システムの働きによるところが大きいと思います。

Dscf1567

 これ↑がその換気レジスターです。一般的には『猫の出入り口』と呼ばれることもあるようです。

 これがほとんど開いている上に、キッチン換気扇は屋上のアシストファンで吸い上げる構造になっているものだから、完全に第3種24時間換気状態です。

Dscf8003

 ついでだから外から見たところ。にゃぢのセクシーお尻つき。

 コレなものですから、家の中で洗濯物を干しても結露しません。良いのだか悪いのだか分かりませんが、やたらに電気代がかかっているわけでもないので悪くはないようです。どちらかと言えば夏の方が電気代が高いかも知れない。

 いま気がついたけど、ウチは有馬さんのところとほぼ一緒の状態だな。

 先日、調査の現場で防カビの技術者と話をする機会があったのですが。その人の意見では『窓の結露を嫌いすぎるから変な場所で結露する』そうです。

 家の中で生活していれば結構な量の水蒸気が発生することは当然です。換気で排出しきれなかった水蒸気は、家の中の温度が下がり始めると当然気体でいられなくなります。

 つまり、家の人が寝て暖房が止まった頃にどーしたって結露は起こる。サッシに結露すれば排水できるシステムになっているのに、それすら嫌ってペアガラスだ樹脂サッシだと結露防止をしてしまうと、飽和している水蒸気は家の中で一番温度が低い場所でこっそり結露するしかなくなります。北向きの壁とか、家具の裏とか。

 一般的な住居内生活を行っていてもそのような現象が起こるのに、加湿器を使っていたらもはや住居内の水蒸気はどーやっても処理し切れないほどの量になってしまいます。

 ではどーするのが良いかと考えますと。

�@住宅内で絶対結露が起こらないように、家全体を24時間均一な温度に保ち続ける。

�A換気量を増やして水蒸気をどんどん排出する。

�Bガラスに結露させて半手作業で除去する。

 他に何か手立てあるかな? 昆寛さんに聞いて見ようかな。

« シュバルツさんからの相談(その後) | トップページ | 虫も殺せぬ »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

なるほどー。
うちでは換気もそうとう意識的にやっているので、
その効果もあるかもしれないのですね。
窓に結露、悪いことじゃないってのは驚きでした。

私も、なるほど〜と思いました。

確かに、結露を嫌がって、窓にあれこれ細工をしたら、
別の場所に水は溜まりますよね〜。
自然に任せて、窓をあけ、換気するのが一番!!

ところで、ネコちゃんのおしり、かわいい〜。

有馬ゆえさん
ままぷりさん

どもです♪
窓枠がカビるだのと言ったことは別にして、
見えないし手も届かない場所で結露される
よりはよほどマシですね。
“にゃぢ”は、顔は恐いけどお尻とシッポは
可愛いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736018

この記事へのトラックバック一覧です: 猫換気で結露知らず:

» 窓の結露1(結露のメカニズム) [俺の家は高性能!]
amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp; [続きを読む]

« シュバルツさんからの相談(その後) | トップページ | 虫も殺せぬ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック