« 30年後。変わったのは電車だけ | トップページ | 役満つる »

2009年12月18日 (金)

冷蔵庫温暖化現象

 いつものようにニュースチェックをしていたら、ライフハッカーの『年末の大掃除には冷蔵庫のコイルもお忘れなく!』って記事が目にとまりました。

  冷蔵庫のコイルって何だ?

     Bane 冷蔵庫にこんなの付いてたか?

 記事を読むと、どうやら背面に付いている放熱器のことらしい。でもよほど小型のじゃないと、最近の冷蔵庫には付いていないような気がするぞ。

 写真を探したけど、わざわざそんなモノ写してアップする人もいないのでなかなか見つからない。

Ura

 やっと見つけた。どうやら外国の製品らしい。おネズに囓られております。

 ウチでも昔冷蔵庫裏にハムスターが入り込んで、勝手に食料貯蔵庫を作っていたことがありました。冷蔵庫をどけたらヒマワリの種やら“じゃがりこ”やらが山盛りになっていました。

 上の方に見える網みたいなモノが『コイル』だな。 業界のヒトは『コンデンサー』と呼びます。冷媒を液体に戻す凝集器だから。

 ここにホコリが溜まっちゃうと、ホコリが断熱材の役割を果たすもので熱の放散が上手くできなくなっちゃう。それで効率が落ちる。

 ライフハッカーの記事を書いたヒトは『コイルが見つかったら、掃除機でホコリをとり、石けんを溶かしたぬるま湯に浸した雑巾で拭きます。』と書いているけど、もしかして『コイル』がどんなモノなのか知らないで書いているのではないのか?

 掃除機でホコリを吸い取る時に気をつけないと、掃除機ノズルをガシガシ当てるとコンデンサーのパイプが折れて冷媒が吹き出してしまいます。そうすると冷蔵庫一巻の終わりです。

 でも最近の冷蔵庫はそもそもコンデンサーが露出していない。何でそうなったのかぐぐってみたら。こんな記事みつけた。(OKwabe

 へー。昔はドア周辺の結露防止にわざわざヒーターを入れていたんだ。それじゃあまりにもムダだからコンデンサーの放熱でもって冷蔵庫本体を暖めて同じ効果が出るようにしたんだ。それで最近の冷蔵庫はボディが熱くなるんだな。知らんかった。

 ウチの冷蔵庫も鎮座したまま一回も掃除していないから、今年は引っ張り出して裏面のホコリ取ってやろ。『にゃぢ毛』もたまっているに違いない。

« 30年後。変わったのは電車だけ | トップページ | 役満つる »

住まいノウハウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736031

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫温暖化現象:

« 30年後。変わったのは電車だけ | トップページ | 役満つる »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック