« 「ヒトガタ」ではない | トップページ | リカバリーなし »

2010年1月26日 (火)

格差に悩む

 昨日は臭気判定士会で行なっている『臭気判定士試験直前講習会』の講師が集まって、前回の反省と来年度の講義内容についての打ち合わせが行なわれました。

 受講者のアンケートを見ますと、講義の難易度や理解度に非常にばらつきがあることが分かりました。そして「教養を高めるために」臭気判定士を受験することにした人もいらっしゃる。

 何よりも「う〜ん……」と唸ってしまったのは『におい・かおり環境協会』で行なっている技術講習会を受けずに受験しようとしている人が多いこと。たぶん臭気判定士会の講習会のほうが安いから選んだのではないかと思います。

 講師としては「そこそこ勉強した人に対する試験の注意ポイント」を教えるような講義を主体として話すので、科目によっては非常に難しい内容になってしまうこともあります。受講生の学習レベルにかなりの違いがあるんだな。これは困った。

 何とかハードルを下げて、興味を持ってくれた一般の人でも受験に進める内容にしたいのですが、下げてしまうと勉強が進んでいる人たちに無駄なことを聞かせるだけになります。

 工学のことを勉強する機会がないのにこの世界で仕事をしてきた人間ですので、基本の用語すら理解できなかった苦労を良く知っています。「世間に臭気判定士の認知が足りない」と言いながら高いハードルのままではどうにもなりません。何とかしなくては。

Sakaieki

 武蔵境駅の旧上りホーム。バラストが撤去されました。春までには駅前ロータリーに繋がるな。

« 「ヒトガタ」ではない | トップページ | リカバリーなし »

臭気判定士のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736226

この記事へのトラックバック一覧です: 格差に悩む:

« 「ヒトガタ」ではない | トップページ | リカバリーなし »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック