« にしむくさむらい | トップページ | ファイナルバブルボブル »

2010年1月 1日 (金)

3年ぶりの雑煮

        あけましておめでとうございます。

 とりあえず今年もテケトーに毎日更新すると思いますので、よろしくお願いいたします。

 去年はきっぱりサボりましたが、今年は雑煮を作りました。過去ログ見たら2007年以来だった。

Zoni

 と言っても合鴨と芹だけのシンプルなものです。北海道の家では、雑煮は必ず親父が作っていました。ダイコンニンジンサトイモを千六本に刻んで、鶏肉と芹のしょうゆ味。

 千六本は面倒だし、それに昨日買ってくるの忘れたので嫌でもシンプルになります。

 シンプルといえば。

 尾張周辺の昔の雑煮は『餅と餅菜だけ』だったそうです。頂き方にも作法があって、最初に上に乗っている菜をつまみあげます。でもその菜っ葉は食べてはいけないもので、最後に椀の底に残さなくてはいけないそうな。

「菜を上げる=名を上げる」「菜を残す=名を残す」にかけた縁起かつぎらしいです。

 名とは関係ないウチの簡単雑煮は。鴨肉は鍋で素焼きして一度取り出し、鍋に酒を注いで火を入れて。煮立ったら別に取った昆布だしを注いでアゴのだし粉入れて、味つけは薄口醤油だけ。量は全てテキトー。

 その間にオーブントースターで餅を焼いて……。

 北海道だと切り餅ですが「のし餅」買ったら食べきれないでカビさせてしまうし、真空パック餅はあまり好きではないし。仕方ないので鹿児島の丸餅を使います。大きさがちょうど良いので。

 鍋の中がひと煮立ちしたら芹の茎のとこを入れて、ひと煮立ちしたら弱火にして鴨肉を鍋に戻します。この時皿に流れた肉汁もしっかり鍋に入れること。肉を入れたら固くならないようにあとはずっと弱火です。

 さらにその間に椀にお湯を注いで暖めて、餅が焼けたところで芹の葉っぱを投入してひと混ぜふた混ぜ。椀が温まったらお湯を捨てて代わりに餅入れて、そこにお汁を注ぎます。簡単だけど全てタイミングが重要になります。そこはテキトーではいけません。

 二人とも『おせち』が好きではないので、正月っぽい料理はこれだけです。昼酒も嫌いなので、お昼からは早くも「通常運行」に戻ると思います。

« にしむくさむらい | トップページ | ファイナルバブルボブル »

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。部屋の臭いに悩んでおりこちらにたどりつきました。石川さんはテレビで拝見したことがあります。

さて我が家はマンションなのですが、12月の半ばから変な臭いがするようになりました。酢のような臭いです。対面キッチンなので、キッチンとつながっているリビングと和室、玄関からリビングへの廊下も臭います。

以前はそんな臭いはありませんでした。思いつくことは、12月に入って、キッチンの大掃除をしたことです。きれいになったはずなのに、どこから臭っているのかわかりません。頭が痛くなってきます。

キッチンカウンター前のソファーに座っているの頭のほうから臭います。発生源は流し台周辺なのですが特定できません。臭いの原因を調べていただきたいのですが、どちらに依頼すればよいのでしょうか?また費用はどのくらいかかりますか?一刻も早くこの臭いを解消したいと思っています。家族は何も感じていないようです。どうかよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736200

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりの雑煮:

« にしむくさむらい | トップページ | ファイナルバブルボブル »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック