« 調査に踏み切る(その後) | トップページ | 水もれ甲介 »

2010年1月20日 (水)

外出する! 対天候シールド展開用意!

 何だか新型インフルエンザ用ワクチンが凄い勢いで余りそうな状況になってきたそうです。緊急輸入分がまるまる不要になりそうだそうで、こりゃやっぱりWHOと製薬会社の陰謀って説に信憑性が出てきました。

 暖かい時期に感染が始まったというのも不自然だし、冬になっても人がバタバタ倒れるようなニュースも聞きませんでした。やはり非常〜に不自然。

 でも不自然は『自然』に勝てないって話もあったりします。世界中が温暖化防止で躍起になっているってところに、「氷河期入りました〜!カラパイア)」って研究結果が発表されてしまいました。

 コロラド州の米国家雪氷資料センターの数値によると、2007年より、北極は夏に海面氷結面積がすでに約106万平方キロ増加しており、増加率は 26%にのぼったという(記事より)。

 ちょっと待て。2007年から氷は増えてたって。『そらべあ』は何だったんだ? 氷がなくなってシロクマが溺死してたのはホンの一部で発生していたことなのか?

 これでは調べまくってからじゃないと何も信頼できないな。でも調べなくても小沢は信用できないし、したくもないぞ。

 でも寒冷化が進むのなら、また東京に雪が降るのかな。

 『傘体のない傘』って文字だけ見ると意味不明なモノがありまして(EUROPA)。雨滴を弾く布やビニールの幕の代わりにエアカーテンを展開するんだな。なにやらダイソンのプロペラなし扇風機を連想してしまいますが。

 いまのところコンセプトモデルですが、雨滴に対して有効なエアバリアを展延するためには十分なエア量と気速が必要になるので。ファンの音とか凄いことになりそう。

 そして何より、その凄い勢いで吹き飛ばされた雨滴が周囲180°に飛散するんだな。これわもの凄い迷惑装置。でもチラチラ降る雪なら楽しいかも知れない。やっぱりファンの騒音が気になるだろうけど。

Dscf5496

 で「さくらや」に続いてコレだ。ANAとの競合路線の場合、多少時間を調整してでもJALを使うことはありませんでした。

 ……この信頼性のなさが全てだって気がするな。

 出雲とか岡山とか使ったからまだ有効マイレージが残っていると思うのだが、食玩と交換できるわけじゃないからいいか。

 最近はANAのマイレージだって、レンタカーで貯まる方が多いな。

« 調査に踏み切る(その後) | トップページ | 水もれ甲介 »

ムダなこだわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736220

この記事へのトラックバック一覧です: 外出する! 対天候シールド展開用意!:

« 調査に踏み切る(その後) | トップページ | 水もれ甲介 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック