« 寄り道『武蔵野タワーズ』 | トップページ | 有楽町で食べましょう »

2010年2月 6日 (土)

とっても真剣

Bal9

 新宿『バルト9』に来ております。映画館に来たのは半年ぶりくらいでしょうか。

Sinken

 観に来たのはこれなんだな。『シンケンジャーvsゴーオンジャー』

 そう言えば前回観に来たのは『仮面ライダーディケイド』だった。 呆れたオヤヂです。でも平日午前の上映は、客の入り2分。そのうち「大きいお友達」割合は90%でした。ちゃんちゃんばらん。

 既にパパ&ママが戦隊ものを見て育って来ていますので、結局子供と一緒にずーっと見続けているというのもあるのでしょうが。作り手の方も『大きいお友達』を目一杯意識して作品を作っています。

 『シンケンジャー』の設定のヘビーさときたら「日曜朝の子供向け番組でコレは良いのか?」と思ってしまうこともしばしば。それだけ作り手も練れてきたと言うことでしょうか。

 『大人になっても子供の頃の楽しみを味わい続けている』と言うのは悪くないのですが、『大人になっても子供の感覚から抜け出せない』という状態はやや心配です。

 すし店では、わさび抜きを注文する若者が目立ち、眠気覚ましのガムも刺激を抑えた商品が発売されている。子どものころから味覚や嗜好(しこう)があまり変わらず、「大人の味」が苦手な若者が増えているようだ。(毎日jp)

 味覚に異常があるのではなく、単に嗜好が変わらない状態であるらしいのですが、親が子供が好む味付けばかりの食事をさせ続けた結果かも知れない。味のバリエーションが少ないから味覚が発達しないんだな。

 昔某掲示板で。人気のあるつけ麺屋のつけ汁が甘いという話題が出て、そこの連中が「砂糖が多すぎる、何で砂糖なんか使うのだ」と非難していました。

 「そんなはずはないだろう」と試しに食べに行ったところ、甘みの正体は香り付けにも使われた柑橘果汁でした。皆甘味は分かるのに柑橘の酸味と香りが分からなかったらしい。先入観+知識のなさ+味覚の未発達が間違った結論を導き出している例。某掲示板ではそれが店に対する誹謗中傷に発展していたから始末が悪い。

 似たような事例で。小学生にいろいろな香りを嗅がせて感想を聞く実験を、どこかのニュースで見ました。良いニオイも悪いニオイも取り混ぜていたのですが。子供たちはどれを嗅いでも「くさ〜い!」としか回答しませんでした。

 編集でそうなっただけで、実際は有意義回答もあったのでしょうが、これも「知っていて表現できるニオイの種類が少ないため、知らないニオイに対してネガティブな反応をしてしまう」例です。小学校低学年だから語彙が乏しいことも影響していいるとは思いますが。

 これが大人になっても変わらないといかにマズいかと言えば、「他人に適切な情報伝達ができない」ことに繋がるからです。

 知らないニオイは表現することが非常に難しいものではありますが、良いオトナになってからでも「何かくさいんです。頭が痛くなるほどくさいんです」と、自分がいかに悪臭で苦しんでいるのかを正しく伝えることができない人になってしまいます。

 それほど強いニオイであれば何らかの『におい質の表現』はできるはずなのですが、知っているニオイの数が少ないために似たニオイを持ち出してくることができない。あるいは全く違ったニオイを言ってしまう。

 「におい経験」が少なくても普段は別に不便なことはありませんが、ニオイのトラブルに巻き込まれてしまった時には、解決にあたって非常に重要になります。他人に不快な状態を伝えることができるかできないかという基本的なところにかかってきますから。

« 寄り道『武蔵野タワーズ』 | トップページ | 有楽町で食べましょう »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

日本語にはビミョーな事も表現できる言い回しが存在するのに、やたらと「なんかなんか」を連発してボキャブラリのなさを露呈してる昨今のヤングと同じですねー。

その記事、読みました。
で、結論の安易さにちょっと唖然としました。
なんでもかんでもネットのせいかよ、ってね。
師匠のように、ちゃんと説明してくださらないと、
何が問題かが分からんですわい。

へぇ…そうなんですねぇ。
これから大多数の人がそうなってしまったら、世の中から刺激物系の食べ物が姿を消してしまうのでしょうか?

薬味大好き、刺激物大好きなあたしにとっては生きにくい世の中になってしまうわ!!

ぷれぷれ氏

どもなのだ(^(ェ)^)ノ♪
人間なにごとも「けいけん」を積まないといけませんなぁ。

ひろぽんさん
毎度どうもです♪
味覚と嗅覚は「化学反応+人間のメンタル」であることを知らないと、
味やニオイの刺激に対してなぜこのような反応が出てくるのかを
理解することが難しいです。
ネットやテレビの「ながら」に原因があるなら、一昔前の激辛ブームは
一体何だったのか説明してほしいですね。

がらさん
毎度です♪
大丈夫です。
みのもんたが何か言えばすぐ皆飛びつくから。
すぐ飽きちゃうだろうけど……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736238

この記事へのトラックバック一覧です: とっても真剣:

« 寄り道『武蔵野タワーズ』 | トップページ | 有楽町で食べましょう »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック