« 分子力発電 | トップページ | 雪の行軍 »

2010年2月17日 (水)

お婆ちゃん家のにおい

 先日、例の下北沢のお店で古いモノを掘っていた時のことなのですが。お婆さんに近いマダムがお二人「ねえ電車あった〜?」と言いながらご来店になりました。話す内容から、どうやら孫のところに持って行くらしい。

 その、マダムたちとすれ違った時に。強烈な『古いおうち』のにおいを感じまして。ある意味懐かしく、そして同時に「う〜ん」と考えてしまいました。

 『住まいの相談室』に、古い木造住宅を借りた人からの相談があったことを思い出したので。

 また相談引っ張ってくる。

木造の賃貸なのですが嫌な臭いがして困ってます。

 カビなのか、土臭いような古い家の臭いが部屋全体からしてきます。
 家にいるのも気持ちが悪いのですが、洋服、バックにまで臭いがしみついて ノイローゼになりそうです。 ネズミもいるようです。

 部屋の下見に来た時にも少し臭いが気になったので 仲介業者に訪ねた所、「締め切ってたので1カ月もすれば臭いはなくなります」 との言われとのを信じて借りてしまいました。

 大家さんに相談はしてみましたが 臭いはあるものの、原因と発生場所がわからない為どうしようも出来ないとの事でした。

 古い家の臭いをとる方法はあるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

 1ヶ月以上前に寄せられた質問でしたが、ちょっと答えかねていました。良い機会なので回答を書いておく。

 住んでいる本人たちは『順応』という現象を起こしてしまって、そのにおいが全くわからない。あるいは気にならなくなっています。でも全く関係のない人は、独特のにおいを感知してしまいます。着ているコートからでも「古いお家のニオイだ」と判ってしまうように。

 古い住宅の場合、一番においが発生して溜まりやすい場所は『床下』と『天井裏』です。どちらも空気の流通が悪く、ホコリが溜まりやすくカビの発生が起こります。

 特に床下がコンクリートではなく土の場合、湿気が高くなりやすいために畳の下にある床がカビてしまうことがあります。さらに築30年とか40年そのままの住宅になりますと、下水管が劣化して床下で漏れていることもあります。

 それがありますと床下の湿度が非常に高くなってカビの発生が激しくなり、同時ににおいも強くなります。

 天井裏では何もなくてもホコリが蓄積して独特のにおいが発生することがあります。さらにわずかでも雨漏りがありますと、木が腐食してこれも独特の嫌なにおいを発生させることがあります。

 このような場合、まず最初に『雨漏り』と『床下の下水漏れ』が起こっていないかを調べてもらう必要があるでしょう。

 そして長いこと空き家であったために、家の中全体に拡散してこびりついてしまったにおいは脱臭専門の業者に頼んでオゾンなどで取り除くしかありません。戸建て住宅丸一軒ですと、においの程度と壁の材質にもよりますが4日5日かかると思います。

 時間がかからない方式ですと

�@植物精油(アロマ)系消臭剤

�A凝集剤系(無臭)消臭剤

 を全体に吹き付ける方法があります。これなら半日で済む場合もあります。

 ただし�@はアロマのにおいが薄く残ります。�Aは薄いアルコールが短時間残る程度ですが、材質によっては使用できない部分もあります。

« 分子力発電 | トップページ | 雪の行軍 »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736249

この記事へのトラックバック一覧です: お婆ちゃん家のにおい:

« 分子力発電 | トップページ | 雪の行軍 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック