« フェリー時代が懐かしい | トップページ | 歯医者のニオイ »

2010年2月12日 (金)

武蔵野更新

Noyaki

 庭の野焼き中です。いつ雨か雪が降るかわからない天気でないとできません。窓を開けたり洗濯物を干しているところがない時じゃないと苦情が出ますからね。

 去年はこれを怠ってしまいましたので、ただでさえカオスな庭が凄いことになってしまいました。やはり枯れ草や古いモノは取り除いて更新させなくてはいけません。

Sakaya

 イトーヨーカドーの西館も更新と言いますか改装中で、テナントがごっそり入れ替わります。酒屋は在庫一掃中。昨日見に行ってみたら『アロエ焼酎』『アンゴスチュラビターズ』『マラスキーノ』とか超濃い酒しか残っていませんでした。

 何でも次には『八重洲ブックセンター』『ABCマート』『リンガーハット』が入るらしい。『ミスタードーナツ』が戻ってくるという噂もあります。(武蔵境ブログ

 更新と言えば。

 昭和があちこちに残存している三鷹を象徴するような『江ぐち』が閉店してしまいました。

Photo

 全然知らなかった……。

Photo_3

 そうと知っていたらワンタンとタケノコ増しにしておくんだった。この、1月19日が最後の一杯だったのか。張り紙もなかったぞ。

Photo_2

 再開を望む声も多いですが。私にとっては“この江ぐち”でなくては意味がありません。タイルの床に木のベンチ、ベコベコながら磨き込まれたステンのカウンター。何もかも古いこの店で食べるからこそあのラーメンの味に価値がある。

 これをそのまま再現するなら良いのですが、全く新しい店になってしまったら銀座の萬福みたいに『どうと言うことのないラーメン』になってしまう。あそこも崩壊寸前の木造のお店だったからこそ「美味くない」と文句を言いいつつもわざわざ食べに行っていました。

 武蔵野もタワーマンションが建ってあれこれ更新ですが、このような味のある店が消えて行ってしまうのはどうにも寂しいことです。

 「武蔵野タワーズってどうですか?」(スマッチ!マンション口コミ掲示板)

« フェリー時代が懐かしい | トップページ | 歯医者のニオイ »

街情報」カテゴリの記事

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

江ぐち初めて食べたとき日本そばのような麺の食感にびっくりしたものです。
あと鍋に麺の投げ入れよう…

食後、三十分後くらい口の周りがしびれたようになって
、ああ、これがうま味調味料過多ってやつかと。

ひろぽん亭主さま
どうもです♪
全粒粉のボソボソ麺。茹で時間上げタイミングなど無視っつーか最初から全く気にしていない麺扱い。湯切りのヘタさ加減。
どこを取っても完璧にダメです。全然ダメです。恐ろしくダメです。
『美味いか不味いか』なら躊躇なく『不味い』札を挙げます。
何でこんなラーメンを美味いと褒める人間がいるのか不思議です。
こんな不味いラーメン、週に一度が限界です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736244

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野更新:

« フェリー時代が懐かしい | トップページ | 歯医者のニオイ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック