« 探し物は難ですか | トップページ | 武蔵野源流 »

2010年2月21日 (日)

別れと出会いの季節

Sakura

 庭の桜が今年もやる気を見せております。下向きに咲くのですが、よーやく見上げられる高さに伸びました。今年こそ芝生にテーブル出して花見ゴハンを決行するぞ。

Nuko

 猫世界も“春”になったようで、こいつがしつこくやって来ます。今まで見かけなかった茶虎。首輪を付けているから引っ越してきた家の飼い猫かな?

Sim1

 また下北沢に来ております。駅がますますジャンクなことになってきております。

 ここは小田急線のネックなポイントです。ここを複複線化するためには小田急か井の頭線が地下に潜るしか手がありません。たぶん小田急が下を掘るのでしょうけど、井の頭線の新型1000系の正面に貫通扉が付いたところが気になります。あれは地下に乗り入れるための準備に違いありません。

 だって2編成の10両にしちゃったら、新泉駅じゃ半分以上の車両がトンネルの中に止まってしまうことになります。きっと将来は渋谷駅で台車から「バシッ!」と集電シューが飛び出して銀座線か、あるいはそのまんま副都心線に乗り入れ。

 ……ムリだな。西武多摩川線が中央線に乗り入れるみたいなものだ、輸送力の増強どころか障害になりそう。井の頭線はまったり感に存在意義がある路線です。

Sim2

 駅の北側。この闇市の名残を何と呼んでいたか忘れてしまいました。しかし昔と比べてキレイで明るくなったこと。

Sim3

 菓子司の看板が上がっていますが飲み屋です。そこらで拾ってきたような椅子や机がおもしろい。デスクライトが付いている半壊の台にはメニューが置かれていますが、何かあれは病院の廃墟から持ってきたようにも見えます。

 しかしこのアーケード。非常にオシ○コくさい。夜中に不心得者が立ちションしているに違いありません。何せ朝方までやっている店も少なくないから。これではせっかく良くなったアーケードが台無しです。

Sim4

 そうそう。下北は意外と物価も安いです。まだ再開発が進んでいないからかな。

 こっちにも一杯180円のラーメン食わせる『蜂屋』って食堂があったけど、店員が全部爺さん婆さんばっかりだったから多分もうなくなってるな。

Sim5

 古本屋の演出も凝っています。この辺、吉祥寺と似ていながら何かが違う点。

Sim6

 今日は友人が実家の事情で郷里に戻らなくてはならなくなったので、お別れの食事会。彼は酒が飲めないから、飲まなくてもネタになる“マジックスパイス”に。

Sim7

 当然私は飲みますけど。

Sim8

 ある意味有名なキャラクターとも、今日でしばらくお別れです。

Sim9

 ネタを撮るのに豪華なカメラを使っておりますが、お仕事はフォトグラファー。

Sin10

 マジックスパイスがあまりに混んでいたのでお茶とケーキの店に移ろうと思ったら。これがまたどこも一杯。昔タモリさんが「どんな小さな路地の店にも客が入っている」と下北沢を評しておりましたが、今だにその状態は持続されているようです。ハンバーガー屋に入っても飲んでいますが。

 なに? 仕事で再来週にはまた上京してくる? それじゃ次は『虚空』食え。大盛りで掻き揚げも付けてやるから。

Sim11

 下北はカレーの町になりつつあるのか? でもちょっと店の数がさみしいような気がするぞ。

 大学時代、友人が元国立小児病院の隣にあったボロアパートに住んでおりまして。駐車場がやたらに広かったためにバイク仲間の溜まり場になっておりました。

 走りに行って帰ってきて、そのまま下北に繰り出して飲んで食ってその部屋(4畳半1間フロなし)でざこ寝ってのを飽きずにやっていました。あそこでどーやって4人も寝られたのか、今でも不思議です。

 現在は小児病院はなくなって“グランドヒルズ三軒茶屋TopGarden”が建っています。あそこ若干高台になっているから良い場所ではあるな。どう考えても三軒茶屋より下北沢の方が近いけど。三軒茶屋に行くには坂を下って上る感じになるんだな。渋谷に行くならバスを使った方が良いかも知れない立地だ。

 ちなみに。掲示板にもありますが、幽霊は出ません。あそこの駐車場で真夜中にバドミントンやらやって遊んでいましたが、何も感じなかった。きっと裏にお寺があるからだな。多分お寺は見えないようにしてあるのだろうけど、今度見に行ってみようかな。

« 探し物は難ですか | トップページ | 武蔵野源流 »

マンション購入」カテゴリの記事

街情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736253

この記事へのトラックバック一覧です: 別れと出会いの季節:

« 探し物は難ですか | トップページ | 武蔵野源流 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック