« 突然の住まい探し | トップページ | 防災用品の検査(災害用救急キット) »

2010年3月29日 (月)

武蔵野で「迷物」を作ろう

Dscf7624

 駅前の桜もようやく咲き始めました。が、気温の乱高下のためか今イチさえません。今まで知らなかったのだけど、このヨーカドー前の通りは『寺南通り』」と呼ぶらしいです。

Dscf7647

 毎年この時期にお祭りが催されていたんだな。毎年って言っても去年からだけど。

Dscf7648

 このチラシ、裏面の手書き『明治の頃の武蔵境』地図が面白かった。この地図だとウチは『西原』になるのか? 『西神社』ってのが気になるのだが、現存しているのかな?

 お祭り自体は現在建設中の武蔵野プレイス現場裏の広場に、いくつか模擬店が出ている程度のささやかなものでした。武蔵野プレイスが完成してからは、もっと盛り上がるかも知れません。

 しかし。何かもうちょっと武蔵境にも名物が欲しいところです。吉祥寺なら何と言っても井の頭公園って名所があるし、小ざさの羊羹にいせやの焼き鳥にメンチカツ。

 境はって言うと……。ヨーカドー?

Dscf7646

 きら星が名物と言えなくもないが、トマトつけ麺は売り切れですか……。何かの番組できら星に連れてこられたタレントが「ここ東京のどこ!? 全然わからない!」と叫んでいたくらいですから。

 う〜ん、やはり何かいまひとつさえません。すきっぷ通りも昔からの店が消えて、どこにでもある食い物屋がどこにでもある看板を掲げるものだから、徐々に個性がなくなって地盤沈下を起こしている。ここは町おこしで名物料理でも編み出すしかないでしょう。

 何しろこのような愉快な食べ物で全国に再び名を知らしめた町もあるくらいですから。

Dscf5963

 去年某番組で一気に人気商品になったらしい。美唄のソウルフードと言われているらしいが、初めて見たぞ。復刻版って言うくらいだから昭和30年代から売っていたのだろうな(40年前半かららしい)。美唄って石炭で保っていた町だから、現在じゃ何が売りになっているのだ?

 “やきそば”を名乗りながらその上に添えられた『ゆで』の字が「フライパンでいためてお召し上がりください」の説明書きの後ろ盾となるところなのでしょうが、『やきそば』と同じ字体であるがために“角屋の ゆでやきそば”あるいは“ゆで 角屋の やきそば”というミステリアスな雰囲気を醸し出しています。

Dscf6145

 箸も使わず袋から直接食べるのが『通』らしいが、それでは既に麺である意味が失われてしまうような気がするので。とりあえず袋から直食いしてみる。

 ……とりあえず。何かソースみたいな味が付いてはいるな。やはりこれは一度に大量に口に入れ、量で味の薄さを補って食べるのが基本なのか? しかしこの冷たいボソボソの油まみれの麺をごっそり口に含むのは抵抗があるぞ。

Dscf6148

 注意書き通りに炒めてみる。写真がUSBの中でバグったけど、何か面白いからそのまま使う。

 ……やはりお世辞にも「うまい」とは言えないなぁ。でもこれに味を足したり具を足したりしたら、もはやただの蒸し麺焼きそばだ。あちこちのブログでも評されているけど、『やきそばパンの中身』と言うのが一番近いか。いや、それよりもまだ味が薄いな。

 105円という可愛い値段とこのジャンクな雰囲気を考えると。何やら早くも懐かし三鷹の“江ぐち”を彷彿とさせるイメージが……。こーゆう物でも誰かの気持ちに「!」すれば、全国から人が押し寄せることもあるんだな。

 八重洲南口の「北海道フーディスト」でも売っているそうです。

“ハローキティ面白漫遊記『角屋のやきそば』”(楽天)

« 突然の住まい探し | トップページ | 防災用品の検査(災害用救急キット) »

街情報」カテゴリの記事

食いモノのコト」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

先週、学会で武蔵境に行っておりました。

その時の桜並木は2〜3分咲きってところでしたが
だんだん咲いてきましたね〜

大学の生協で、名物らしきうどんを食べました。
名前を失念してしまいましたが、肉も入っておいしかったです。
しかし、西の人間としてはもうすこし麺にコシがほしいところでした。

moako様

どうもごぶさたです。
学会とはヨーカドー並びの大学で開催されていたのでしょうか?
武蔵境もだんだん近代化が進んできたようです。
どーやっても吉祥寺には追いつきませんけど。

武蔵境でうどんなら、すきっぷ通り途中に「なかむら」
ちょっと離れてますけどウチの近くに『からしうどん』の「大むら」
ってのがあります。
あ、でもどっちも醤油辛いですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736291

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野で「迷物」を作ろう:

« 突然の住まい探し | トップページ | 防災用品の検査(災害用救急キット) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック