« まねきのえきそば | トップページ | 東京風電力 »

2010年5月27日 (木)

サバンナの風

 新しモノ好きで変なモノ好きですから、やっぱり手を出してしまいました。ペプシバオバブ。

Dscf9572

 バオバブってのは、『神様の怒りをかって逆さまにされちゃった樹』だそうです。ブッシュマン(ニカウさんじゃなく)がこの実を食べるそうですが、どんな味がするのやら。

Dscf9573

 しかし『バオバブの実エキス』が入っているはずもなく、原材料はケミカルなものばっかです。要は香料でもってサバンナのイメージを出したとか。

 女房が「ジンジャーエールに余ったジュースを混ぜたような味」と評しておりましたが、確かに“ジンジャーエール”が最も近い味がする。それに“あずき”よりよほどマシだ。

 しかし飲むときに感じる香り、何かに使われている香料と似ているのだが思い出せない。しかも非常に微かだから最初のひと口だけしか感知できない。ふた口目にはもう判らない。

 しかし。どーしてペプシはこう次から次と色モノを出してくるのでしょうか? 香料会社が「今度こんなの作ったよ〜♪」とサンプル持ってきたら面白がって片っ端から製品化してるとか。そんな余裕あるならミリンダのレモンライムを再販してくれ。

 飲み物と香りと言えば。

Dscf9538

 ひろぽんさんが教えてくれた『猫泥酔』の実験を行うべく準備をしています。何に反応するのか判りませんが、このパックでもって猫が大変なことになるらしい。

 にゃぢさんが「はふ〜ん♪」になるか「にゃぢを陥れる気ねannoy」になるか、あるいは「ぷいっ」になるのか。パックが乾いたらチャレンジしてみます。

« まねきのえきそば | トップページ | 東京風電力 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

師匠、
猫にまたたびの解説を読みましたが、
私にはそもそも理解不能。
平ったく言うと、
コレ、どういうことなんですかね?
     ↓
http://topics.foodpeptide.com/?eid=1283319

えー!これ気になる。
我が家でも試してみます。
この野菜ジュース買いに行ってこよう♪

ひろぽんさん
毎度です♪
書いてあることを思いっきり要約しますと。
「マタタビの香りの中に含まれる“イソイリドミルメシン”“ネペタラクトン”って物質が猫のフェロモン器官に誤反応を起こさせて、性的興奮やら何やら猫本人も分からない「きゃ〜。気持ちいい〜heart04」状態を引き起こすのでしょうね。
加えて“β‐フェニルエチルアルコール”(これは人間でもわかる香り)がヨダレダラダラ作用を引き起こすので、人間には猫が酔っぱらっているように見えるのでしょうな。
……ってことは。同じ物質がトウガラシや「これ一杯」に使われている野菜のどれかにも入っているってことだな。キャットニップはシソ科だから、後で調べてみよ……。

がらさん
どもです♪
おじさんの「はふ〜ん」姿をぜひ写真に!

そういえば、テレビで実験してましたが、マタタビ科のキーウィでも猫科まっしぐらに成るみたいです。

テレビでは、♂ライオンが鉢植えのキーウィとラブラブになってました。

再び通りがかりのヒト様
再びどうもです♪
昔「マタタビはライオンにも効くのか?」って実験を
見たことがありましたが、まるっきり『でかい猫』に
成り下がっておりました。
キウイも実では効果がないらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39736354

この記事へのトラックバック一覧です: サバンナの風:

« まねきのえきそば | トップページ | 東京風電力 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック