« はやぶさ涸れ | トップページ | 201系さよなら運転 »

2010年6月15日 (火)

住宅の絶対領域

 昨日は某番組の収録で、とあるご家庭にお邪魔しておりました。

Dscf9940

 番組スタッフが持ってきたにおいセンサーも使って脱臭機能のある製品を実証してみたのですが、旧型の上にあまり状態も良くなかったのでかなり苦労しました。

 昨日はあいにくと湿度も高く、大人数のスタッフが詰めた家の中はあっという間にむしむしな最悪の状態に。

 何とか再現性のある状態に部屋をセットして1時間、「これは効果が出ていると見て良いな」と考えられるような数値の減少を確認できました。やれやれ。

 そろそろ、と言いますがすでにエアコンの出番が来ておりますが。この間乗った中央線の車内はひどいニオイでした。典型的なエアコンから出る湿った臭気で、かなり気持ち悪かった。

 家庭のエアコンでも「ネズミみたいな」とか「何かのオシ○コみたいな臭いが〜!」なんて悲鳴が書き込まれているのを良く目にします。某有名なマンション群でも、サービス系の廊下のエアコンが、「中に犬でも入っているのか?」くらいの勢いで臭っておりました。

 そんなニオイの原因はやはり菌類でして。エアコンの熱交換部品である細かいアルミの櫛型構造にくっついたホコリやいろいろな物を栄養源にして、細菌やらカビが繁殖しているわけです。

 『サイキンのオハナシ』で。今年使い始めのエアコンからどれだけ菌が吹きだしてくるか、培養して数えた結果が出ています。やはり使い続けると掃除をしても結構かな数の菌が残ってしまうようです。

 気になる方は、冷房を使わなくなったらすぐに市販のスプレーで良いので掃除をして、その後でアルコール系消毒剤スプレーをもう一度吹いた後で送風運転でしっかり乾燥。使い始めにもアルコール系スプレーを吹いた方が良さそうです。

 ついでに。

 『市販のアンチ製品だけで「茶色いアレ」をほぼ撃滅する方法』(2のまとめR

 ・バルサンは水を使うタイプは隅々に入って行く力が弱いから点火するタイプを使用。

 ・成虫を退治しても卵が残るので15日経ったら再度バルサる。

 ・コンバットは日本種には効果がないので『ゴキブリキャップ』がお薦め。

 だそうです。ただし書かれている内容を実際に全部やると、農薬の中で暮らすことになります。どちらの“安全”を取るかは個人で考えてください。

« はやぶさ涸れ | トップページ | 201系さよなら運転 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

ウチ、アレ対策は生物兵器(アシダカグモ)に頼っておりますので、毒ガス兵器は使用禁止であります。
でも、すぐ転進していなくなるので、アレの絶対数も少ないようです。最近はワンシーズンにアレを見るのが1回以下だったり。

CVN65氏
毎度です♪
アシダカグモのルックス的脅威もなかなかだったりしますが……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39739961

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅の絶対領域:

« はやぶさ涸れ | トップページ | 201系さよなら運転 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック