« エーコーの武蔵野 | トップページ | 出涸らし紋次郎 »

2010年9月27日 (月)

天神囃子

 先週の土日はどこも祭りやら運動会で非常に賑やかでした。

1

 国立市谷保にある『谷保天満宮』も例祭です。

2

 え〜。お祭りなのに人がいませんが、午前中の早い時間に来ているからです。

 ちなみに神社などを真正面から撮ってはいけません。「正中を外す」と言いまして、参道の真ん中なども神様に遠慮しなくてはいけません。

 神職さんの動きなどを良く見ていますと。神殿の前などを横切らなくてはならない場合は、ほんの少し前屈みになって足早に通ります。『屈行』という作法です。

3

 お祭りとは当然賑やかなものですが。私は賑やかさの中に存在する静謐が好きです。

 お祭りの中には、何となく『真空の場所』がちらほら存在しているような気が、子供の頃からしています。

4

 これからお祭りを執り行う人たちの会話とかを聞くのも好き。

5

 ガソリンスタンドに唐突にこんな物が鎮座していたりとか。

7

 それが当たり前のように踏切を渡って行ったりとか。神域が決壊して町中にあふれ出しています。

8

 カップラーメンの奉納って何だ? 警備の人の夜食か?

6

« エーコーの武蔵野 | トップページ | 出涸らし紋次郎 »

郊外の暮らし」カテゴリの記事

コメント

私は、京都西陣の安倍晴明神社で、大晦日だったかで盛大に煙が出てる時に、ふと空を見上げると、見事に半球状の結界が見えてビビった事が有ります。(笑)

ちなみに個人的に、バイクや電車旅行で旅行すると、土地の神様に歓迎されてるのか、大小のお祭りに高確率で遭遇します。

一番大きかったのは、諏訪の御柱祭りの木落としの迫り出しの場面を電車に揺られながら見た時は、祭りを考えてない旅行だったので、一瞬?が頭に浮かびました。

後、もし参加可能でしたら、姫路の総社の一つ山大祭、三つ山大祭に是非参加してみて下さいネ。
60年に一度と、20年に一度と、気長な祭りの割に、激地味な祭りですが。(笑)

私は、未だに三つ山にしか参加した事がないです……。

うむー、我が家の相棒は、神社での神をも恐れぬ行為っていうか、そもそも眼ちうにないっていうか、やりたい放題ですが大丈夫でしょうか…(汗)。

通りがかりの人(最)様
たびたびどうもです♪
う〜む。晴明神社の結界、凄そうです。良いモノ(?)見ましたね〜。
http://www.overcube.com/blog/archives/2004/08/61.php
三つ山大祭の写真が載っていますが、結構派手ですね。
しかし…。
何で20年とか60年なんでしょかね?

ぷれぷれ氏
ども♪
だいぢょうぶです。
ちゃむりも罰はあたったことありませんから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39740063

この記事へのトラックバック一覧です: 天神囃子:

« エーコーの武蔵野 | トップページ | 出涸らし紋次郎 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック