« 北の苦肉の策 | トップページ | 北の飽食 »

2010年10月23日 (土)

海底軍艦巻き

 帰ってきて早々に、組合の用事が圧してきていて気持ちを休める余裕もありません。

1

 水平線に見える光りはイカ釣り漁船です。

2

 朝5時半、帰ってきたイカ釣り漁船と、入れ代わりに出航して行く漁船団。何を獲るのかな。

3

 お昼の間にちょっと漁港を見に行く。これはイカの水揚げ風景。港ネコを探したのですが見当たりませんでした。

4

 港の外れ。おや、アレは何でしょ? よく浮いているなと感心するほどのボロっぷりです。

5

 ……ラオスの漁船?

6

 何で南国ラオスの漁船がオホーツク海にいるんですか? 何かブリッジだけ新しく作りなおして北洋仕様になっているみたいだけど、これで時化に遭ったら轟沈してしまうような気がするのですが……。

7

 1時間後、今度はオホーツクタワーに行ってみる。防波堤の上を半キロも歩かなくてはいけません。頼んだら車で送迎してくれるらしいけど、半日車の中にいて足腰が鈍ってしまったので歩きます。

8

 防波堤から落ちるとクリオネの餌食になってしまうらしいです。3mぐらいのクリオネに「バッカルコーン!」されたら怖そうです。

9

 海底観察コーナーですが。時化ているので予想通り何も見えません。

10

 ドクターフィッシュも寄り付いてくれません。今回、徹底的に海産物とは縁がないようです。

11

 「タッチ水槽」で生きているホタテに触れました。色が変なのは海中光再現照明のため。

 さて、また現場に戻らねば。

« 北の苦肉の策 | トップページ | 北の飽食 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39740313

この記事へのトラックバック一覧です: 海底軍艦巻き:

« 北の苦肉の策 | トップページ | 北の飽食 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック