« 光痛信 | トップページ | 御留の祈り »

2010年12月22日 (水)

山のアナたの…

 手間と時間を取られる用件が多くて、頭の中がワヤになっております。まあいつものことですけど……。

Ue1_2

 で、いつものように気分転換と運動不足解消のために、打ち合わせなどのついでに寄道します。上野を公園口から出てお山に向かいます。

Ue2_2

 花見の頃に山を抜けて池之端のマンションを見てから池を一周しましたが、今回はその時行きそこなったところへ。人が多すぎて入れなかったんだな。

Ue3_2

 看板の「現在地」の真後ろ。花園稲荷神社です。

 新宿総鎮守の花園神社も昔は「花園稲荷神社」だったそうですが。明治時代に神名帳を提出する時に「花園」を書き忘れてしまい、しばらく「稲荷神社」だったそうです。その後ようやく花園稲荷に戻して、今度は摂社を合祀した時に「稲荷」を取ってしまいました。ややこしい。

Ue4_2

 こちらの参道からは下りになります。本殿がふもとにあるから。

Ue6

 正面の参道から。狭いです、見通し悪いです。

Ue5_2

 もう一段下には五條天神社があります。そこから見上げてもやっぱり見通しが悪い。とにかく狭苦しい。

Ue7

 注意の貼り紙も、こんなだと何となく和みます。

Ue8

 これまた狭い授与所です。お灯明のローソクは手動販売機です、ここのお狐何かかわいいぞ。

Ue9

 本殿に詣でたら、次が本命。この参道わきの建物の隙間です。

Ue10

 ムチャクチャ暗いところに入って行きます。こうして見ると何かテーマパークみたいです。フラッシュ撮影は失礼なので、高感度で撮らないといけません。

Ue11

 この右手の穴が『穴稲荷』。さっきのろうそくを5本ばかりお供えしております。正面にある祠はどこかから引っ越してきたものらしいです。

 天海僧正が寛永時を建てた折に、お山の狐が棲家を追われてしまったことを憐れんで掘ってやったそうですが。……これ絶対古墳の石室だろ。古墳稲荷だ。

Ue12

 お窟の上には祠があります。やっぱ古墳だ。

 Ue13

 さっきの参道横、藪の中にあの祠が隠れています。お参りしたいけどフェンスがあって入れません。

 上野のお山は、寛永寺の建立と幕末の戦争などでかなり形が変わってしまいましたが、どうも元は古墳が点在する墓山だったようです。擂鉢山古墳ってのが現存していますし、見る人が見ればそれとわかる痕跡があちこちに残っているらしい

Ue14

 だいたい元の地名が『忍岡』で、まだその地名は残っています。あ、営団地下鉄さん親切に矢印までつけてくれてどうも。穴稲荷も昔は忍岡稲荷と呼ばれていたくらいですから。

 古墳が点在していたくらいですから、忍岡は『偲ぶ岡』だったのではないかと。そう言えば根津神社の乙女稲荷も穴だったな。ちょっと見て行こう。

« 光痛信 | トップページ | 御留の祈り »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39740362

この記事へのトラックバック一覧です: 山のアナたの…:

« 光痛信 | トップページ | 御留の祈り »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック