« 臭気判定士的大掃除テクニック(浴室編) | トップページ | 年中行事な一日 »

2010年12月31日 (金)

臭気判定士的大掃除テクニック(キッチン編)

 まあ今回のはテクと言うより実験なのですが。

1

 ガス台のお魚ロースターです。ウチでは熱効率を上げるためにパンに水を入れずにアルミホイルを敷きます。反射熱でちょっと早く焼けます。使い終わったら丸めて捨てれば良いので掃除も楽です。でも焼き網のコゲはどーしょもない。

2

 で、コレです。浴室掃除じゃ補助程度にしか効果がありませんでしたが、こっちではどうでしょう?

3

 ジュワーッと音がして、泡がどんどん茶色に変色して行きます。成分がほとんど界面活性剤だから溶ける溶ける。でも、絶対他に何か入っている。ムセます。リモネンか何かじゃないかな?

4

 流してから研磨剤付きスポンジでちょっと擦ってこんな具合。手間がかからずそこそこキレイになります。これで398円ならいいか。

5

 優秀だったのはレンジフード周りに対して。この、レンジフードの補助照明、ホコリと油でひどく見苦しい状態です。しかもなかなか落ちない。これがこのアワアワだとホントに擦らずキレイに取れます。

6

 続いてシンクの排水口。ざっと掃除をしたところです。ここから臭気判定士的裏ワザ。

7

 得意のコレです。過酸化水素成分の洗濯用漂白剤。

8

 これを排水口の周囲に満遍なく撒いてやります。

9

 1分ほどそのままにしておきますと。過酸化水素が微生物汚れであるスライムに反応して、隙間に隠れていた汚れが泡だって浮かび上がってきます。掃除と殺菌と消臭が一度にできる優れモノです。

10

 で、これから女房と揃ってコミケに向かうのですが。直前になってまだサークルチェックをやっています。こーやってカタログ付属のマップにマークしておかないと、まず目指すサークルにはたどり着けません。

 コミケ詣でが終わったら、浅草橋更科で昼そばを食べて年越用のおみやげそばを買って帰ります。今年は鴨つけにしようかな。真澄の樽酒も買ってあるし。

 それでは皆様、ご無事に新年を迎えられますように。

« 臭気判定士的大掃除テクニック(浴室編) | トップページ | 年中行事な一日 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

よし、キッチンの掃除まだだから、
試してみます、漂白剤。
しかし、今の時点でこれでは
やはりぴかぴかの新年は無理そう。
師匠には良いお年を。

ひろぽんさん
毎度どうもです♪
疲れ果てて、片付け半ばのまま紅白タイムに突入なんてことも
ありました。何事も諦めが肝心…。
来年もあちこち歩いてレポよろしくお願いします。
よいお年を〜happy01

お、宝の地図製作中ですか(笑)
無事にお宝をゲットできたでしょうか?
一日目に行った友達によると、「今年の人出は半端なかった」とか。

我が家はあまり新年とかイベントとかあまり気にしない家なので、明日もちまちま掃除していそうです(笑)

今年もあと数時間。
一年間面白くて、ためになる記事をありがとうございました。
来年も期待してます!
良いお年を!

がらさん
ども〜♪
2011年もしっかりちゃむって遊んでください。
よいお年を〜♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39740371

この記事へのトラックバック一覧です: 臭気判定士的大掃除テクニック(キッチン編):

« 臭気判定士的大掃除テクニック(浴室編) | トップページ | 年中行事な一日 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック