« 今年も時間差 | トップページ | 冬至小寒冬瓜日和 »

2011年1月 6日 (木)

歌舞伎御免では済まないぞ

 昨日は私も世間並みに挨拶回り……、ではなくいきなり打ち合わせが3件。うち1件は管理組合の用事でしたけど。何となく繁盛しているような気もしなくはありません。

1

 全部終わらせてから、帰りがけに歌舞伎町の花園さんにご挨拶。

2

 手水の柄杓に紐がついていて使いにくいです。持って行ってしまう不届き者が後を絶たないのでしょうか。

 ここは結構強力な稲荷さんだぞ、そんな奴は祟られてしまえ。

3

 私が参拝を終えたら、もう夕方近いのにこの行列。仕事を終えてからやって来るのでしょうか。

4

 摂社の威徳稲荷。これもなかなかパワーがあります。祠の上覆、額の後ろに結構なモノが奉納されておりますが。気付かないで拝んでいる人も多いのではないかな?

5

 いつもはゴールデン街側に抜けるのですが、今回はこちらの参道から帰ります。「ある物」がこっちにありますので。6

 これですな。やはり由来からするとこの名が正しい。ここは吉野山にある『導稲荷神社』からの分霊ですから。

 その昔。後醍醐天皇が都を追われて吉野に落ちるとき、伏見稲荷の近くで日が落ちて真っ暗になったので、列が立ち往生してしまったそうです。

 後醍醐天皇が「夜道で行き迷っているので灯りを三つお貸し願えませんでしょうか」と歌を詠んで伏見稲荷を拝んだら。あら不思議、稲荷山の三峰から光が飛び出して吉野の金峰山まで誘導してくれたそうです。

 その光を祀ったのが導稲荷神社です。だから花園神社に無礼を働くとダイレクトに伏見稲荷のお山に祟られちゃいます。怖え〜。

7

 この、あちこちで見る、字をいろいろ埋めちゃったりしている部分も興味深い。そう言えば宝物の三光石ってどうなったんだ?

« 今年も時間差 | トップページ | 冬至小寒冬瓜日和 »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

花園神社好きで、昔から良く初詣や酉の市に行ってたんですが。
川越に引っ越して子供産まれてから、なかなか行きづらくなりました。
立派な稲荷神社だと思ってましたが、由緒正しいんですね。
「額の後ろに結構なモノ」多分、分かりますw

かーそえ様
どうもです♪
ええ、そりゃもう。立派なモノがw
そちら方面ですと東松山の箭弓稲荷神社さんが有名ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39740376

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎御免では済まないぞ:

« 今年も時間差 | トップページ | 冬至小寒冬瓜日和 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック