« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

お山をする(その2)

20

 四つ辻からの眺望です。夜景だともっと綺麗でしょう。

21 仁志むら亭のガラスは昔のもので、こんな歪みや気泡があります。もはや貴重品。

22 三徳社の茶屋でちょいと良さ気な本を発見。

23  オマケにくれた大正十四年の鳥瞰図画。どんな地図よりも今回これが一番役に立った。さすが洛外と言えども京都です。

24

 ホテルでしばらく休憩していると、どうやら翌日の天気が思わしくないらしい。明日予定している深草側からのアプローチは、雨天では非常に困難になりそうなので予定を変更。今夜のうちに決行することに。

25  デジカメ撮影では明るく見えますが、実際はかなり薄暗くなっています。宝塔寺からショートカットで来るルートもあるのですが、何か霊園の中を通るらしいので立命館高校を迂回して行きました。命婦社のあたりから来る道もあったらしい。

 看板に「○○の滝」といくつも書かれていますが、全て修行の場です。山岳信仰=修験道と稲荷信仰が結びついている姿を見ることができます。

26 「ごもく」は勿論炊き込みご飯のことではなく、ゴミのことです。この辺不法投棄が多く、景観が荒れていると聞きましたが確かに…。

27 え~と…。名前も出ていません、しかも私有地っぽい。入って良いのやらどうなのやら。

28  こっちへ行くと「青木の滝」とありますが、「弘法の滝」はどこだ? 裸電球が眩しく写っていることから周囲の暗さを想像してください。

29 そしていきなりこんな光景が出現します。知らない人が見たら墓地だと思って腰を抜かしかねません。

30  何せ肉眼だとこんなものですから。

31  しかも私はLEDの光じゃ風情がないとか考えて、こんなもの持ち歩いています。(※危険ですからマネしないでください)

 まるで肝試しですが、私は大真面目にやってます。途中で通り過ぎる車に「迷ったの?」と聴かれました。確かに迷ってはいます、最初から道なんか知らないんだから。

32  こんな感じで、足元すら見えません。あまりにも危険なので石段上る時にはLEDライトを使用しました。(※危険ですから夜間の単独登山はやめましょう)

33  どうやらこのルートで間違いないようです。

34  これが大岩大神さん。露出岩盤です。LEDスポットで照らしていますが、余計不気味なことに……。(※いろいろな意味で危険ですから決してマネしないでください)

 ここまでで会ったのは声をかけてくれた車の人と、滝場守のおばさんだけ。

35  大岩さんから一ノ峯のルートを行こうと試みたのですが、全くの森の中で100%道を見失うと判断して下山することにしました。翌日その判断が正しいと理解、道を知らなかったら歩けないルートでした。

 実は人里に下りてきてからの方が、背中のあたりが怖かった……。

(まだ続く)

2011年4月28日 (木)

お山をする(その一)

 ちょっと京都の方に行っておりました。

1

 またこちらにお邪魔しました。去年やってきた時には御旅所の歴史をほじくり返すための調査でしたので、稲荷山は登りませんでした。梅雨の真最中だったし……。

2

 伏見稲荷大社は、現在本殿の改修工事中です。しまった、改修が終わった楼門の写真をデジカメで撮り忘れた。

3  で、本殿の横に仮本殿を作っておりまして。場所が足りないものだから神楽の巫女さんたちが参道を挟んで外に出ちゃってる。ご祈祷の進行に合わせてインターホンで合図を送って神楽を奏でております。

 仮本殿までちゃんと聞こえるように謡も太鼓も凄い音を出しています。で、参拝者がその前をぞろぞろ通る。巫女さん大変です。さらに本殿の普請の音がトンカン鳴っておりますから、心地が悪いったらありゃしません。

4  それではいざお山へ。 

5 千本鳥居を抜けますと、奥社奉拝所が見えてきます。

6 そこから緩い登りをしばらく歩き、石段を上ったところが熊鷹社。ここに纏られているのは日蓮上人だと聞いたことがあります。

 こちらが目下一番人気らしいです、○万円のでかい灯明が毎日絶えません。

7  軽いお参りだとだいたい熊鷹社で引き返します。この先に行こうと思ったら半日かかってしまいますから。

8  さあ、何やら日常とかけ離れた光景が目に入るようになってきました。これでも奉納されているのか、それともうち捨てられているのか。どーでも良いことではありますが何とも判断に迷います。

9  登ればまたその先に朱い鳥居。

10  昭和の初めで時間が停まっちゃってるような茶屋。何せこの前焼けちゃった戦争ってのは応仁の乱ですから。

11 四つ辻まで来ました。京都市の展望を楽しむならここまで来なくてはいけません。そしてここが稲荷山周回ツアーのスタート地点になります。

18 『仁志むら亭』の左側から行くと、眼力社・御剱社を通って一ノ峯二ノ峯と順番に回れます。

19  右側から行くとすぐに三ノ峯で、逆回りになります。ただしずっと急な石段です。

12まあどっちを行っても結果的に長い石段を登ることには変わりありませんが……。

13  朱い鳥居、石、狐、苔、樹木。ずっとそればかり。ウグイスが鳴いて爽やかな山中ではありますが、目に入る物は爽やかとは言いかねます。

14  そしてやはり時間が停まっている。缶入り「ひやしあめ」売ってくれ。

15  どこにも書かれていなかったルートが、御膳谷の案内看板にようやく現れる。(黄線で囲んだ道)

 この一帯は稲荷山の中でも特に濃厚な部分です。

16  そこに比べりゃ「一周約30分」で見えるこの風景もまだ可愛いものだとか……。

 しかし、一ノ峯二ノ峯三ノ峯はかつて古墳であったらしいです。墓が神座に昇格させられて、信仰が寄り添う、さらに寄り添う。はみだす。あふれる。

 意外なほど外国人観光客の姿が多かったのですが。外国の方々、これが古くから続いている日本の信仰の姿ですよ。 法隆寺や東大寺が貴族の信仰なら、こっちは名もない民衆の信仰が千年以上もかかって堆積したものです。

17  ひと巡りして『仁志むら亭』できつねうどん。一度下りて暗くなったらまた登ってくるつもりでしたが、明日の天気がかなり怪しいので予定を変更。非常に危険ですが別ルートでの夜間登山を試みることにしました。

 これがマヂでやばかった……。

(続く)

2011年4月19日 (火)

爆発しなければ…

ウチのマンション、古い建物なので停電時の非常灯が設置されておりません。今後あるかどうか判りませんが、計画停電の時には共用廊下も階段も真っ暗になってしまいます。

 いちお非常灯を設置する計画もありますが、配線を全部やりなおさなくてはならないので費用が百万ではきかない。今後もいろいろと物入りなのは目に見えているので、どうしても後回しになってしまいます。

 で、ヲタ理事長安くて簡単な非常灯がないか探して見ました。

Dscf6789

 楽天でさがしてみたら、こんな物がありました。『CASIBAO』ってメーカーのCA-629型。LEDが54個+6個、充電式で電気の供給が止まると点灯するモードが組み込まれています。

Dscf6790

 しかし保証書どころか取説すら入っていない豪快さ。見れば解るようなことばかり書いてある。

Dscf6792

 燦然と輝くメイドインチャイナの文字。爆発しなければいちお20時間点灯するらしい。何しろ何でも爆発する中国製。心配なのは内蔵バッテリーが何年持ってくれるかです。2~3年後の肝心な時に点かないってのが一番困る。

 ではテストしてみましょう。

Dscf6783

 まずこれはジェントスEX-777XPの「ほや」付き状態。

Dscf6782

 「ほや」を外した状態。明るいけどこっちにも光が来るのでまぶしいです。

Dscf6784

 マグライトC.CELL3BKの拡散モード、ドーナツ状です。

Dscf6785

 そしてこれがCA-629の54LED点灯モード。白色光で実に明るい。

Dscf6786

 こちらはCA-629の6LEDモード。スポット状ですが結構明るい。非常誘導灯ならこれでも充分役に立ちます、爆発しなければ。でも通電オフでこれが光るモードはないらしい。

 まあ2,480円なら悪くはないと思います。爆発しなければ。これを各階の共用部にあるコンセントに取り付けておけば、それなりに役には立つでしょう。……爆発しなければ。

2011年4月17日 (日)

天文台通りの作ったり壊したり

先月向かいにあった歯医者が廃業しまして、末に重機がやってきました。この辺市が道路用地を確保していますので、やはり取り壊し。

Dscf3638_2 

 下の写真が昨日。

Dscf6636 

 実質1週間で更地になりました。

Dscf3640

 地味に人気があったらしいラーメン屋は旧天文台踏切横に引越し。昼間の営業をやってくれれば食いに行くのですが。

Dscf2108

 この通りで残っているのは自転車屋とマイスタームラカミと、このモツ焼き屋。

Dscf2112

 いまだ入ったことはありませんが、持ち帰りはよく買います。ここのは新鮮でレバーも塩だけで美味い。さらに自家製ニンニク味噌が良いです。ここはどうするのかなー。

Dscf5215

 ウチのマンションのすぐ近く、市の土地があったのですが公園になりました。

Dscf5217

 結構広いです。良い犬の散歩場所になりそう。あちこちに運動器具が配置されています。

Dscf5219

 防災設備はありませんが、ベンチはどうみても座面を外してカマドに使える形状です。新しいベンチは全部こうすることになっているのか?

 

2011年4月16日 (土)

トラ・トラ・トラ

え~。やっぱり簡単引越しが上手く行っておりません。仕方ないのでマニュアルで書き写すことを始めています。来月初めまでには何とかなるだろ。

Dscf6627

 最近の案件はますます大規模かつ複雑になってきておりまして。吹きぬけになっているビルの1~2階のテナント間のニオイトラブルの実態解明なんて、何をどうやったらいいのか解らないものもあります。それでもやります臭気判定士。こんなことできるのは日本でも私しかいなそうだから。

 で、来週はランチタイムとディナータイムにビルの吹きぬけを巡回してどの店舗のニオイがどこに拡散して行くのか、嗅覚だけで解明します。

「このニオイはイサキの塩焼き! この汁の味付けには生醤油ではなく『かえし』が使われている!」とか評価分析するワケだな。それだけ貪欲に嗅ぐには腹が減っていた方が都合が良いワケで、つまり毎日地獄の責苦に遭うワケだ。

Dscf6182

 そんな私とは逆に、食生活に大幅な改善を見たヒトもいらっしゃいまして。毎日やってくる『こいつ』です。

Dscf6184

 にゃぢさん歓迎の『くん』。アタマの大きさの違い、解りますでしょうか?

Dscf6194

 最近はリビングでアクビしたり伸びしたり、かなり寛いでいる様子も見られますが。昨夜女房が戸を閉めてみたところ凄い勢いで怒って、自分でサッシ引き開けて逃げて行ったそうです。やはり只猫ではなかった。

 また寒くなるまで、完全家猫化はムリかな?

2011年4月14日 (木)

平成タヌキ合戦

 リビングに入ってきてお食事中の『タヌ』でございます。なんかもう、このまま居付いても『タヌ』って名前になる可能性大です。

Dscf6187a

 こうして見るとなかなか不敵なツラがまえです。触ることができるようになるまで何ヶ月かかることやら。

 で、昨日の現場でまた建設業界での困った話を聴きました。各社合板はそこそこ押さえてあって、すぐにどーなる状況ではないらしいですが。

 エアコンメーカーが受注を受け付けていない。coldsweats02

 つまり供給が完全に止まってしまっている。卸と空調設備業者の手元在庫がなくなったら、ビルなんかの建設工事がストップしてしまう。

 さらに在庫は被災地の病院や公共施設の再建に優先的に使われることも考えられますので、いったいマンション建設なんかどうなるのか……。

 どうなるのかと言えば

 『ココログ』への引越しができないのですが。

 UTF-8でもって書き出しを行ない、テキストメモで保存。で、1回分だけ切り出して。

AUTHOR: 石川英一
TITLE: シュウキハンテイシの中のヒトは大変……
STATUS: Publish
ALLOW COMMENTS: 1
CONVERT BREAKS: 0
ALLOW PINGS: 1
CATEGORY: 臭気判定士のこと

DATE: 09/13/2005 05:47:59 PM
-----
BODY:
皆様始めまして。<span style="font-size: 150%;"><span style="font-weight: bold;"><span style="text-decoration: underline;"><font color=#ff0000><a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AD%E6%B0%97%E5%88%A4%E5%AE%9A%E5%A3%AB">臭気判定士</a></font></span></span></span>でございます。臭気を判定するヒトです。レアで地味〜なんですが一応<span style="font-size: 125%;"><font color=#ff0099><span style="font-size: 150%;">国家資格</span></font></span>です。で、そんな資格者が何で住宅のブログにいるかって言いますと<span style="font-size: 125%;"><font color=#ff9900>、『最近マンションや一戸建て住宅で、ニオイでお困りの方が多いんです』</font></span>。ええ。すごく多いんです。<br style="clear:both;" /><div style="text-align: center;"><img src="http://nioinojikenbo.blog.smatch.jp/photos/uncategorized/2009/08/27/2dscf0134a.jpg"></img></div><br style="clear:both;" />まあ、<span style="font-size: 150%;"><font color=#339900><span style="font-weight: bold;">シックハウスやら高気密構造</span></font></span>やら、ニオイがたまりやすい家が多くなったってこともありますが、それ以外にもいろいろと…、ほんと〜にいろいろと原因はございます。<br style="clear:both;" />そんなわけで、私臭気判定士はあちこちのお宅にお邪魔して、このように<span style="font-size: 125%;"><span style="font-weight: bold;"><font color=#0066cc>おトイレ</font></span></span>に数時間もこもったりしてニオイの調査をしたりするんです。<br style="clear:both;" />これから私と弟子の二人が、日本中で出くわしてきたニオイの現場をご紹介します。お宅でず〜っとお困りのニオイ、実は案外単純な原因だったり。それとは逆に、軽く考えていたニオイが、調べてみたら大変な事態を知らせていたなんてこともあります。<br style="clear:both;" /><span style="font-size: 150%;"><span style="font-weight: bold;"><font color=#ff00cc><font color=#ff6666><font color=#ff0099>国家資格者</font></font></font></span></span>が話すことだからと、硬くならずに軽〜く読んでください。知らないうちに住宅臭気の専門知識が身に付く…、かも知れません。<br style="clear:both;" />それではまた…。<br style="clear:both;" />
-----
EXTENDED BODY:

-----
EXCERPT:

-----
KEYWORDS:

-----

--------

 そうするとこんな↑になりますが。これを保存して「post01txt」として保存したものを読み込ませようとすると「読み込み可能なフォーマットではないようです」と丁寧にお断りされてしまいます。

 私はどこを間違っているのでしょうかね? これができないと2017回分を手動で書き写さないとならなくなってしまいます。……まあやってできないことじゃないけど。う~む。

2011年4月12日 (火)

春揺れて上野稲荷の桜かな

 取り壊しが決まってテナントが引っ越して行くビルのような感じで、記事のアップも減って来たような気がするスマッチですが。まだ書きます。と言うか、ビルができた時から営業していて、資料やら商材やらがフロアに積みあがっている上に、仕事は中断できなくて引越し作業が全然進まないテナントって状態に陥っております。私。

Dscf5912

 で、ただでさえ忙しいのに、夕べも今朝も盛大に揺れたってのに、今日は高崎まで取材に行っていたりする。四月のこの時期を見ておかなくちゃいけないから。

 以前に書いた某出版社への応募作品の続編のためなんだな。まだ発表にもなってないし、もちろん一次選考を通過したかどうかすら分からない状態ですが。自分の中での『書きたい圧力』に抗しきれません。ってなワケで烏子稲荷神社です。

 前に来た時はバスの停留所が裏手にあったので、この環状線にそびえ立っている一の鳥居を看ていなかったんだな。グーグルマップでも、その影でもって存在が分かります。

Dscf5913

 鳥居を潜ったところ。何もありゃしません。神社の規模に比べて参道と鳥居が凄すぎます。

Dscf5917

 しばらく歩いて、ようやくそれらしい風景が見えてきます。

Dscf5935

いかにも『日本』な風景です。

Dscf5921

 結婚式の記念写真のようですが……。何か物足りません。式場か何かの職員らしき人ばかりで、親族とかの姿がありません。宣伝用写真なのかな?

Dscf5924

 ここに写真だけ取りに来た本当の新婚さんでしたら、稲荷のご加護があるようにお祈り申し上げます。あなたがたの家が栄えますように。

2011年4月 9日 (土)

食客商売

 やはり浦安の地面ってのは豆腐も豆腐、あわ雪豆腐みたいなモノだったようで。京都大学防災研究所の緊急報告会では『すさまじい軟弱地盤』と評されたそうです。(GiGAZINE→日経PB)

 N値が「1」ってどんな状態ですか。砂? よくそんな土地に家を建てて平然と売ったもんだ。開発会社は集団訴訟されるんじゃないか?

それはともかく。

Dscf5117

 ウチを、と言うか“にゃぢ”のおっかけをやっていたタヌキ茶トラですが、最近庭にも降りてくるようになりました。テリトリー立ち入りをにゃぢが許可したようです。

Dscf5123

最近ではにゃぢが怒らないから勝手にリビングまで入ってきて、にゃぢが食べ残した餌とかを自主的に片づけて行きます。捨てるのもったいないし、臭うから有り難いんだけどさ。でもどーしてあんたはそう完膚無きまでブサイクなの?

2011年4月 7日 (木)

計画停電終了?

Dscf4997

 昨日の日本橋付近です。市ヶ谷飯田橋のお堀あたりはまだですが、この辺は5分咲きってところでしょうか

 え~。結局ウチのあたりは、一回も停電にならないまま。計画停電が終わりそうな雰囲気なのですが(iza)、困ったな。……いや困る事はないのか。

 ホントに被災して停電になった時の予行演習になるので、てぐすね引いて待ち構えていたのですが。これで夏に停電になったらたまらんな……。

 iPhoneで、どこからでもGPSで位置測定をして、その場所の計画停電を秒単位でカウントダウンしてくれるってアプリがあるそうですが、アンビリカルケーブルが脱落した時のエネルギーカウンターだな。まあ何かの形で楽しむってのもひとつの手段かも知れません。

Dscf5100

 この、『液体式LEDカンテラ』ですが、表面が滑らかな炭酸水ボトルを使うとイマイチ散光が良くありませんが。

Dscf5097

 一部で入手困難が続いているらしいミネラルウォーターのボトルだとこのように、良い具合に反射散光します。やはりボトルの表面形状が大きく影響するんだな。

Dscf5102  ちなみに使ったのはこれ。NewDeysで売っているJRのお水。マスコットが今でも付いているかは不明ですが。

2011年4月 5日 (火)

ジャパニーズジェントルマン! スタンダッププリーズ!

 昨日は朝の8時半から『会議→打ち合わせ→移動→打ち合わせ→移動→打ち合わせ』のハードスケジュールでした。

Dscf4739

 途中のJR武蔵小杉駅、相変わらずの状態です。武蔵小杉のマンション建設は周辺にも拡大して行っているようですが、コンパネなんかの『合板』を作っていた工場が軒並みやられてしまったんだなBusinessMedia誠)。ただでさえマンション建設が進んでいた後だから、きっと合板は国内にあんま残っていないんじゃないか?

 そーすると中国あたりから合板を緊急輸入して、品質が悪くて将来トラブルを起こすなんて恐れもありそうだな。今現在首都圏で建設途中のマンションを調べておくか……。

Dscf4742  節電でもっと状態は悪くなっていました。気が滅入るぞ何とかしてくれ。

Dscf4793

 最後は横浜。春休み中だって言うのに、中華街が閑散です。やはり震災後に客が激減したとのこと。甘栗と豚まんと焼き小龍包しかやってないような雰囲気です。さらに客がいるのは焼き小龍包の店ばかり。

Dscf4816

 山下公園もご覧のとおり。

Dscf4819

 何かカモメ賑わいしていますが、何でしょう?

Dscf4824 

子供が手から餌をやっているらしいです。

Dscf4822

 カモメの大ホバリング競技会。

 もう食パンと水を買いだめしながら首をひっこめる生活はやめて、普通に生活しないと日本はどんどん凋落して行くぞ。夏の電力不足が起こらない内に物を動かせ、金を使え。

2011年4月 3日 (日)

 吉祥寺ロジャースで300円、ドンキホーテで568円のLED懐中電灯ですが。LEDの光ってのは輝度が高くて眩しいのですが、あんま明るく感じない。近所の防災公園にある太陽光発電LED街灯なども、光源を見上げると非常に眩しいのに真下でも非常に薄暗い。

 これは直進性が高いためにあんま散光してくれないLED光の特製が起こす現象だそうです。何かで反射拡散助さんさせてやる必要がある。

 ここでおなじみ、ジェントスのエクスプローラーLEDランタンはそのへん良く考えてありまして、「ほや」の内側には細かくギザギザ加工が施してある。チューリップは植え付け時期が遅かったせいか、発芽がバラバラ。

LED本体にも曇りガラスみたいな球状のカバーがあって、これ自体が良くLED光を散らしています。

 このように、電球のように光るんだな。ちなみにこれは防災倉庫のをチョッパったのではなく私物です。

 で9LED懐中電灯。このようにビームが直進しているのが良く判ります。照らされた対象物からの反射光で周囲は明るくはなりますが、どうしても上方向は薄暗くなります。

 で、500mlのペットボトルのラベルを剥いで、水道水を口まで一杯に入れます。武蔵野市の水ですから安全です。

 で逆さにしてお尻からLED懐中電灯で照らしてやる。いっこ上の写真と見比べていただきますと、光が上にも散っているのがわかります。

 これは直進した光がキャップ部分で反射するからなんだな。これは炭酸水なのでペットボトルの側面が平滑ですが、お茶なんかのガタガタした表面のボトルの方がもっと良く散光すると思います。これなら吊るさなくてもこーやって床に置いて使えます。

 これは光源が小型なLED懐中電灯だからできるワザであって、白熱電球のだとこうは行きません。今回のネタ元はこちら。(ガジェット☆ダイスケ)

2011年4月 2日 (土)

ネタは新鮮

 本日も通常運行でお届け致しております『においの事件簿』。

 今日明日で移転の目途を立てておかないと、2週目以降は何もできなくなってしまう恐れが大です。

 さっき防災武蔵野が月曜まで停電はないと放送しておりました。しかし油断はできません。つーか最近は何も信用できないような状態になっております。

 そんなワケでヲタ臭気判定士、家にある“光りモノ”を全部引っ張り出して点検をおこないます。

21

 いちおこのくらい、もう一人防災倉庫だな。この他に6VLED板ユニットとか、冷陰極管とか、形のない妖しげな光りモノもあります。

 夜間停電時にメインの室内照明となる予定なのは上のローソク横にある“ジェントスエクスプローラー EX-777XP”と下の白い円盤、18LEDの作業灯です。裏に磁石とフックが付いているのが非常に便利。電源は単3を3本。

28

 ご存じマグライト類。①は“C.CELL3BK”20ルーメン到達距離226m、単2を3本。

②は“ジェントスSuperFireX SF-503X”180ルーメン。低位点灯で100時間保つのが心強い。高位スポット照射だと、とんでもない距離までビームが届きます。これも単2が3本。

 ところで『単2』の備蓄はしておりません。装填してある電池が切れたら単3に紙を巻き付けて代用にします。単2と単3は長さが一緒なので。

③は結構古い4LED。単4を3本。買った当時は結構高かったと思う。今やもっと安くて明るいモノがいくらでもあります。

④は仕事用。球面レンズの“ジェントスSuperJupina”きれいな均一円形スポットで写真撮影に凄く重宝しています。これも単4が3本。

22

 意外と使える製品が多い100均モノ。手元を照らしてメインの非常照明を取りに行く、あるいは最低限の部位を照らすなら充分。なくなっても惜しくないし。

23

 結構明るくて気に入っているのがこれ。昔コールマンのマスコットライトでこんなのがあったけど、白熱球だったので暗くて寿命が短くて実用性は全くありませんでした。しかしこれは明るくて使えます。リチウム電池CR1616で交換可能。

24

 これはクリップ付きなので、あちこちに留めておけます。反射鏡が付いているのでスポット光が1~2m先まで届きます。電池はLR44を3個。

25

 いわゆる“タッチライト”豆電球のモノは暗くてすぐに電池がなくなってしまいますが、これは照射角が狭いけど明るく長持ち。両面テープであちこち適当に貼っておけるのも便利です。単4を3本。

29

 これは自転車用。ハンドルバーに乗せて下からゴムで固定します。点滅2段、点きっぱなしと切り替えできます。電池は何だか解りませんが、交換はできるようです。

 皆さん売り場に懐中電灯がなくて困っているようですが、ホームセンターでは自転車用のライトがたくさんあるのに何故かそれを買おうとしません。本気で困っているのでしょうかね?

 それから、同じ100均でも単3を1~2本入れる豆電球の懐中電灯はダメです。光線にムラがあって見にくいし電池はすぐになくなるし、全く役に立ちません。

26

 これも仕事用、常にカバンに入っているモノです。6LEDで近距離を照らすならそこそこ明るい。以前秋葉で798円とかで売っていましたが、東急ハンズじゃこれにストラップみたいなものを付けて1280円で売っていた。

 これの便利なところは「電池が006Pで長持ち&売り切れていない」「小さいので口にくわえて作業できる」「直立で置けて左右90度に首振りする」「ガムテープでヘルメットなどに取り付けができる」

 実際どこでも006P電池だけは売れ残っていますので、このライトは一個持っておくと非常に便利です。

27

 これは製品名不明の9LED、電池は単4が3本。ドンキホーテで568円、吉祥寺ロヂャースではカラビナなしで300円。値段の割りに結構明るい。女房も帰り道に停電した時用にひとつ持っています。

 明日はこれをカンテラにする方法ってのをやってみます。

2011年4月 1日 (金)

スマッチャーたちのそれぞれ

 未曾有の大災害に襲われた我がニッポン! 果たして立ち上がり再び繁栄を取り戻すことができるのか! かつて世界のどこも経験したことのない巨大原発事故、ニッポンの技術と根性で乗り切ることはできるのか!

 期待して待て次号!

 ってな具合で、LEDライトをいじくりまわしながら一向にやってこない停電を待っていたら。スマッチが終わってしまうとメールが来たではありませんか。私があまりに不謹慎なことばっか書いたせいじゃないだろうな?

 2005年の9月から書きはじめて、何と今日まで2010本も記事書いてしまいましたよ。東京ドーム何個分でしょうか。『クレベリン』でぐぐると今でもほとんど検索トップに出てきます。『恵方巻き』でも上に来るな。このスマッチにはいろいろいろいろ遊ばさせていただきました。

 リクルート様、スマッチ編集部様。

 ありがとうございました。お世話になりました。

 何かブログやめてしまう方も多いみたいですが、私はすでに『においの事件簿』を書くのが日課になってしまっております。

 加えて、自分で言うのも口幅ったいことですが。

住宅と住空間でのにおいとその傾向、および対策についてこれだけ書いたブログってないだろ

 しかも。

 宣伝を目的としていない。私自身を宣伝していたって見方もできますが…)

 これは読者が記事の信用度を測る上で結構大きい。最後に何でも自社製品をお勧めしていたのでは、何となく記事内容は5~6割引で考えてみたくなったりしまったりしますからねぇ……。

 ともあれ。今月一杯は新規記事のアップも閲覧も普通にできるそうなので、引き続き記事を書きつつ5年半の記事はまとめてどこかに引越したいと思います。ニュースリンクのために『iza!』や『Excite』にもブログを開設していますが、どうやら『ココログ』にエクスポートするのが楽そうなので、現在その準備を始めております。

 私のところに持ち込まれるニオイの案件はますます複雑かつ大規模なものになってきております。現在東京駅の丸の内側と八重洲側でいっこづつでかいビルの調査と対策を始めているところだし。興味深いお話のネタはまだまだ尽きないでしょう。

 そんなわけで『スマッチ!』は終わりますが、『においの事件簿』は書き続けますので。引き続きよろしくお願いいたします。

Ibahuku

 本日東京駅付近からの帰り。有楽町で茨城福島の応援販売。

Gyu 

 常陸牛の試食~happy01

Kome

 応援のために福島産コシヒカリ5kg(2000円)を購入しました。重かった……。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック