« 住宅の固有臭(その⑥-抽出と分類) | トップページ | 住宅の固有臭(その⑦-観察と感知) »

2011年5月24日 (火)

昭和が祟る

 陸前高田市で、心配していたことが現実になっているようです。

 『陸前高田市気仙町の上長部地区で、住民が魚の腐敗臭に苦しんでいる。魚は津波で破壊された水産加工会社の冷蔵庫から流れ出たサンマやサケなど。東日本大震災発生から2カ月以上過ぎた今もがれきが邪魔をし、広範囲に散乱した魚の撤去や消毒が進んでいない(岩手日報)』ハエの発生も半端な量ではないようです。

 う~む。“におい・かおり環境協会”で行った臭気対策支援物資の内容は(pdf注意)、ほとんど簡易トイレ用だったからなぁ。敵は膨大な量の腐った魚だと、バイオで高速分解処理か? ケミカル剤で一時的に止めたって、その後埋め立て処理しないことにはまた臭い出すからな……。

 しかし液剤散布するにしたって電気がないから手作業か。現地で液剤や粉剤を希釈する上水だってないかも知れない。う~ん、どうしたらいいだろ? 仙台あたりに資材基地を設けないと無理っぽいな。一人じゃ無理だ、明日協会の定例総会があるからちょっと話ししてみるか……。

 そんなこんなで……。

Dscf8508 臭気判定士、今日は“におい探偵”で銀座を調べております。

Dscf8509  昭和6年開業の超老舗キャバレーです。これができた頃には銀座の裏手にもドブ川が存在していたに違いありません。

Dscf8481  このように、何気ない路地が昔のドブ川の跡だったりするんだな。

Dscf8487  並んだマンホールが地下の下水管と言うよりは暗渠の存在を物語っています。うっかりこの上に建物建てちゃったりすると場合によっては困ったことが起こります。昔の東京に復讐されるようなものだな。

Dscf8492  歩測を行いながら、ビルの隙間なんかに残されている暗渠の痕跡を見つけ出す。

Dscf8494  こう、基礎を深く掘り下げてマンションとか建てられちゃうと、痕跡も何も消えてしまいます。しかし暗渠を切るわけにも行かないから、地中管化工事か何かが行われたんだろな。

Dscf8483  マツダのエンブレムが付いていたように見えたけど、これ何だ? ルーチェ?

Dscf8500  う~ん。何とはなく暗渠の痕跡は読めたけど。資料を手に入れないと確証が持てないな……。下水道局に行けば良いのか?それとも建設局の河川部か?

« 住宅の固有臭(その⑥-抽出と分類) | トップページ | 住宅の固有臭(その⑦-観察と感知) »

ニオイに関するあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/40109329

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和が祟る:

« 住宅の固有臭(その⑥-抽出と分類) | トップページ | 住宅の固有臭(その⑦-観察と感知) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック