« しぶしししぶし | トップページ | 鋼鷹たちの休息 »

2011年6月18日 (土)

みの神さあ

 志布志市有田にあります『星の栖』(※注:お風呂が“混浴”になっていますが、一般家庭のユニットバスのことです。確かに混浴ではある)

Mizq “大草原の小さな家”って風情ですが、周囲は全部湿地です。何しろここ谷間だし。なかなか良いお宿でしたが、どうもシーズンじゃない今だから取れたようです。3室しかありませんから。

 お部屋は全部和室で、『ビーナス・ジュピター・ネプチューン』と、なぜか全部英語読み。何か微妙にバランスが取れていないところが微笑ましい。

Miz1  周囲が湿原なので、近くにこんな具合に水源地があります。そこここでほのかに火山ガス系硫化水素が香っておりますので、温水もちょろちょろ涌いているのではないかと思われます。

Miz2 二酸化硫黄とかを含んで、とんがった感じがする硫化水素が火山系。メチルマルカプタンとかを含んだ「どよ~ん」としたのが下水系の硫化水素です。

 奥に水源と、守り神さんの岩が見えています。

Miz3  『普現堂湧水源』です。神さんは注連縄が朽ちてちょっと機嫌が悪そうだったので、撮るのは遠慮。

Miz4 忍野八海とまでは行きませんが、昨日までの滝雨にもかかわらず非常に澄んだ水が流れております。

Miz5 水棲植物が実に美しいです。皮肉なことに現場では一日として晴れたことはなかったのに、現場を離れたとたんに陽光が差しました。水の神様が「おはんな良く働いた(あんたは良く働いた)」とご褒美をくれたのでしょうか。

 時間はないわ連日土砂降りだわの最低最悪な条件で、お客さんに「まあ……、ここまで取れていればOKか」と承諾を貰えたのだから、あの現場では上出来な仕事ができたんだな。

Miz6  で、田舎道を1時間半走って鹿屋にやってきました。数年前にこっちに引っ越した“彼女”に会うため。

« しぶしししぶし | トップページ | 鋼鷹たちの休息 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今妹が九州の実家に滞在中なので、そちらの雨のことを心配していたら、石川さんも九州に居らっしゃるのですね。
雨の中のお仕事ご苦労様です。
名古屋もこのところ雨続きでこのところ青空を見ていません。
それにしても、静かそうで素敵なところですね。
雨量が半端ではなさそうです。気をつけてお仕事なさってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/40443947

この記事へのトラックバック一覧です: みの神さあ:

« しぶしししぶし | トップページ | 鋼鷹たちの休息 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック