« 菌による自滅方法 | トップページ | 続・武蔵野市サバイバル »

2011年7月25日 (月)

武蔵野市サバイバル

 先週の土曜日に地区の防災訓練がありました。

0 事前にチラシが配布されました。これには安否確認の記載欄が付いていました。各一時避難場所に掲示板が設けられて、そこに貼っておくらしい。

1  で、当日。12時半ですがまだ誰もいません。予定表ではとっくに大地震が発生したことになっております。

2  どうやらこの立て看板に安否の確認や救助要請を貼り付けていくらしいです。矢印で示したのがこの防災講演の備品倉庫。どんな装備が出場するのか楽しみです。

3  1時になったので、ぼちぼちと『被災者』の人たちが集まってきました。……こんだけ?

4  黒いベストは市役所の防災課、オレンジやグリーンのベストは地区の防災委員らしいです。ウチのマンション、町内会に入ってないからこの辺の情報が全然来ないんだな。まずいな。

 しかしチラシには『近くの公園に集合』と書いてあるのに、防災委員は「ここは2丁目と3丁目の人で、4丁目の人は中央公園へ」などと言っています。委員が混乱を起こすようなことを言うな。今は非常時だぞ。

 ところで防災備品倉庫はいつ開けるんだ?

5  そうこうしているうちに、防災本部から機材が届きました。……へ? 何で現場にある機材を使わないんだ?

6  などとぐちゃぐちゃ言っている余裕はありません。目下緊急事態発生中です。家具の下敷きになって救助を求めている人がいます。子供の字が妙に整っているのはパニックに陥っているからでしょう。

7  急ぎ救助に向かいます。しかし行き先の住所は解っていても場所がどこなのか判りません。防災公園には付近の地図が必要です。

8  これが救助装備です。……これ、重いだけでたぶん役には立たない。バール2~3本と中型ハンマーとロープで良いだろ。慣れてない人間が大鎚使ったら危ないぞ。

9  負傷者をリヤカーに乗せて、防災本部がある境南第一小学校へと向かいます。(続く)

« 菌による自滅方法 | トップページ | 続・武蔵野市サバイバル »

災害対応・サバイバル」カテゴリの記事

コメント

だいぶ、昔、世田谷区の防災訓練に参加、
あまり実戦(?)向きじゃないなと思ったことを思い出しました。
ちなみに今回の参加者、
平均年齢はおいくつくらいの感じでした?

お邪魔しますぅ…今年地区の防災員になりましたぁ。
消防署の講習会に出てみて、今までの防災訓練ではどうにもならないよねぇ、と防災員に当たってしまったママ友さんと話している所です。
夏祭りが終わったら秋の防災訓練の企画も立てなくっちゃ…師匠、参考にさせてくださいね。

ひろぽんさん
毎度です♪
その昔の、ウチのマンション自治会状態でした。若くて50代でしたでしょうか。
やはり市民の男手が足りていません。
まず資材のある場所に行って運んでくる、そこからやらないと意味がないです。
全体を見ての感想「市レベルまであてにできない」やはり自助3日のつもりで
作戦を立てていないと助かりません。

ちゃーちゃん様
どもです♪
お疲れ様です。「地震だ、火を消せ」がのんきなスローガンに聞こえるほど、現実が大変
なことになってしまっていますねぇ。
「最初の30分を生き延びた、さあ残り3日をどうやって耐えるか」
これを頭に置いていろいろ考えなくてはならないようです。実際役所で配布するパンフなんかより、アメリカ軍とかのサバイバルマニュアルを読んだ方が役に立ちます。
ついでだから本棚から引っ張り出して記事にしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/40948691

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野市サバイバル:

« 菌による自滅方法 | トップページ | 続・武蔵野市サバイバル »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック