« 残されしモノたち | トップページ | 地下的中華 »

2011年10月29日 (土)

汐留上陸作戦

A2_2 

 随分久しぶりになってしまいました。忙しすぎてしばらくこっちに手が回りませんでした。ツイッターでつぶやくのが精一杯な状態で、とにかく現場と書類で他に何もできませんでした。まだこの状態は続きそうな感じもします……。

A3_2

 都内某所の川がらみの現場はまだ続いておりまして。なにやらポンツーン上で水面上を歩いております臭気判定士。(※許可を得ています)

A4_2 目的地はここ↑なのですが。陸上から接近するのは不可能らしいので、水上からの攻撃となりました。『大発』が欲しいところです。
A5 

 そんなモノは自衛隊にも残ってないので、人力舟艇で約100メートルを移動します。臭気判定士は漕艇もできなくちゃいけません。

A6 

 えんやこら。ヨットやらパワーボートの間を漕ぎ抜けて、やっとここまで来ました。(※許可を受けて遊んでいます)

A7
 この支柱と係留索の間をカヤックのごとくスラロームしてアスタン(後退)して、やっと入り込みました。何十年ぶりかの割には上手いこと操舟できたぞ。
A8 

 この、一番ヤバそうな場所から水を汲み上げます。川底をかき回すと、真っ黒いヘドロと共に立ち上る硫化水素ガス!(※許可を受けています)

A9 

 水はそんなに濁っていませんが、硫化水素はたっぷり溶け込んでいます。うわ危険濃度!

A10 

 約60キロの温泉みたいな川水を採取して、オールも重く桟橋に戻ります。振り返って撮ったから行きと同じ画になってしまった……。
A11
 何が怖いって、帰りのここが一番危険だった。両手にポリタン、揺れるポンツーン。障害物だらけの浮き桟橋。

 しかし仕事はここからよーやっと始まるんだな。

« 残されしモノたち | トップページ | 地下的中華 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

おお、凄いところを移動中。
これは恩賜庭園の近く…ですよね?
以前、この庭園に来たとき、橋から下を見て「ここには絶対落ちちゃいけない気がする…」と友達と話していたのを思い出します。
見るからに怪しい雰囲気(なぞの気泡が上がっていたり、船が沢山沈んでいたりと荒んでいた)だったのを覚えています。

でも、こういう不思議なところを出入りしていると、お仕事とはいえちょっと楽しかったりしますよね。
個人的に仕事の調査で入って、「おおー!」と感動したのは病院の手術室でした。

10月17日に蕎麦屋を開店しました。
厨房から変な臭いがしてきて、お店全体が臭くなって困っています。
具体的に何処から何の臭いがしてくるのかわからず対処できません。
見に来ていただけないでしょうか?
お願いします。

>がらさん
どうもです。もし落ちたら、溺死じゃない死に方ができそうな悪寒がします。
ここの川水のために、恩賜庭園の舟入り場も大変なニオイになっているようです。
しかしあまりに規模が大きい相手なのでどうにもならない……。

蕎麦屋様
ご相談ありがとうございます。
それはお困りですね。メールいたします。

師匠、
すごいモノ相手にしていらっしゃいますねえ。
結果というか、経緯、楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/42753971

この記事へのトラックバック一覧です: 汐留上陸作戦:

« 残されしモノたち | トップページ | 地下的中華 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック