« 赤坂九丁目「無用階段」 | トップページ | 人生いたる所青山三丁目 »

2011年11月21日 (月)

断熱を加熱してはいけない

 先週の土曜日、初冬の大雨の中『臭気判定司会意見交換会』が開催されました。

Dscf6350
 カメラを別のカバンに入れっぱなしで忘れてしまったので、会場の写真はなし。久々に『ひろぽん』さんにもお会いできました。ご参加どもでした♪

 実は前回大阪で使ったパワポデータ、ちょっと改変したところパソコンから吸い出すことができなくなってしまいました。仕方ないので当日4時起きで企業向けのパワポを意見交換会用に改変するハメに……。

 会で配布したレジュメとスクリーンがかなり違ってしまいました。大変申し訳ありません。私の前に発表した祐川さんとカブる部分をバッサリ切り落として、しかも東日本震災の被災地現状報告の時間を作らなくちゃならなかったから大変でした。

 原稿読んでたら時間オーバーするのが目に見えていたので、当日はリハーサルなしの一発勝負でした。思い出して原稿にしておかないと……。

O1

 え~と……。また写真を1枚しか受け付けてくれない現象が起こってるんだな。

 

O1_2
 あ、貼れた。何か時間を置くと何とかなるらしいぞ。ここは埼玉県のとある事務所です。数年前から夏場に集中して事務フロアに原因不明なにおいが発生する現象で困っていらっしゃいます。

 で臭気判定士が調べにやってくると……。

 以前は自動車メーカーのショールームだったようです。その上に後乗せのフリーアクセスフロアを組んでいますが、その部品が結構有機溶剤くさい。明らかに事務所内のバックグラウンドはコレだな。でも苦情になっているのはこっちじゃないと……。

O2 

 捜すと、何となく窓に接近すると不穏なニオイが感じられます。ショールームだったもので、窓がやたら大きくて、それを冷暖房効果と目隠しを兼ねてパーティションみたいな仕切りで塞いであります。

O3 どうやらこのスタイロフォームみたいな断熱材がにおっているんじゃないかって気がしますが、表面を嗅いでも特に異常はない。でもやっぱり窓に近づくと、重い不快なニオイが存在しています。何だ?

O4_2 分解するには大きすぎるので、その辺こじって広げて調べまくったら。発見しました。この継ぎ目から出ている。有機溶剤系の接着剤じゃ断熱材が溶けちゃうから、たぶんフェノールかもしかするとアミン成分が入った接着剤を使ったんじゃないだろうか?

 窓から射し込んだ日光で断熱材が加熱されて、ここから接着剤の成分が揮発するんだな。超微量だけど嗅覚閾値が低い成分だからフロア中で感じるようになる。

 

 あ……。閾値と言えば今年の臭気判定士試験の解説と演習問題作らないと……。




« 赤坂九丁目「無用階段」 | トップページ | 人生いたる所青山三丁目 »

家の中のニオイと空気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/43088818

この記事へのトラックバック一覧です: 断熱を加熱してはいけない:

« 赤坂九丁目「無用階段」 | トップページ | 人生いたる所青山三丁目 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック