« 2011年最終現場(その2) | トップページ | 臭気判定士「あるもの」を嗅ぐ »

2011年12月31日 (土)

2011年最終現場(その3)

 ……やっぱり1枚しか貼れなくなっちゃったんだな。こんなだからブログユーザーが減るんだぞ。

4_2 『消臭』にもまたいろいろあるのですが、ご家庭で最も多く使われているのが『芳香剤』ですね、これは「強い良いニオイでもって悪いニオイを感じなくさせる」もので『マスキング』と呼ばれます。

 マスキングは、それはそれで効果があるのですが。「悪臭を香料でもって圧倒してしまう」のには限界があります。また、悪臭と香料の相性によっては余計にひどいニオイになってしまうこともあります。

5
 これは「マスキング大失敗」実験の道具。アンモニア臭をメントールで消そうとすると逆に大変なことになってしまいます。現実ではそう滅多に発生しませんが、それが実感できる例です。

6 そんなワケで。私の思いつきで古巣の日本デオドールとテレ東のスタッフさんに苦労をおかけしました。お疲れ様でした。放送は1月19日です。
7
 で、私は30日になってもまだこんなところに潜り込んで調査を行っているんだな。終わって午後からコミケ行きました。作業着のまんまで。


 それでは皆様良いお年を。今年はこれだけいろいろ大変なことがあったのですから、2012年は平穏な年でありますように。

« 2011年最終現場(その2) | トップページ | 臭気判定士「あるもの」を嗅ぐ »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

師匠、
相変わらず、お忙しそうですね。
その成果、19日の放送、楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/43570606

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年最終現場(その3):

« 2011年最終現場(その2) | トップページ | 臭気判定士「あるもの」を嗅ぐ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック