« 2011年最終現場 | トップページ | 2011年最終現場(その3) »

2011年12月31日 (土)

2011年最終現場(その2)

 で、やっぱり2枚くらいしか写真貼れないんだな。仕方ないので何回かに分けて書くしかない。

3_2
 上の写真、何をしているのかと言いますと。大きなビニール袋に入っている青い物体はあるお宅から借りてきた犬の寝床クッション。当然イヌ臭付きまくり。これをどこのご家庭にでもある「何か」を使って消臭するって実験なんですな。

 『消臭』って言いましてもその実態にはいろいろありまして。まず『脱臭と消臭』って大きな違いがあります。一般ではこれがごっちゃになっています。

 ニオイを、活性炭にくっつけたり。化学処理してニオイのない二酸化炭素とか水蒸気にしちゃうのが『脱臭』。

 『消臭』ってのは、わかりやすく言うと「ニオイ物質は依然として空気中に漂っているんだけど、それに気づかない状態にしちゃうかあるいは気にならない状態にする」ってこと。これ非常に大きな違いです。

 つまり『脱臭』は費用がかかって難しく、『消臭』は安上がりで比較的簡単。

« 2011年最終現場 | トップページ | 2011年最終現場(その3) »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/43570515

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年最終現場(その2):

« 2011年最終現場 | トップページ | 2011年最終現場(その3) »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック