文化・芸術

2011年6月 5日 (日)

軟鋼不落

 いろいろとやらなくてはならないコトは多いのですが、國學院大學で市民向け神道文化セミナーが開催されているので聴講に行きます。年に1回しかやらないので。

Dscf9222 300人ほど入る教室が、かなり埋まっておりました。年1回と言っても、6月の土曜に1講義ずつ計4講義です。今日は國學院大學神道文化部の茂木教授が「米作りを民俗学的宗教学観点から見る」と言う内容です。

 『田に土で「里」』『田に道が繋がり、その端に祠や社がある様を表す丁で「町」』。そして田は水を運ぶ川がなくては成り立たず、川は山から水を与えられる。だからお祭りの時は山から神様が下りてきて御旅所に留まるんだな。そして田から山への垂直線は最終的に天に通じると……。

 次回は11日で、伝統文化リサーチセンターの杉山名誉教授による「弥生・古墳時代から続く鏡・剣・玉のまつり」です。

Dscf9246 帰りに文献を捜しに新宿ジュンク堂へ寄る。おや『臭気判定士試験関連参考書』のコーナーができてる。2冊しかなかったけど……。

Dscf9258  この間建築学会図書館で閲覧させてもらったこれ。もう一度読み込んで考える。場合によっては大同工業大学の先生に話しを聞かないとならんかも……。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック