家の中のニオイ(と空気)

2011年11月11日 (金)

赤坂九丁目「無用階段」

 場所は赤坂、地下鉄乃木坂駅から赤坂へ下る道筋。

Dscf5864
 見事なトマソン物件「無用階段」です。手すりまで無用に保存されているあたり、なかなかレベルの高い物件です。

Dscf5867
この、手すりをトマソン化を強く味付けしている板の細かい加工も無用にすばらしいです。

Dscf5870と、見ればこの建物全体がトマソン化してしまっているのだな。きっと有名な物件に違いない。ぐぐってみたら、どうやらこれは『区立赤坂図書館』であったらしい。廃墟とならずトマソンに進化したようで、めでたい……。たぶんそのうち解体されちゃうだろうけど。

 で、その赤坂でトマソンじゃない、とんでもない物件にぶち当たってしまった。3線3駅利用可能、ミッドタウンも赤坂サカスも近い4LDK。

 「全体にカビくさいにおいが出るのだが、どこにもカビは生えていない」と言うので調べてみたら。築6年で全然キレイ、外国人家族が住みそうな作りですが……。

 換気扇はやたらと付いているのに給気口が一カ所しかないってのは何でだ?

 

 6年前と言えばもう24時間換気が強制になっているはずですが、これじゃ第三種にも該当しないぞ。

 おまけにあちこちの造作に見覚えがあると思ったら、UR標準の作り方してる。

 きっと申請したのは10年以上も前のことで、資金繰りとかでよーやっと6年前に完成したんだな。でも何だかんだで予算が足りなくなって途中でいろいろとコストダウンしたとか……。

 で、月額賃料100万円。coldsweats02

 

 う~む……。

2010年12月31日 (金)

臭気判定士的大掃除テクニック(キッチン編)

 まあ今回のはテクと言うより実験なのですが。

1

 ガス台のお魚ロースターです。ウチでは熱効率を上げるためにパンに水を入れずにアルミホイルを敷きます。反射熱でちょっと早く焼けます。使い終わったら丸めて捨てれば良いので掃除も楽です。でも焼き網のコゲはどーしょもない。

2

 で、コレです。浴室掃除じゃ補助程度にしか効果がありませんでしたが、こっちではどうでしょう?

3

 ジュワーッと音がして、泡がどんどん茶色に変色して行きます。成分がほとんど界面活性剤だから溶ける溶ける。でも、絶対他に何か入っている。ムセます。リモネンか何かじゃないかな?

4

 流してから研磨剤付きスポンジでちょっと擦ってこんな具合。手間がかからずそこそこキレイになります。これで398円ならいいか。

5

 優秀だったのはレンジフード周りに対して。この、レンジフードの補助照明、ホコリと油でひどく見苦しい状態です。しかもなかなか落ちない。これがこのアワアワだとホントに擦らずキレイに取れます。

6

 続いてシンクの排水口。ざっと掃除をしたところです。ここから臭気判定士的裏ワザ。

7

 得意のコレです。過酸化水素成分の洗濯用漂白剤。

8

 これを排水口の周囲に満遍なく撒いてやります。

9

 1分ほどそのままにしておきますと。過酸化水素が微生物汚れであるスライムに反応して、隙間に隠れていた汚れが泡だって浮かび上がってきます。掃除と殺菌と消臭が一度にできる優れモノです。

10

 で、これから女房と揃ってコミケに向かうのですが。直前になってまだサークルチェックをやっています。こーやってカタログ付属のマップにマークしておかないと、まず目指すサークルにはたどり着けません。

 コミケ詣でが終わったら、浅草橋更科で昼そばを食べて年越用のおみやげそばを買って帰ります。今年は鴨つけにしようかな。真澄の樽酒も買ってあるし。

 それでは皆様、ご無事に新年を迎えられますように。

2010年12月30日 (木)

臭気判定士的大掃除テクニック(浴室編)

 味噌かじゃなくて晦日になりました。今日のコミケはレディースデイで、女房が出撃して行きました。無事に帰って来ておくれ。

Dscf5345

 その間に私は水回りの清掃消毒作業を実施いたします。まずはこの夏にリフォームしたばかりの浴室がどう汚れたのかを点検してみます。

 この、浴槽と洗い場の仕切り板は『エプロン』と呼びます。浴槽周囲の汚れ防止と、最近の浴槽はいろいろな機能が付加されて補機や付属配管が多くついているのでその保護と目隠しの目的です。

Dscf5346

 外して内部の汚れを見てみしょう。(※エプロンの取り外しにはメーカー・タイプ・年式別に手順があります。やたらに外すと壊れたり元に戻せなくなる恐れがあるので注意してください。)

 初期のユニットバスでは、この内部に水垢が堆積して異臭の原因になったものもありました。

Dscf5347

 このTOTOの製品ではエプロンの上下にパッキンが施されて水の侵入を防止しています。そのためかあまり汚れは見られません。排水部分の周辺にちょっと水垢がある程度。バスマジックリンでも吹きかけておくか。

Dscf5352

 この製品では浴槽と壁の隙間はシールされています。しかしタイプによってここをシールしないものもあります。そーするとあふれたお湯やシャワーの飛沫、結露した水がここからエプロン内部に落ちて行きます。

 そうしますと浴槽下にかなりの水が入ることもあり、セッケン分などが水垢やカビの原因になります。カビキラー、またはハイターなどを洗面器一杯に100ccほど混ぜて、この隙間から流し込んでやると消毒になります。

 塩素臭が気になる人はワイドハイターを同じように250cc溶いて流し込んでやるといい。ワイドハイターの場合は反応が遅いので水で濯がない方が良いでしょう。どうせ浴室を使ったら流されてしまいますから。

Dscf5348

 続いて複合の排水トラップ。これは汚れるのが当然なので「清掃前」は撮っていません。クズ取りネットなどを外すとこうなっています。

 この状態で「排水口クリーナー」を流す人もいるでしょうけど、それではちょっと効果が出ません。

Dscf5349

 ここを外します。複合なので、この程度では下水からの空気が猛烈に逆流してくるなんて現象は起こりません。まあ浴室閉め切って換気扇をかけていたら別ですけど。清掃用洗剤には塩素系の薬剤も多いので、締め切りで作業するのはやめましょう。

Dscf5351

 こーゆうところに水垢が溜まっている場合があります。写真で見て解ると思いますが、トラップ封水が静止状態では部品の一部が水面から出ています。

 つまり、分解しないでクリーナーを流してもこの部分は液に漬かることがありません。こうやって露出させてからぶっかけましょう。

 一度、テレ朝の取材で出くわした凄いキレイ好きの奥様が。

 トラップを分解清掃して完璧に拭き上げて水を切ってからトラップを戻していました。当然封水が無くなっているので臭気逆流防止が効きません。

 「こんなに念入りに掃除しているのに、どうしてニオイがなくならないのでしょう?」と困っていらっしゃいましたが。そりゃぁ、これではニオイはなくなりません。

 これネタじゃなくてマヂです。

 洗い場の表面は思ったほど汚れていません。こんな場合は『スクラビングバブル』でも充分、早いし。でも相変わらず、すげー香り……。

 明日はキッチンでスクラビングバブルの実力を試してみたいと思います。あんま期待してないけど……。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) お掃除楽々な最新型浴室のマンションを探すならスーモへGO!

2010年10月18日 (月)

気能停止

 風邪がぶり返したのか何なのか、調子が悪いです。特にお腹。6時半に一度起きたのですが、メシ食って寝なおしてしまいました。(腹の調子悪いのに)

 メールでの相談で、第3種24時間換気の使い方について質問がありましたので、こちらでもって解説をさせていただきます。

 相談者の方からいただいたメールの内容では、どうやら第3種24時間換気による室内気圧の低下が原因で、どこかから何かのニオイが出てきているらしいです。

 試しに換気扇を止めて部屋の換気レジスターを閉めてみたら、翌日あまりニオイは感じられなくなったそうです。

 それで。その後の質問で

「24時間換気は切ったままにして大丈夫でしょうか?」

「換気を止めた場合、レジスターは開けておべきでしょうか?」

 とありました。

 さて。これが24時間換気システムの困った部分です。

 何故かと申しますと。

『24時間換気システムが付いている住宅は非常に気密性が高い』ってことが挙げられます。そこの何が問題なのかと言えば。

『強制的に換気しないと家の中の空気がこもってしまう』

 ってことです。隙間風ってものを徹底的に排除していますから。窓を開けでもしない限り、だ枚いていたら空気は入れ替わりません。空気が入れ替わらないと言うことは、『家の中で発生した湿度もそのまんま残存するsweat02』ってことなのですね。

 そーすると、何が起こるかはスマッチ読者の方は想像がつくと思いますが。『結露が発生』しやすくなります。特に北側の壁とか、タンスの裏面とか。窓ガラスが二重でなければガラスの表面が水滴だらけになります。

 だから24時間換気システムが付いている住宅は、機械換気が行なわれていることが通常の状態なんですね。

 ニオイを我慢するか結露と戦うか、どっちにしろあまり快適とは言えない環境になってしまいます。

 ですから、「できたら換気は行なったほうが後々のことを考えると無難」「換気を止めても、レジスターは開けておいたほうが良い」ということになります。

Dscf1887

 ですから、24時間換気に「弱」モードがあるのなら、レジスターは開けて弱で換気を続けるのが一番無難ですね。あら、写真の下のところ切れてるぞ。

 換気扇を使わないのであれば、結露予防のために北側の部屋や寝室などに除湿機を置くとか、何か手を打たないとカビの元になってしまいます。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 快適空気のマンションを探すならスーモへGO!

2010年10月14日 (木)

ほのかに香るは

 朝の7時半にすでに忙しいもので、パソコンの前で仕事しながら朝飯食っております。これでは勤めていた頃と何ら変わりがありません。

 いかん。臭気判定士試験の直前講習会も今月末だった、講義の原稿をもう一度読み直しておかないと……。まだ会場に空きがあれば受付はしてもらえると思いますので、お問い合わせは臭気判定士会までどうぞ。

 

 で。コメント欄に質問が来ております。マコさんから。

 この「喉がピリピリと痛む化学的な異臭」というものには、薬品?物質?としてどういうものである可能性があるのでしょう。

 我が家(マンション/神奈川県)も同様の化学的な異臭がして家人ともども困っています。家人は消臭剤?か何かではないかと言っているのですが。。。

 質問コメントは『両隣の飲食店から出される調理排気が家の中に入ってきてアレルギー症状まで出てきてしまった』との相談の記事でして、「喉に炎症が出て咳が止まらない」などのことからの質問ですね。

 さて。ちょうど講義の中でもこんなことに触れているので、原稿を見直しながらお答えしましょう。

 え〜。ニオイの物質には、ある濃度に達すると「ん?何かニオイしてる?」と感じはじめる一線があります。専門用語で『検地閾値(けんちいきち)』と呼びます。ここだとまだ、何のニオイか判りません。

 もうちょっと濃度が上がりますと「あ、硫化水素だ」とか「あ。これは牛丼、しかも松屋だ」とか。ニオイの正体が何となく判るレベルがあります。これは『認知閾値(にんちいきち)』と呼びます。

 ここまでは化学のお話。

 「ニオイを感じたよ」って信号は、嗅細胞から嗅球やらを通って最短距離で脳に到達します。脳では何箇所かを使ってその信号を処理しますが、その一部『海馬』って部分は記憶を司る部分でもあるので、『ニオイ=記憶』ってのが非常に連動しやすいんだな。視覚と嗅覚は危険の回避に欠かせないものだから、そうでないと困ります。

 ここで問題になるのが『記憶』です。

 会話もできなくなった認知症の老人に「ぬか味噌」のニオイを嗅がせたら。遠い昔の田舎のことを思い出して、話をするようになったような成果もあるそうです。これは『ぬか味噌』のニオイを知っていて、さらにそのニオイに直結する出来事が記憶に刻み込まれていたから。ニオイでもって眠っていた海馬が活性化してアーカイブが開いたんだな。

 これで『ぬか味噌』を見たことも嗅いだことも、ぬか漬けのナスやダイコンも食べた事がなかったら。「何か酸っぱいような発酵したような嫌なニオイ」になってしまいます。プロピオン酸。

 まず、同じニオイでもっても、個人によってこれだけ反応が違う。

 それから。やはり『嗅いだ事のあるニオイ』は、記憶していればかなり薄い濃度でも「あ、どこかでキンモクセイ香ってる。秋だね〜」となりますが。これがキンモクセイを知らないと、もう木の下で咽るほどの香りに包まれてようやく「何か消臭剤のニオイしてませんか?」とか風情もへったくれもないことを言うハメになります。(事実)

 さてそこで、「喉がピリピリと痛む化学的な異臭」ですが。何であるか、上のコメントだけでは分析できませんが、以下の2点であると申し上げる事はできます。

�@検知閾値以上認知閾値以下のかなり薄いニオイである。

�A認知閾値レベルではあるが、今まで嗅いだ事がないニオイなので海馬がデータ参照できない。

 「喉がピリピリ」って症状があるのがやや気がかりです。これは「何らかの化学物質である(ニオイは全て化学物質ではあるのですが、この場合は狭義で)」または「精神的な嫌悪感からアレルギー的な症状が出ている」このどちらかであることが考えられます。

 実際、自分の記憶にない「正体不明なニオイ」ってのは気持ちが悪く、不安になります。それは不明なニオイを脳のウィルスバスターが「危険あり」と検知したってことです。クリックしても無害な場合があります。

 なので、新築住宅のクレーム現場に私が行って「これ、壁の中に使われている木材のニオイです。別に何でもないですよ」と判定すると「あ、そうなんだ。だったら良いです」と言ってその後本当に気にならなくなってしまう極端な事例もありました。

 マコさんの事例ですと……。新築かどうか書いてありませんが、どちらにせよ管理会社や施工業者が来てもニオイを認識できないでしょう。建物に携わっている人たちですと、どうしても建材はニオイがあることが当然だと認識していますので、住んでいる人の嗅覚と感度が全然違ってきてしまいます。

 え〜。講義の練習も兼ねていたから前置きが長かったぞ。確認の方法です。

�@第3種24時間換気(浴室の換気扇がずっと回っている)なら各部屋の壁にある空気取り入れ口を全部閉める。第1種(マイコン制御)なら換気モードを「強」にする。

�A窓も、家の中の全てのドアも閉めて、キッチンやトイレなど家にある換気扇を全部回す。

�Bそのまま10分ほど待つ

�C換気扇などはそのままにして、そーっと廊下や洗面所などのニオイをチェックしてみましょう。『何であるかわかる』認知レベルにまでニオイが濃くなっているかも知れません。

 それでも不明なら、新築に近い場合は管理会社や不動産屋に「臭気判定士に来てもらって」と相談して見ましょう。中古で購入後時間が経っている場合は個人で依頼しなくてはならないかも知れません。お見積もりします。

依頼はこちら→swordbb@yahoo.co.jp

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 季節の花が香るマンションを探すならスーモへGO!

2010年7月12日 (月)

PCMXが魚入り生ゴミ臭を消すかも知れない

 土曜の夕食だったのですが。サーモンをフライパンで焼きまして、オリーブ油で焼いたトマトと合わせました。他は自家製イモサラダ。

 『ポテサラ』はシンプルにジャガイモだけ。……実はパセリを買い忘れたので。味はキューピーハーフと白ワインビネガーにコショウ。ワインビネガーは女房が母親に教わったレシピだそうです。確かに味に良いメリハリが出ます。

 問題は調理した後でして。キングサーモンだからもう、オレンジピンクの脂が出まくります。これが困りモノ。生の方の包装材なんかは洗って乾かせばそんなに臭わないのですが、この脂はとても洗えない。洗剤の量が要るし、エマルジョンさせても排水管の内側に引っ付く恐れが大です。まあラードやヘッドよりはマシでしょうけど。

 で、ペーパータオルで拭き取ってから洗うことになります。エコな奥さんは新聞のチラシを使うのでしょうけど、最近は節約のためにツルツル表面のコート紙に両面印刷してあるからイマイチ吸いが良くありません。もっと節約志向の黄色いザラ紙チラシの方がその辺の性能は良いのですが、あまり多くは使われていません。見栄えが悪いからかな?

 その昔、北海道の新聞チラシには『豪華ミニカーコレクション−月に2台のクラシックミニカーがあなたのお手元に届きます』なんてディアゴスティーニ的なチラシが入っていたことがありまして。当然買ってもらえるはずはありませんから、そのチラシをコレクションしていました。

 そのコレクションの方法が卓抜と言うか、いじましいと言うか。写真の背景が気に入らなくてわざわざミニカーの部分を切り抜くのですが。チラシの両面にミニカーの写真が掲載されているものだから、片方を切り抜くと裏面は犠牲になってしまう。

 仕方ないからどちらか好きな方を抜くのではなくて、裏表ひっくり返しながら両方の車のシルエットを切り抜くという器用なことをやっていました。

 我ながら、何でわざわざそんな苦労をしてまで切り抜く必要があったのか。そのまま取っておいたほうが良かったような気がしますが……。

 ……え〜と。チラシがダメなら新聞紙で拭くという手もありますが、フライパンは良いとして食器の脂を新聞紙で拭くってのはアリなのでしょうか? インクの成分が脂に溶けだしそうで、何か気持ちわるいのですが……。その後で洗うから良いのだろうけど。

 それで。その拭いたあとの脂を吸ったペーパータオルやらチラシやらが問題で、今は無印良品の蓋つきダストボックスに入れてあるので、部屋の中にニオイがたちこめる事はありません。

 でも蓋を開けた時のダメージが結構厳しい。先にバイオ剤を吹いて置けば良かったのですが、もう後の祭り。

 で、せっかく(?)だから臭気判定士実験します。

 標的は発生源とニオイ質から推測して『アミン+アンモニア』です。アルカリだ。実験は蓋を少しだけ開けて2回吹き込み直後にまず確認、密閉して10分経ってからもう一度確認しました。

(※実験風景はグロいので自粛)

結果(試験順)

スプレーA :直後【変化なし】   10分後【変化なし】

スプレーB:直後【ちょっと変化】   10分後【変化なし】

スプレーC:直後【消臭有効】   10分後【効果薄れる】

スプレーD:直後【マスキング】  10分後【効果あり】

 直後の評価は吹き込んでから蓋を開けて直近で嗅ぎました。10分後の効果確認は立った姿勢で蓋を大きく開けた時、つまりゴミを捨てようとした時に感じるニオイ状態で確認しました。

 A・C・Dは業務用製品、Bは比較対照用の一般家庭にある消臭スプレーってことで、リセッシュです。

Kusuri_2

一番効いた『スプレーD』がこれ。医療用品メーカーからもらった除菌剤です。これは確か某マンションのもの凄い臭いエアコンでも効果があった製品。

 成分を見ると『パラクロロメタキシレノール(PCMX)』ってものらしい。調べてみると防カビ剤やらペットの耳や皮膚の消毒剤にも入っている。

 最初は松ヤニみたいな独特の製品臭でマスキング状態になりますが、他のスプレーと比べてニオイの戻りが明らかに遅い。30分以上経った後でも、ゴミ箱の蓋をあけてもそれほど臭いません。

 ちょっと他の『パラクロロメタキシレノール』製品を探して、一般家庭用のがどれほど効くのか試してみるか。

 しかしこれ。『パラクロロメタキシレノール』は0.2%で、残り99.8%が『他の成分』なんだよな。この松ヤニみたいなニオイって溶媒か香料なのかな、それともPCMXの固有臭なのかな?

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 魚を焼いても臭わない快適なキッチンのマンションならスーモへGO!

2010年7月 7日 (水)

フランスでは日本かぶれを「タタミゼ」と呼ぶ

 昨日の記事に書けなかったことがありまして。そういえば『ノーズパルFL』の見積もりが来ていないな。

 あ、その前に。今日の『ちい散歩』番組内のテレビショッピングで『いいものさがしちい散歩くらぶ』ってのがあるのですが、今日は消臭ふとんセットの紹介で。消臭効果の評価を私がやっています。

 

 それで、畳のこと。

 塾長さんが『たからの庭』でセレクトした畳は、『アトピッコハウス ほんものたたみ』という製品だそうです。「ほんもの畳」と断らなくてはならないほど、本物じゃない畳が流通しているってことですね。

 スタイロフォームが入った『スタイロ畳』などはまだ、機能性を考えた製品と思えなくはないですが。芯に集成チップで作ったコンパネみたいな板が入った畳ってのは何だ? 畳に見えるフローリング材か?

 そして、『ほんものたたみ』の中でも語られておりますが。「着色した青畳」ってものが、多分今でも使われているのではないでしょうかね? 中国で作られて、でかいロールで輸入されて来るような気がするのですが。

 これに使われている塗料の安全性が問われておりますが、私が出くわしたのはこの塗料がある条件でどうやら分解を起こすらしい件です。

 確認したのは2件ですが『畳自体が常に湿気を帯びてしまい、しかも日光があたる』環境にあると、半年と経たないうちに畳の表面から低級脂肪酸のようなニオイが発生してきます。発酵くさいような動物くさいような独特のニオイで、誰か汚い足で歩き回ったんじゃなのかと疑ってしまうようなニオイですが。畳の表面は汚れていないのですね。さんざん調べて悩んだ後で「畳表がおかしい」と結論を出しました。

 どうも床下にトラブルが合って、居間の隅っこあたりに湿気が上がってくる状態だったようで。その部分の2枚の畳だけ、表面の手触りが違いました。

 旧来の処理でもって製造された畳表なら別に何も起こらないのでしょうけど、湿気+紫外線によって塗料が分解したのではないかと考えて、報告書を出しました。残念ながらリペア作業には立ち会うことができませんでしたので、その後のことは判りません。

 まあ場合によってはどうしても畳が青くないと困るところもあるのでしょうか、退色した畳を青く染める塗料も市販されています。畳に有機溶剤使った塗料を塗っちゃうのか……。

2010年7月 6日 (火)

星のカービィ

Prehab

 工事作業員用の控え室設営が始まりました。このために駐車場から車3台が一時外部に移動です。奥のさしかけ部には残土置き場が作られています。駐車場の風通しが悪くなりるだろうな。熱や湿気が溜まらないといいのですが。

 湿気が溜まると言えば。

 『鎌倉に家を建てる』の塾長さんが扱う古民家物件で、畳のカビ発生が頻発しているそうです

 週の半分ほどしか部屋を使用せず、なおかつ締め切りっぱなしなので湿気が溜まってカビの発生に至ったようです。

 その昔の、ノラ猫が棲みついたり忍者が忍び込んだりするようなスカスカな床下であれば風も抜けて湿気もそれほど溜まることはないのでしょうが、コンクリートの閉鎖型土台ですと空気の抜けも悪く、また古い物は土が露出しているため床に湿気が伝わってしまいます。

 何せ昔の畳下は、一センチほどの板を並べただけで、その隙間から空気が抜けるような構造ですから。湿気よけに新聞紙を敷き詰めるなんての生活の知恵も、そんな構造だと生きてきます。

 

 それで、塾長さんの記事の中に「新しい畳の方がカビが発生する」との記載がありました。ちょっと考えると、「使いこまれていろいろな汚れが付着した古い畳の方がカビやすいのでは?」と思ったりもしますが、実はホントに新しい方がカビやすい。

 その原因ってのが。

�@新しい「い草」は乾燥している上に、踏まれていない分繊維が詰っていないために湿気をもの凄く吸収する。

�A新しい「い草」はまだ内部に植物由来の油分などを残しており、カビの栄養源になりやすい。

 こんなところが挙げられます。その証拠に枯れ切った藁を使った内部の『床』はあんまりカビない。空気にも接触しないからだな。

 『たからの庭』の和室では、メタノールで拭いたところ問題なくカビを退治できたそうです。本当に畳表の「い草」の表面にカビが繁殖しただけだったようです。これが、気付くのが遅れてい草そのものが変色するほどカビると、深刻です。「い草」が分解されて表面が荒れて痛みやすくなりますし、カビ臭も取れない。

 そんな状態になったらアルコールより『オキシドール』で拭くのが効果的です。殺菌漂白効果がありますので、変色した部分の色が戻ります。でも青畳に戻るわけではありませんから注意(※必ず一部でテストして脱色具合を確かめてください)。それから、手荒れしますから必ずゴム手袋をしてください。

 カビってのはほとんど不死身ですし、空気中にいくらでも胞子が漂っていて次々と援軍がやってきますので、一度やっつけたからと言って油断しているとまた発生します。除湿換気ができれば報復を恐れる事もありませんが、それほど頻繁に換気を行なうことがムリでしたらひとつ方法があります。

Virus033_2  ←コレです。

 新型インフル予防でおなじみのクレベリンです。クレベリンの主成分である「二酸化塩素」は強力な殺菌剤ですので、空気中に漂っているカビ胞子の活動を抑える効果が期待できます。「特にカビが発生しているわけではないけど、何かカビくさい」って時の脱臭にも効果があるでしょう。

 ただし強力なクスリですから、部屋の使用前には換気をお忘れなく。

 で、最初からカビを寄せ付けない方法もありまして。それにはドラッグストアなんかでは売っていない業務用のクスリを使う必要があります。

Fl50_2

 はい出ました秘密兵器。『ラングパルFL』と言います。これを畳の表面に霧吹きでかけてから風をあてて乾燥だせますと、防カビコートになります。コンクリートや水を吸い込む素材も防カビできます。

 ただし見てのとおり白濁した液ですから、黒っぽい表面にたっぷり吹いてしまうとしみになる恐れがあります。そんな時にはきれいな雑巾にしみこませて拭きます。

 ただし安全性重視の製品ですから、一度吹いたら未来永劫カビとサヨナラってほどには強力じゃありません。毎年梅雨前にこれを吹き付けておけば、そう簡単にカビは発生しないってところでしょうか。クレベリンを併用すればさらに安心です。

 あとで塾長さんのところにメールで資料送っておこう♪

2010年6月28日 (月)

排水口はこう洗え!

 昨日あたりは梅雨時特有のじめじめ陽気で、午後なって晴れたら暑さも加わって不快指数が急上昇でした。まあこれでも亜熱帯に比べれば湿度も低いのでしょうけど、ほとんどの日本人の体は温帯あたりに適合していますのでこんな程度が限度でしょうか。

 そんなモノで、温度湿度が高ければニオイも気になってまいります。検索でもエアコンやら排水のニオイに関するワードが増えてきています。

 ところで。

 台所や洗面台の排水を流す穴ですけど。『排水溝』じゃありません。

Haisuikou

 排水溝ってのはこんなモノのことを指します。これを臭わなくさせるには「どぶさらい」をするのがよろしい。

 底に土や砂が溜まって流れにくくなっても、水が腐って臭います。落ち葉なんかはこまめに取り除きましょう。

 変換順位で『溝』の用語が上に来ちゃうから誤変換するのだろうけど、それがあまりにも多すぎます。

Dscf0130

 一般家庭にある『排水口』はこれね。

 上の写真はウチの洗面台です。まあ普通程度、それほど汚れてもいなければ過剰にキレイ過ぎもしないってところでしょうか。でも掃除専門家のツッコミは無用に願います。

 この部分が汚れていたら臭うのは当然ですが。困って検索してくる人たちは「ちゃんと掃除しているのにどうしてもニオイが取れない」のでしょうね。

 10円玉やアルミホイルを入れたり、重曹とクエン酸を一緒に入れたり。麦茶やお茶っ葉のだしがらを入れるなんて、却って臭いそうな対策もネット上では紹介されています(tuitui)。この中で間違いなさそうなのは「三角コーナーと排水口ネットをひっくり返しておく」ってのだな。乾燥させてしまえばほぼ臭わない。

 たまに見ますけど「熱湯を流し込む」のはいけません。排水口の中には塩ビが使われていますので、熱で劣化を早めてしまう恐れがあります。

 他にも臭ってしまう原因はいろいろあるのですけど、見えない汚れが臭っている場合が多くあります。ではその『見えない汚れを発見する小ワザ』をお目にかけます。これは確か【カラダのキモチ】でやったな。

Dscf0126

 使うのはこれ。【酸素系漂白剤】です。

Dscf0127

 これを、ひとしきり掃除が終わった排水口に流してみる。穴の中に流し込むのではなく、周囲から垂らしこむのがいい。で、30秒ほど黙って見ている。

Dscf0129

 すると。ほら出たアワアワ。これが漂白成分の『過酸化水素』が隠れていた汚れに反応した状態。アワが出たところを小さいブラシでゴシゴシしましょう。終わったらしっかり水を流して過酸化水素を落とすこと。酸性なので残ってしまうと金属を痛める恐れがあります。

 酸素系漂白剤は塩素系と違ってイヤなにおいが残らないのが良いですね。

 それからもう一箇所。

Dscf0132

 洗面ボウルのオーバーフロー口。これは排水口のごみ受けの下あたりに繋がっています。この中に水垢や黒カビが発生していることがありまして、やっぱり臭います。

 洗顔のときに前かがみになると、この近くに顔がくるもので余計に気になる場合もあります。

 ここは『バスマジックリン』みたいなスプレー洗剤を使うのが楽。週に1回くらい洗剤をたっぷり吹き込んでしばらく待って、その後で水を流し込みましょう。ここでも熱湯はNGです! 洗面ボウルにヒビが入る恐れがありますよ。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 水まわりが快適な住まいをさがすならスーモへGO!

2010年6月15日 (火)

住宅の絶対領域

 昨日は某番組の収録で、とあるご家庭にお邪魔しておりました。

Dscf9940

 番組スタッフが持ってきたにおいセンサーも使って脱臭機能のある製品を実証してみたのですが、旧型の上にあまり状態も良くなかったのでかなり苦労しました。

 昨日はあいにくと湿度も高く、大人数のスタッフが詰めた家の中はあっという間にむしむしな最悪の状態に。

 何とか再現性のある状態に部屋をセットして1時間、「これは効果が出ていると見て良いな」と考えられるような数値の減少を確認できました。やれやれ。

 そろそろ、と言いますがすでにエアコンの出番が来ておりますが。この間乗った中央線の車内はひどいニオイでした。典型的なエアコンから出る湿った臭気で、かなり気持ち悪かった。

 家庭のエアコンでも「ネズミみたいな」とか「何かのオシ○コみたいな臭いが〜!」なんて悲鳴が書き込まれているのを良く目にします。某有名なマンション群でも、サービス系の廊下のエアコンが、「中に犬でも入っているのか?」くらいの勢いで臭っておりました。

 そんなニオイの原因はやはり菌類でして。エアコンの熱交換部品である細かいアルミの櫛型構造にくっついたホコリやいろいろな物を栄養源にして、細菌やらカビが繁殖しているわけです。

 『サイキンのオハナシ』で。今年使い始めのエアコンからどれだけ菌が吹きだしてくるか、培養して数えた結果が出ています。やはり使い続けると掃除をしても結構かな数の菌が残ってしまうようです。

 気になる方は、冷房を使わなくなったらすぐに市販のスプレーで良いので掃除をして、その後でアルコール系消毒剤スプレーをもう一度吹いた後で送風運転でしっかり乾燥。使い始めにもアルコール系スプレーを吹いた方が良さそうです。

 ついでに。

 『市販のアンチ製品だけで「茶色いアレ」をほぼ撃滅する方法』(2のまとめR

 ・バルサンは水を使うタイプは隅々に入って行く力が弱いから点火するタイプを使用。

 ・成虫を退治しても卵が残るので15日経ったら再度バルサる。

 ・コンバットは日本種には効果がないので『ゴキブリキャップ』がお薦め。

 だそうです。ただし書かれている内容を実際に全部やると、農薬の中で暮らすことになります。どちらの“安全”を取るかは個人で考えてください。

より以前の記事一覧

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック