住まいトラブル/災害

2011年1月13日 (木)

実験開始

Nuri

 何かやっております臭気判定士。DIYじゃありません。ポリエチレンの板に建築用接着剤を塗ってどうするのでしょうか?

Hiniate

 同量の2種の接着剤をそれぞれ塗りましたら、陽に当てます。塗りムラがありますが気にしちゃいけません。一部はアルミホイルで覆って紫外線にあたらないようにします。結果が出るのはたぶん一ヶ月後。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 日差したっぷりのマンションを探すならスーモへGO!

2010年11月25日 (木)

クロスファイア

 朝から都内某所で打ち合わせ。やっかいなクロスの臭気発生と考えられる案件の検証です。と言いましても、「何で新品のクロスが臭うようになるのか」その原因が判りません。

 『ニオイ調査』ってのは消去法で当たっていくものでして。現場でニオイが発生しそうな対象を全部拾い出して、一件ずつ「ニオイがあるかどうか」「ニオイが出た痕跡がないかどうか」「ニオイが発生する可能性がないかどうか」を調べていきます。いっこずつ白黒付けて、最後に残ったのが犯人である疑いが高い。

 今回の現場の場合。部屋の中にニオイがあって、排水関係の設備はなし。エアコンは天カセで循環のみ。室内に家具類はなし。空気の入り込む経路は全てシロ。

 となると。クロス表面のニオイは漂ってきたものが付着したのではなく、クロスの素材そのものが臭っていることになります。以上調査終了。

 とはならないんだな。

 何でニオイを発生させているのかが判らないとニオイ対策の方法が決められません。確かこの場合オゾンをかけても効きません。

 数年前に。

Dscf5567

 現場から石膏ボードごとクロスを切り取ってきて〜。

Dscf5576

 細切れにして〜。(凄いタイヘンだった、固くて……)

Dscf5579

 剥いで〜。削って〜。

Dscf5582

 それぞれのパーツを日干しにしてニオイを抜いてからパッキングする。すると素材に本当にニオイを抱いてるのがどれなのかが判ります。で、クロスか糊かどっちかしかないと……。

Dscf5699

 糊(デンプン系)に現場の土を入れたり汚れた手でこね回したりしてから恒温器に入れて真夏温度で一昼夜。腐ってニオイが出るかどうかなんて強引な実験もやってみたけど、糊もシロ。やっぱクロスしかない……。

 問題は、何で塩ビ素材が変なニオイを発生させるのか、生成過程がさっぱり判らないことなんだよな……。MSDS出たら、建築学会にでも訊いてみるしかないかな。迷惑されるだろうけど、東工大か千葉工大の先生に訊いてみようかな……。

2010年11月18日 (木)

無動力65分

Dscf2936

 ここ……。だったのかどうか、結局はっきりしませんでしたが。1時間ほどで電力供給再開しました。結構広範囲で停電していたようです。こーゆうのって、どこで調べたらいいんだろ?

 東京電力のホームページに『停電情報』って、今現在関東地区でどこがどれだけの規模で停電しているかを調べることができるシステムはあるが、今現在停電している家はこれ見られないわな……。

 さて、にゃぢさんを予防接種に連れていかないと……。

暖房器具が電気しかないと…

オール電化暖房だと…
停電時の暖房はこうなります。

ガス給湯機は点火しませんので注意です。

断線

断線
どうも道路工事の最中に地中ケーブルを切ったらしい。

東電と警察があちこち走り回っています。

大停電なう

武蔵境境南町一帯停電ちうです。何があった?

2010年9月11日 (土)

こちらは防災武蔵野です。ネコ警報は解除されました♪

 さっき防災武蔵野が何かアナウンスをしていたみたいなのですが、マンションの谷間にあるウチでは何を言っているのかほとんど聞き取れません。ちょっと不安がある。

 だからと言ってボリュームを上げたら、スピーカーがある公園なんかの近所が迷惑するだろうな。困ったことです。

 そう言えば、世田谷区に住んでいた時のこと。夕方5時だったと思うけど。児童に帰宅を促す『ね〜んね〜ん、ころり〜よ〜』のチャイムを防災世田谷が流していたのですが。これが冗談みたいな大音量で、マヂで寝ていた赤ん坊が起きて泣き出すと苦情が出ていたことがありましたが。その後改善されたのだろうか?

 あ、そうだ。

Dscf1215

 変な場所に逃げ込んで出てこなくなってしまったポンタにゃん(♀)。飼い主さんが1時間の説得を行って、無事回収できたそうです。よかったよかった。

2010年7月26日 (月)

菌菌に冷えてます

 ショクダイオオコンニャクの花は倒壊したらしいです。熱帯だったらあっと言うまにグズグズに腐って虫やら微生物やら菌の養分になるのでしょうけど、小石川植物園ではどうするのだろう? 堆肥化するのかな? どーでもいいことを気にしたりする。

 で、この季節。皆さんご承知の通り温度湿度でもって菌類大繁殖でございます。パンなんか3日でカビる。冷蔵庫に入れると味が落ちるから消費はカビとの競争になります。でもこれがスーパーで売ってるパンなんかだと比較的「かもされ」が遅い。

 まあパッケージに抗菌作用があったりとか、いろいろノウハウがあるのでしょうけど……。カビも生えないパンって何だ? 腐りもしないマーガリンを使っているとか……。

 で。『I Love×Love NY』の中村さんの実家の床下がかもされてしまったらしいのですが。携帯の写真なのでよく判りませんが、たぶん土の表面に見える白いモノのことを言っているんだろうな。

 調査でもって古いお家の床下に潜ることもありまして、たまにこんな状態の床下を見ることがあります。ただしこれはカビでない場合もありまして、土の成分から金属塩が出てきて結晶化している場合もある。

 床下が「じとっ」と湿っていればカビの可能性が高いですが、乾燥しているのに白いのが出ていたら塩である可能性が高い。何かにその白いモノを取って、オキシドール垂らせば識別できます。

 アワがシュワシュワ出たらカビで、ほとんど出なければ塩です。

 環境によっては、家の中にこんなモノも生えるそうです。怖すぎ。(ぶる速

 塩の場合は防ぎようがないし防ぐ意味もあまりありませんが、カビが生えたのなら換気が悪いってことになります。床下換気扇(吸出しタイプ)を設置するか、あまり湿気がひどくないのであれば炭や砂を敷く手もあります。

 古い建物の場合、現在の24時間換気式住宅と違って床下の空気が部屋に入ってくる現象はあまり起こりません。……リフォームして換気扇を増やしちゃった場合には話しは別ですが。

 昔ながらのトラブルには昔ながらのやりかた「新聞紙を敷く」方法で対処するのが良いのではないかと思います。ところで、中村さんの記事の写真、畳下板がありませんけど。外しているだけですよね、この状態にいきなり畳ってのは見た事がないけど。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 床下まで快適な家を探すならスーモへGO!

2010年7月10日 (土)

昭和臭、消すか残すか

 昨日伺った現場は渋谷から田園都市線の急行で約30分。駅前にでかいショッピングモールがあるところです。

Danchi

 ショッピングモールのすぐ裏手には、昭和40年代に日本中にボコボコできた、こんな見た目に懐かしい団地があります。現場はこの中にある1棟の1階。

 上のお宅で洗濯機排水が漏れていることに気がつかず、どうやら数回分の洗濯機排水が全部下に流れ落ちた事故だそうです。不動産屋が見に行ったところ、玄関ドアを開けたら室内は洪水状態だったと言うから半端じゃない。

 1階住人がしばらく留守にしていたために、気付くのが遅れて大惨事になってしまったらしいです。家財道具ほぼ全滅したらしい。

 まあ私が出るに至ったややこしい経緯は抜きにして、ここで何とリフォームの相談をされてしまいました。「臭気判定士にリフォームのこと聞くなよ」と思いますが。「ドア枠の低さが懐かしいですね〜」とか「ここの柱まだ使えますよ」とか「どうせならこっちの壁を全部取っ払って…」とか余計なことを喋った私が悪い。

 間取りは、ちょっと変形の3LDK。

  3ldk

 だいたいこんな↑感じで、右側が北になります。LDKから上の部分が実物でが左右反転の状態で、キッチンユニット下にある「洋室(2)」が元は和室。現在はフローリングで砂壁の上にクロスを貼っています。

 畳の下は板が並べてあって、板を外すと1メートル以上の空間があって下は土という豪快な作り。まあその方がヘタにスラブ作るより床下結露が少なそうです。

 これが上階の漏水でもって畳全滅、各部屋の押入れのべニヤもほとんどやられてしまい、交換が必要です。 やっかいなことにキッチンユニットと上の部屋(現場ではトイレと洗濯機置き場の壁の中に水が流れたようで、その付近が非常に臭います。ここも全撤去するはめに。

 さてここでスマッチャーの皆さん方に相談。

 この部屋は

「�@元の通りに昭和臭を感じられる部屋にリフォームする」

「�A仕切りをできるだけなくし、昭和臭は消えても自由度の高い部屋にする」

「�B撤去できる壁は全て撤去し、スケルトンに近い状態で売り出す」

 どれがベターな方法でしょうか?

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) レトロモダンなマンションをお探しならスーモへGO!

2010年7月 6日 (火)

星のカービィ

Prehab

 工事作業員用の控え室設営が始まりました。このために駐車場から車3台が一時外部に移動です。奥のさしかけ部には残土置き場が作られています。駐車場の風通しが悪くなりるだろうな。熱や湿気が溜まらないといいのですが。

 湿気が溜まると言えば。

 『鎌倉に家を建てる』の塾長さんが扱う古民家物件で、畳のカビ発生が頻発しているそうです

 週の半分ほどしか部屋を使用せず、なおかつ締め切りっぱなしなので湿気が溜まってカビの発生に至ったようです。

 その昔の、ノラ猫が棲みついたり忍者が忍び込んだりするようなスカスカな床下であれば風も抜けて湿気もそれほど溜まることはないのでしょうが、コンクリートの閉鎖型土台ですと空気の抜けも悪く、また古い物は土が露出しているため床に湿気が伝わってしまいます。

 何せ昔の畳下は、一センチほどの板を並べただけで、その隙間から空気が抜けるような構造ですから。湿気よけに新聞紙を敷き詰めるなんての生活の知恵も、そんな構造だと生きてきます。

 

 それで、塾長さんの記事の中に「新しい畳の方がカビが発生する」との記載がありました。ちょっと考えると、「使いこまれていろいろな汚れが付着した古い畳の方がカビやすいのでは?」と思ったりもしますが、実はホントに新しい方がカビやすい。

 その原因ってのが。

�@新しい「い草」は乾燥している上に、踏まれていない分繊維が詰っていないために湿気をもの凄く吸収する。

�A新しい「い草」はまだ内部に植物由来の油分などを残しており、カビの栄養源になりやすい。

 こんなところが挙げられます。その証拠に枯れ切った藁を使った内部の『床』はあんまりカビない。空気にも接触しないからだな。

 『たからの庭』の和室では、メタノールで拭いたところ問題なくカビを退治できたそうです。本当に畳表の「い草」の表面にカビが繁殖しただけだったようです。これが、気付くのが遅れてい草そのものが変色するほどカビると、深刻です。「い草」が分解されて表面が荒れて痛みやすくなりますし、カビ臭も取れない。

 そんな状態になったらアルコールより『オキシドール』で拭くのが効果的です。殺菌漂白効果がありますので、変色した部分の色が戻ります。でも青畳に戻るわけではありませんから注意(※必ず一部でテストして脱色具合を確かめてください)。それから、手荒れしますから必ずゴム手袋をしてください。

 カビってのはほとんど不死身ですし、空気中にいくらでも胞子が漂っていて次々と援軍がやってきますので、一度やっつけたからと言って油断しているとまた発生します。除湿換気ができれば報復を恐れる事もありませんが、それほど頻繁に換気を行なうことがムリでしたらひとつ方法があります。

Virus033_2  ←コレです。

 新型インフル予防でおなじみのクレベリンです。クレベリンの主成分である「二酸化塩素」は強力な殺菌剤ですので、空気中に漂っているカビ胞子の活動を抑える効果が期待できます。「特にカビが発生しているわけではないけど、何かカビくさい」って時の脱臭にも効果があるでしょう。

 ただし強力なクスリですから、部屋の使用前には換気をお忘れなく。

 で、最初からカビを寄せ付けない方法もありまして。それにはドラッグストアなんかでは売っていない業務用のクスリを使う必要があります。

Fl50_2

 はい出ました秘密兵器。『ラングパルFL』と言います。これを畳の表面に霧吹きでかけてから風をあてて乾燥だせますと、防カビコートになります。コンクリートや水を吸い込む素材も防カビできます。

 ただし見てのとおり白濁した液ですから、黒っぽい表面にたっぷり吹いてしまうとしみになる恐れがあります。そんな時にはきれいな雑巾にしみこませて拭きます。

 ただし安全性重視の製品ですから、一度吹いたら未来永劫カビとサヨナラってほどには強力じゃありません。毎年梅雨前にこれを吹き付けておけば、そう簡単にカビは発生しないってところでしょうか。クレベリンを併用すればさらに安心です。

 あとで塾長さんのところにメールで資料送っておこう♪

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック