街情報

2011年7月 7日 (木)

江戸の都は運河の街

 都内をワタワタ飛び回っております臭気判定士。

Dscf9914 こちら浜離宮でございます。一度水上バス“ヒミコ”に乗って来てみたいと思っておりますが、仕事なので炎暑の中歩いてきました。

Dscf9917  え~と……。あんまキレイじゃありませんが、思ったほど汚くもない。

Dscf9912  何で水上バスがたくさん溜まっているんでしょうかね? ボートクラブだから?

Dscf9911  え~と。どうしてこうなった。FRPを腐食させるような恐ろしい何かがあるのか?

Dscf9915  引き潮だとこっち方面から水が流れてくる。あそこにゴミ止めネットがあるってことは、暗渠からの流水が結構汚いってことじゃないかと……。

 う~む。ヘタすると非常にスケールのでかいことになりそうな悪寒がするぞ……。

2011年1月16日 (日)

市電界の鷹

1

 今回もサクッと……、でなくさんざん苦労して仕事を終えた臭気判定士。市電に乗ってネタ拾いに向かいます。函館市電、いろんな車体が走っています。富山ライトレールみたいなのもいたな。

2

 これは懐かしい昭和の車体。

3

 床は木です。冬の間はずっとこんなで濡れっぱなしです。張替えなんてやるのかな?

4

 ……何か車内がデコってますけど。まだクリスマス仕様ですか?

5

 この、ガラスに彫られた『自動扉』の字が泣かせます。

6

 カッティングシートとか印刷じゃなくてサンドブラストの深彫です。

7

 また大時代的な規程書きが……。深いぞ。

8

 電停から徒歩10分、五稜郭タワーが見えて来ました。

9

 予報では曇り時々雪でしたが、日頃の行いが良いのかキレイに晴れました。見事な景色です。

Dscf8283_2

 ちゃむりなしバージョンも貼っておきます。

10

 下では五島軒のカレー試食が。良いニオイです。

11

 蘆火野カレーです。懐かしウマー、買って帰ろ。

12

 さて。雪中行軍して五稜郭に突入するぞ。

2011年1月15日 (土)

凍ったら春まで溶けません

H1

 モノレールの窓から日の出です。

H2

 今回もちゃむりが同行します。

H3

 函館空港に到着。外気温は氷点下9℃だそうです。

H4

 現場近く。いかにもな風景です。

H5

 車の窓も凍っています。でも結構平気。やはり私は局地仕様の体らしい。

H6

 函館駅で。何だこりゃ?

H7

 函館と言えば市電の街。これに乗って五稜郭に行かねば。

H8

 やっと晩飯〜。人気の回転寿司らしいです。

H9

 北寄貝。今日はお特な3カン盛り〜♪

H10

 食っている間に雪が降ったらしい。

2011年1月10日 (月)

塹壕伝って…

1

 ホコ天の銀座に来ております。現在位置はほとんど新橋ですけど。

2

 人もまばらな裏道に入って行きます。何でしょうかこれわ?『空飛ぶ化学者と世界一のシェフパティシエの 地球のお菓子屋さん』だそうですが、化学的なケーキを作ると言うことでしょうか?

 イラストは化学者が試験管にまたがって、バウムクーヘンから飛び出してきているように見えますが。ぐぐっても何もわかりません。

3

 私の用事はそこの並び。

4

 この「入って大丈夫なの?」って感じの場所にあります。

5

 狛狐様が見えてきました。有名な銀座の路地裏稲荷「豐岩稲荷神社」です。江戸の始めには既にここにいらしたらしい。手水鉢は形だけですな。

6

 普段はこんな状態ですが、開ける時あるのか? 初午祭の時くらいは開けるはずだよな……。

7

 ビルの建て直しが行なわれていて、遠い方の路地は現在通れません。ビル中からの道は通れます。

8

 こんな状態。ビルに飲み込まれてもお稲荷さんは残ります。お還りいただくのも動かすのも大変ですから。

10

 日が落ち始めた頃に、日比谷の東京宝塚劇場で女房と合流。

9

 宙組の『誰がために鐘は鳴る』を鑑賞。こーゆう地味〜なお話をミュージカル化するのは大変な苦労でしょう。演出家の人。

 導火線がなくなって、起爆に手榴弾を使う時に出てきたのが米軍のマーク�U破片手榴弾だったのだけど。映画じゃM24だったような気がするなーとか、オペラグラスじゃなくて双眼鏡ですからそんな細かいのが良く見えたり。

 ラストで大空祐飛さんが使うステージガンが、ちゃんとルイス機関銃を再現していたのが嬉しかったり。知らない人が見るとあれはバズーカ砲だと思ってしまいますが、あれは第一次大戦時代の機関銃です。

 『誰がために鐘は鳴る』は、ルイス機関銃が活躍する数少ない作品です。そう言えばあれはザク・マシンガンのモデルだったり……。

2011年1月 5日 (水)

今年も時間差

 昨日が仕事始めとか、せわしない方もいらっしゃったのではないかと。私もぼちぼち仕事再開です。と言っても正月気分なんてどこにもありませんでしたが。

 暮れの現場の報告書と、秋口からずっと引きずっている案件と。函館の現場は確定しちゃったから、防寒靴買わないといけないな……。

 で、今年も4日の谷保天満宮詣でです。

Dscf5721

 あら? 参道から車が出て来ていますが、どうしたんでしょ?

Dscf5722

 あらららら。参道が駐車場になっちゃってる。甲州街道に駐車場待ちの渋滞ができるから、警察から「一台でも多く入れろ!」って指導が来たんだろうな。しかし何とも風情がなくなって、その上危ないです。

Dscf5724

 今年も4日になっても混み合っております。やはり制服着た女の子がちらほらいます。でも皆さん、水が冷たいからってお手水を省略してはいけません。

 参拝を『神様面接』ってことにして、「鳥居を潜るときからマナー厳守でないと御利益頂けません」ってことにしたらパニックだな。賽銭箱の前まで来てから「どうするんだっけ?」とか言っている人も珍しくありませんから。

Dscf5730

 ご祈祷の後には御神酒を頂けるのですが、何故かスルーしてしまう人多し。車で来ているからか? 巫女さんはモロに助勤ですな。でも急に髪が伸びないのは仕方ないけど、ピンクのカラーゴムはやめろ。

 そう言えば『巫女 アルバイト 助勤』の検索ワードでここにひっかかった人多し。

Dscf5732

 御杯も梅花の形なのね。

Dscf5739_2

 梅園はぼちぼち香ってきました。しかしここでも摂社と末社を拝んでいく人はほとんどいません。ここの厳島神社は湧水パワーで結構凄いんだぞ。

Dscf5746

 白梅もぽつぽつ咲き始めました。

Dscf5741

 名物壺焼き芋も人気が出ているようで、だんだん壺が増えています。

Dscf5742

 これも恒例、甘酒と焼き芋ホクホク。く……、口の中の水分が……。

2011年1月 4日 (火)

景気回復願うなら…

 この極寒の時期に函館に呼ばれてしまいました……。航空券予約しないと。調査費ネゴられちゃったから、帰りは青函トンネル通って陸路6時間だな……。

1

 で、新春吉祥寺の続きです。サンロード内の月窓禅寺、山門が開いているのって初めて見たような気がするぞ。

2

 中はこうなっていたのね。羽子板ついている人がいます。ここは見るだけ。

3

 サンロード抜けて武蔵野八幡宮。凄い初詣客です。参道が埋まって五日市街道にまで並んでいます。

4

 どれくらい並んでいらっしゃるのか。拝殿が遠いです。ここも見ただけ。

5

 吉祥寺にはお稲荷さんが少なくて。西荻窪との間、吉祥女子の近くに埼玉稲荷って小っちゃな神社があるくらいです。もういっこは井の頭公園の中。

6

 ここはご存知弁天様。やっぱり並んでます。弁天様とお稲荷さんは習合しているそうですが、あのこじつけはさっぱり理解できません。

7

 弁天様の対岸にある親之井稲荷。誰もいません。回りで池の写真を撮っている人は多いのですが……。

8

 景気回復とか願うのなら、お稲荷さんの方が良いと思うのだけどなぁ。

9

 地元の杵築神社も大変です。前の道路に歩道がないものだから正面は塞いで裏参道から入らなくちゃならない状態。

 でも、ここも摂社のお稲荷さんに詣でる人はいません。本殿を拝んだら皆さっさと帰っちゃう。おまけに誰もお手水使わないし、それじゃダメじゃん。

 仕方ないので私は列の横を通って、ちゃんとお手水使ってからお稲荷さんだけ拝んでいく。

10

 帰ってきたらエントランス前に何か出ている。お孫さんに新しいの買ってあげたから、古いのは処分しちゃうのかな? コマツのホイルローダーいいな。壊れてるけど。

2011年1月 3日 (月)

武蔵野新春袋合戦

 毎年東急吉祥寺店の『初売り』には8時頃から並んでロクシタンの奪取合戦に参加していたのですが。ウチの在庫が過剰になってしまったので、今年は参戦を見送りました。そうすると早朝から並んでまで買うようなものがない。

1

 従って殺気立った人たちがはけた11時頃にゆっくり出て行って見る。女房の実家にもって行く『ぬれ甘納豆』と、東急の袋は『十勝おはぎ』の福袋。

2

 ちゃむりの着ぐるみみたいなモノは、『ペットパラダイス』の小型犬用です。

3

 ペットパラダイスの斜向かいには、今年も例によってとんでもない福袋が並んでいます。

4

 年々雑になって行くように見えるのは気のせいか? そのうちビニール袋に詰められたりして……。

5

 福袋と言えば、いろいろな意味で最強なロヂャースですが、今年の中身はどんなだったのでしょうか? はずれを引いてしまうと、とんでもないそうです。

6

 福袋合戦も終わったのに東急に大行列ができていると思ったら、記念の小どら焼きプレゼントだったんだな。

7

 あちこちで樽酒は振舞われています。でも昼間に飲みたくないので貰わない。シラフでこんなことをやっているのに意味があります。

8

 『レモン&フロマージュ』って。まるでケーキ屋みたいですが、ラーメン屋です。

9

 レモンチーズらぁ麺って、味の想像ができん……。食って見るいがいにどうしょうもないが、850円も出してキワ物だったらダメージでかいな……。

 とりあえず今回はパスして、吉祥寺の初詣模様を見に行ってみましょう。

2010年12月16日 (木)

元麻布、上って下ってまた上る

 ぼちぼち来年の花粉シーズンのために、甜茶などの準備を考えなくてはならない時期になてtきました。また花粉の量は増えるとかききましたが、こんな状態いつまで続くのやら。

 そう言えば『バナナを3〜4本食べれば花粉症の症状が軽くなるyahoo!ニュース)』そうですが、予防ではないのでしょうか? 毎日3〜4本か……、食えなくはないな。ダイエットにもなるらしいし……。

Dscf4421

 これも来年の話で、六本木にある某テレビ局に打ち合わせに行く。ヒルズのガーデン、これはクリスマス用か?

Dscf4479

 『テレ朝ショップ』のグッズがあまりにも数が減っていて、淋しくなってしまいました。このまま帰るのも何だから、十番稲荷のカエル様にお参りしていく。

Dscf4483

 ついでだから名物紀文堂の『わっふる』を買って帰る。人形焼屋のワッフルです。

Dscf4484

 季節限定『和栗あん』170円なり。人形焼き職人が作っただけあって、ただ柔らかいだけの皮じゃありません。

Dscf4492

 ここまで来てしまったら、ヲタとしては『旧聖地』に詣出ないわけには行きません。元麻布旧郷社氷川神社。

Dscf4489

 原作アニメが終わってもう何年経ったことか。しかしいまだにファンは参拝を続けているようです。

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 聖地を見下ろすタワーマンションを探すならスーモへGO!

2010年12月10日 (金)

宮益坂から道玄坂へ

 あれこれ問い合わせとか打ち合わせは多いのですが、なかなか仕事にならない。

Ci1

 出かけたら運動不足解消のためにひたすら歩きます。地下鉄の1区間ぐらいは歩くつもりでおります。交通費浮くしね。

 渋谷道玄坂のこの古店舗、まだ残っています。ちゃんと保存されるのかな? この辺の再開発は一段落しているから、買い手が付かなくて放置って状態じゃなさそう。不思議なことに落書きもない。

Ci2

 百軒店から入って妖しげな路地を通り、ホテル街の中に何かが見えます。またお稲荷さん探してるよ。

Ci3

 え〜。ホテルの看板が目だってしまいますが、“千代田稲荷神社”です。

Ci4

 こぢんまりしていますが、なかなか趣があります。境内は狭いのですが、不思議なことに狭いと感じないぞ。ビルの谷間にある神社なんか、お参りしていて息苦しいこともあるのですが、何でだ? ご神威か? だったら何となくわかるぞ。

Ci5

 ちゃんとお猫様も付いていらっしゃいます。よく手入れされていますが、地元の人かマニアでない限りそれほど知られていません。しかしこの神社の由来がちょっと興味深い。

Ci6

 御由緒によりますと、太田道灌が江戸城を築城した折りに工事の安全を祈願して伏見稲荷から勧請したのが始まりで。最初のご鎮座が場内のどこだったのかはっきりしませんが、家康公が入城した際に紅葉山に遷座させられたんだな。千代田稲荷と名が付く神社は他に3箇所あるそうですがワインと模型と神社の徒然)、こちらが由来がはっきりしていて一番流行っているらしい。

 その後お城の拡張工事で宮益坂のどっかに移って、最終的に道玄坂の現在地に遷座しました。……何かどんどん追いやられて来た雰囲気も漂いますが。

 江戸城紅葉山には『紅葉山東照宮』と徳川家二代〜六代までの霊廟があったそうですが、明治に新政府が全部ぶっ壊しました。残っていたら稲荷様もあおりを喰らって壊されたかも。現在は宮内庁紅葉山養蚕所がありますが、詳しい場所がわからない。と言ってわざわざ現地に……。行ってみるか。入れる範囲なのかな?

Ci7

 こちらは摂社の“中川稲荷”。この辺一帯は昔『中川伯爵邸』だったそうで、きっとその屋敷稲荷だったと思われます。

 で、江戸城を出されてから転々とした経緯以外にもっと面白いことがありまして。『千代田のお城からやってきた白狐』の神社に、つい先日お参りしているんだな。文京区小石川の“澤蔵司稲荷”さんです。

 江戸城築城工事で太田道灌が掘り起こした十一面観音像を拝んだために霊力を得て、伝通院で浄土宗の勉強をした白狐さん。奥義を学んだ後は、暁の雲に消えていったとも、近所の椋の木に宿ったとも、その後一年ほど近所の森で夜ごと仏法を論じていたとも言われておりますが、目的を果たしたのだからこっちに戻ってきてるんじゃないのか?

 それともレベルアップして天界に昇ったか。忙しい眷属だったようですが、だから神社も落ち着かなかったのかな?

 今度天ぷら蕎麦をお供えしに来るか。しかし最近神社参りの記事ばっかだな『稲荷の事件簿』ってタイトル変えるか……。

2010年11月 2日 (火)

三大ダブルノミネート

 先日、仕事で松戸まで行きまして。ついでだからそのままだらだら常磐線に乗り続けてこんな場所まで来てみました。

1

 茨城県は笠間です。駅の裏は爽快なまでに何もありません。思いつきで来てはみたけど、遠かった……。

2

 で、当然のことにこれが気になるんだな。ここのホームでは何の競技が行なわれるんだ?しかもこの「2等賞」のところ、だれがどう見ても「5」を逆さまにしているのだが。要らぬ親切で直しておいてやろうか。

3

 しかしこう云ったモノには何か深い謂れが存在するに違いなく、ヘタに触ると祟りを受けたりしますので、放置するに限ります。

 で、笠間と言ったら……、「龍馬伝」なんですか? あ、菊人形展の企画ね。

4

 笠間と言えば『笠間稲荷神社』です。駅前にもでかい案内看板が。「いしかわ動物病院」ってのも名物らしいです。きっと猫専門に違いありません。

5

 活気あふれる駅前通りを神社に向かいます。……どこへ行ってもこんな状態だな。

6_2

 背負いカゴや鎌と一緒にFRP製の祠が売られているあたりが、ここらの特色と言えるでしょうか。これどうやって地面に固定するんだろ?

7_2

 笠間稲荷神社に近づいて、よーやっと人の姿が見えるようになりました。ここは稲荷寿司が名物らしいです。

8

 参道の仲見世では立派な銅葺きの祠がお値打ち価格で販売中。

9

 うっかり祠を買わされないように足早に仲見世を通り抜けて、拝殿を目指します。おお、立派な拝殿です。さすがは日本三大稲荷(四社数えられているが)。関東三大稲荷の中では一番規模が大きいな。

10

 本殿がある敷地の後ろに美術館、さらにその裏が噂の菊人形展です。でもこれを見に来た訳ではない。有料だし。

11

 巫女さん♪ 撮影料として、お賽銭と別に御造営奉賛させていただきました。

12

 帰りは別の道を通ってみたのだが、これが見事に何もない。う〜む、話しに結びつくモノが何もないぞ。おかげで稲荷寿司を食べ損なったし。

 ちなみに笠間の土地は安いです。

より以前の記事一覧

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック