インテリア

2010年6月27日 (日)

港北にも行けや

Dscf0113

 東急東横線田園調布駅に来ております。

 以前にここで住宅の調査を行なったのですが。それがどうやら某酒造メーカーの会長さんのお宅だったらしく、お礼に良いワインをいただいたことがあります。

Dscf0112

 『イケア港北』には、新横浜と田園調布から無料送迎バスが出ておりますが、田園調布は平日は1時間に1本、土日が2〜3本です。

 余計なことですが、向かいの酒屋建物と看板のバランス悪過ぎます。

Dscf0114

 車両はまんま東急の路線バスでして、このパッケージ車両は料金箱も付いていません。帰りに乗ったのはパッケージじゃない路線バス貸切でした。ってことは路線に1台ずつしかないんだな。

Dscf0116

 田園調布駅からのバスは、第三京浜を走って行きます。モロの市内循環バスが高速を走っていると、何か得体の知れない不安に襲われます。もちろんシートベルトは必須。

 このため田園調布からのバスは「立ち乗り禁止」で、座席が埋まると定時前でも出発してしまうので注意。

Dscf0121

 混み始める前に名物100円ホットドッグを食べておく。……しまった。朝もソーセージだったな。ここのディスペンサーに入っているペプシNEXはちょっと濃いような気がします。

 そうそう。武蔵境からですと、田園調布からのバスに乗った方が新横浜より200円ほど安く上がります。往復400円も浮いたのならレストランでミートボール食べれば良かった。

Dscf0122

 家具が目的ではないので、店内は眺める程度でスルーです。『太陽光発電デスクライト』に非常に惹かれましたが、考えて見ると「どーゆう使いかたをするんだ?」って謎に気がついてしまった。使わないときは日光に晒しておかないとダメなんだろうな。

 この港北店は新しいためか、船橋より『家具臭』がきついようです。店内に入った瞬間「うわ…」とたじろいでしまった。

Dscf0123

 買いに来たのはこれ『薄掛布団暖レベル1』。ウチでは『梱包材』と呼ばれておりますが、軽くて通気が良くて、非常に具合が良いものです。シングルサイズで699円という安さなので、痛んできたら気軽に新しいものに替えられるのも良い。

 ……買いに来るのにちょっと時間食うのが難ですが。

 『梱包材』の下に見えるぐねぐねしたモノは、パンツが5本掛けられるハンガー。最近人気の商品だと女房が言っておりました。

Dscf0124

 フードマーケットでは第二目的の『シンブレッド』(薄っぺらいクレープみたいな未発酵パン)が品切れでした。残念。

 これはホースラディッシュのソース。キューピーの『サンドイッチスプレット』みたいに何にでも塗って食べられます。

2009年9月 6日 (日)

『壁に付けられる家具』を買ってみた

 今日からおよそ一年の間、USBメモリーを挿す時には「ジョぉ〜カァ〜!」と叫ばなくてはいけなくなってしまったようです。会社でやったら顰蹙買いそうです。

 ハードボイルド探偵(どこが…)と、何だかわからない脳がコンピューター人間と思ったら。片方は『安楽椅子探偵』だったのね、なるほど。

 最近探偵つーとスペンサーしか読んでないから、頭脳探偵のことをすっかり忘れていた。小説的ハードボイルドだと『男の矜持・やせ我慢』的なエピソードがあるものだけど、そーゆーのもやってくれたら嬉しいところ。とりあえず、今回も「はずれ」じゃないようです。

で。

1

無印良品の『壁に付けられる家具』を買ってみました。ニュースで見て、何か面白そうだったので。これは『棚タイプ44cm』

2

裏はこうなっています。金具のところに引っ掛けるしかけ。

3

 金具が付いていないへこみには、この壁取り付けキットが収まっていました。たったこれだけ。

4

 では実際に取り付けてみましょう。

5

 一番最初に「説明書」を壁に貼ります。これで金具を付ける位置の見当を検討します。「水平に固定してください」と書いてありますが、どーやって水平を出すのかまで書いていません。無印良品で水平ゲージって売ってるのか?

6

 説明書の指示通りに支持金具を打ち込みます。ちょっと固いから付属のツールを使いましょう。しかしこのピンがちょっとクセ者です。

7

 この△マークをきっちり上に向けて差し込まないと、勝手に「ぐりん」と回転してしまいます。

 そーするとこのよーに金具がナナメって、非常に気分が悪い。

Dscf9215

 何でこうなるかって言うと、この石膏ボードピンは斜めの針二本でボードに食い込む仕掛けになっていまして。

Dscf9216

 ピンを押し込むに従って、二本の針はボードの中でこのように大開脚状態になってがっちり食い込むんだな。その「大開脚作動中」にピンの位置が微妙にずれる。

8_2

 そうするとこうなって、非常に落ち着かない気分になります。仕方ないから打ちなおし。でもあまり盛大にひん曲がらない限り問題はないようです。

9

 これで取り付け完了。

 言い忘れていましたが、説明書の下の方までセロテープ留めしてしまうと、この状態で紙を外せなくなります。あーもう!

10

 携帯とか定期とか、出かけるときに手に取るものを置くには便利かも知れません。もちろんちゃむりが乗っても大丈夫。

11

 外すときはツールの端でもってちょっと持ち上げてから抜くと楽です。

12

 ピンの跡はこんな感じで残ります。気になるなら木工用ボンドで埋めるか、確か専用の補修剤もあったような気がします。

 ところで。一番大事なことがありまして。

 このピンが刺さらないボードには当然取り付けられません。構造ボードは貫通不可能です。このピンだけ買っておいて、付けたいと思った壁に取り付け可能かどうかチェックをしておくのが無難。

 叩いてちょっと高い音がするのが固い構造ボードです。ちなみにウチはここしかつけられる場所が空いていませんでした。そして、ここにつけたら本棚の扉が開けられなかったんだな。あーもう!

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック